キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

Bizmates(ビズメイツ)の効果はホンモノだった!僕が1ヶ月で飛躍的に英語が話せるようになった理由とは

f:id:herpes_carrier:20171015195208j:image

オンライン英会話ってたくさんあるけど、「ビズメイツ」の他社と比べたメリットって何なんだろう?

ビズメイツってCMやってるけど、本当に効果があるのかな?

この記事では、実際にビズメイツを利用した僕が、そんな人たちのギモンにお答えします。

 

こんにちは。

ヘルペスもち@国際経理の中の人です。 僕は30代で英語の業務未経験からグローバル企業に転職しました。

この記事では僕がベルリッツとBizmates(ビズメイツ)、通学型とオンラインの英会話の代表格を両方利用してみて、「オンライン英会話のほうが圧倒的に優れている」と思った理由を紹介します。

「オンライン英会話も通学型スクールも、種類が多くてどれにすればいいかわからない!」

そう思いませんか?

僕は実際の経験から、圧倒的にオンライン英会話のビズメイツをオススメします。

ビズメイツは、「フィリピン講師による格安のオンライン英会話」というサービスモデルを、2012年からいち早く売り出している、オンライン英会話の代表格です。

 

僕がなぜ、ビズメイツをオススメするのか。その理由を一つずつ紹介していきたいと思います。

ポイントは

  • 講師はビジネス経験者のみ
  • 圧倒的コスパの良さ
  • 効果が出る仕組みがある

という点ですね。

 

ビズメイツの効果の理由は「ビジネス経験豊富な講師陣」

ビズメイツの特徴ははいろいろあるのですが、まず講師がビジネス経験者で、その専門分野から講師を選べるという点があります。
ビズメイツの講師はフィリピン人で(当たり前ですが皆さん英語は上手です!)、毎日複数いる講師の中から、授業のスケジュールが合う人を指名する事ができます。

その際、講師のプロフィールを参照出来るのですが、そこに「ビジネス経験」と「大学専攻科目」が明記されています。

ビズメイツ講師

 

このため、自分が携わる分野に特化した知識をもつ講師を選んで受講する事ができます。

これは大きいですよ。
例えば自分の場合、仕事は会計ですから、仕事で使える英会話を身につけるには当然その分野に特化した話ができる必要があります。
それなのに、英語はネイティブだけど会計はチンプンカンプンという人とダラダラ当たり障りの無い世間話をしてても効果は薄いわけです。

 

その点、ビズメイツでは専攻科目に「Accounting」とある講師だけを選んで、それまで英文会計検定「BATIC」で学んだ英文会計の語彙を使った実践的な英会話トレーニングをする事ができました。

ちなみに気に入った講師がいたら、時間さえ合えば毎日指名可能です。

いっぽう、自分が受けたベルリッツのグループレッスンでは、講師が指名できず毎回ランダムだったのもイマイチでしたねぇ…。

 

「毎日25分」という効果的な時間配分

だいたい一般的な英会話スクールのコースだと「週1回90分を半年」とかだと思いますが、90分ってやってみると結構長いんですよね。

仕事後に90分喋り通すって結構疲れますよ。日本語でも疲れます。
グループレッスンとかだと他の人も喋るので実際にはそんなに喋る時間は無いのですが、それでも何が起こるかというと集中力が切れるんですよね。いやホントに。

 

だいたい90分の後半はもう疲れてきて聞き役になりがちだったり、受け答えも単語だけとか短くなりがちです。
要するに頭を使わなくなるんですよね。

つまり授業の後半になるにつれ参加してる意味が薄れていくのです。

しかも次の授業料は1週間後。

その日、何か反省点があっても1週間後にはすっかりリセットされています。
これを半年くらい継続するわけですから、終わりの方ではもうすっかり「ダラダラ参加するだけ」というスタイルが定着しがちです。

これでは高い授業料払ってる意味が無いと思いませんか?

 

その点ビズメイツの25分というのは絶妙です。
25分なら集中力は切れることはありません。
講師からの質問に対して頭フル回転させて答えることができます。

ビズメイツではこのように25分が、最初の挨拶から最後のフィードバックまで、論理的に配分され構成されています。

ビズメイツ時間25分間

 

 

25分間の授業の効果が最大になるように考えられているわけです。

実際、僕の講師の方は終始考えながら話している様子、こちらをリードしようとしている様子が感じられ、適当にダラダラ喋って制限時間がくる、みたいなことは一度もありませんでした。

 

目一杯集中して頭フル回転で英語を喋ってると当然25分はアッという間です。

でもすぐ次の日にも授業がありますから、その日の反省点や改善点を、記憶が新鮮なうちにまたすぐ翌日の授業で試すことが出来きます。
ここが僕が考える「毎日授業がある」という点の最大のメリットです。

このように毎日25分の授業を繰り返すことで、自分の中でPDCAサイクルを回し、短期間で飛躍的に会話力を向上させることが出来るのです。

実際、僕は転職するまで英語を使っての業務は未経験でしたが、ビズメイツで短期集中トレーニングしていたおかげで転職後の業務でもなんとか苦労せずについて行くことが出来ました。

 

オンラインなら時間の融通がきくから効果が出る

この「毎日短時間を短期集中で」というのは、場所と時間を選ばないオンライン英会話ならではのスタイルです。

オンライン英会話なので当たり前ですが、通わなくていいんですよ。

仕事しながら毎日通うってなかなか難しいですからね。仕事後に通勤経路から外れて学校に行くのって想像以上にストレスなんですよね…。

その点ビズメイツはスカイプさえインストールされていればスマホ、タブレットでも受講可能ですのでカフェや、極端な話、移動中の車のの中でも受講可能です!

テキストも紙ではなく、サイトからダウンロードできます。


自分は早朝の時間帯、家族が起きる前に自宅で受講していました。

ビズメイツではレッスンは朝の5時~夜1時(25時)まで行っています。

しかも、予約は授業5分前、キャンセルは30分前まで可能(!)です。

ビズメイツ利用可能時間

 

 

朝の5時から夜1時って、ちょっとすごいですよね笑。

これはインターネットを使って授業をする、オンライン英会話ならではのメリットです。

朝の5時に、5分前に予約するなんて、実際の講師と対面する通学型の英会話では絶対に不可能です。

先ほども書きましたが、仕事が終わってから英会話の授業を受けるのってものすごく疲れるんですよ。

だから僕は早朝に受講していました。

頭も冴えていて、授業の効果も最大限に高められます。

 

何と言ってもコスパ最強:ビズメイツの料金はベルリッツの9分の1!

そしてビズメイツと通学型英会話スクールの一番の違いは何と言ってもその値段、コストパフォーマンスです。

ビズメイツ料金プラン

 

このようにビズメイツの料金プランは

  • 毎日25分コース 月額12,000円
  • 毎日50分コース 月額18,000円

の2つだけです。
なんとも潔いですね。

 

ちなみにベルリッツの料金プランだとマンツーマンレッスンが1レッスン(40分)あたり6,000円〜ですから、1時間あたり9,000円からという計算になりますね。

ベルリッツ料金プラン 

料金 | ベルリッツ

 

これに対しビズメイツの1日25分を30日間受講したら12.5時間になりますから、12,000円を割ると1時間あたり960円。安い!

ってかベルリッツ高っ!と感じてしまいます。

この値段の差は凄いですね。約9分の1ですからね。

じゃあ通学型のベルリッツがオンラインのビズメイツの9倍効果があるかと言ったら、全然そうは思えなかったですね…。

 

ちなみに僕はビズメイツの毎日25分コースを1ヶ月間受講していました。

ちょうど未経験からグローバル職に転職する直前の時期で、とにかくビジネス英会話の練習がしたいと思っていたので、「毎日」という点に惹かれて受講しました。

実際やってみてわかったのですが、この「毎日25分」というのが絶妙な時間配分だというのは先ほども書いた通りです。

 

Bizmates設立メンバーは実はベルリッツ出身者

ここまで、通学型英会話の大手であるベルリッツとビズメイツの両方を利用してみて、総合的にビズメイツのほうが優れている、と書いてきました。

実はビズメイツの設立メンバー2人はベルリッツから独立してビズメイツを設立したのです。

 

ビズメイツ鈴木伸明

 

ビズメイツ伊藤日加

 

 

しかも設立メンバー2人を含む、現在の役員4人のうち3人がベルリッツ出身者です。

つまりビズメイツは、ベルリッツの中で働いた結果、よりよいサービスを提供しようという思いから作られた会社とも言えるのです。

僕がベルリッツに感じた不満が、裏返してビズメイツの強みとなっていることは、当然といえば当然なのかもしれません。

 

結論:迷っているならビズメイツで間違いない

以上、僕がオンライン英会話ビズメイツをオススメする理由でした。

何度も言いますが、英会話を習うなら圧倒的に「通学<オンライン」なのです。
まだオンライン英会話をやった事が無いという人は是非いちど試してみて下さい!

 

スポンサーリンク