キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語とお金の知識でゆとりあるキャリアをめざすブログ

ベルリッツに高いお金を払う前に読んで欲しい話

f:id:herpes_carrier:20171113150728j:plain

ベルリッツって厳しいって聞くけど、本当に効果あるのかな?←こんな疑問に答えます。

こんにちは。ドメスティック企業から転職して日系グローバル企業の経理職として働いているヘルペスもちです。

今の職場に転職して、割と英語の使用頻度の高い毎日を送っているのですが、実は転職するまで英語の実務経験はもちろん、留学はおろか大手の英会話スクールにすら通ったことはありませんでした。

幸運なことに会社が補助を出してくれたので、今は大手英会話スクールのベルリッツに通っています。

もうすぐレッスンが終了となるため、継続するか聞かれたのですが、正直「もういいかな・・」というのが感想です。

僕がなぜそう思ったのか、これからベルリッツを受講しようと考えている人の参考になれば幸いです。

ベルリッツに高いお金を払う前に読んでほしい話

「厳しい」と評判のベルリッツに実際に通ってみた結果、そのレベルは?

ちなみに料金は半年間、週1回80分レッスン(ネイティブ講師1vs日本人3)で20数万円(教材費込み)です。

高いですね・・・。マンツーマンレッスンだと更に高いです。

 

入校前にはレベルチェックがあります。

これはネイティヴの講師と15分ほど英語で話すというもので、自分の場合は会話が途切れるということはありませんでしたが、結局ビジネスコースの中級クラスになりました。

このように、クラスのレベルは受講者のレベルに合わせて決まるので、難しすぎたり簡単すぎたりという事はそれほど無いようになっています。

まあ確かに、毎週1回英語で話す機会を持てるというのは良いのですが、正直それが値段分の価値があるかと言えば、全くそう思えなかったですね・・・。

というわけで今日は、自分が実際に大手の英会話スクールに通ってみて、これから通うかどうか迷っている人に対してできるアドバイスを4つ紹介したいと思います。

 

1、英語を話す機会は自分で作れる

自分は英語の実務経験はおろか留学したことも無かったと書きましたが、仕事以外で英語を使う機会は実は結構ありました。というか自分で作っていました。

市営の英会話サークルに参加したり、ホームステイプログラムの受け入れをやったり、電車で偶然話しかけられたイギリス人と友達になったり、といった事です。

www.careernomagarikado.com

www.careernomagarikado.com

  

おそらく英会話スクールに行く一番の目的は「英語を教えてもらう」というよりは「英語を使う機会を持つ」というのが目的という人が多いのではないでしょうか。

ですがその目的なら、何も大金を払わずとも工夫と行動力次第で割と何とでもなるものです。

 

2、正直、講師の質はピンキリ

ベルリッツは「間違いを間違いのままにせず指摘してくれる」「単語だけの受け答えでなく、ちゃんと文を作るよう指導する」というのが宣伝文句でした。

f:id:herpes_carrier:20180814223813p:plain

 

 

しかし、蓋を開けてみると実際は全くそんな事はありませんでした

講師は選べず毎週ランダムに変わるのですが、自分が当たったのべ10人くらいの講師の中でそういう指導を徹底しているなと思った講師は1人だけでした。

また、中にはあまり指導方法を意識していない「ただテキストを読んで話し相手になるだけ」の人や、会話よりも圧倒的に板書の時間が多い人などもおり、講師の質はピンキリでした。

それも不満な点でしたね。

  

3、アウトプットと インプットはバランスが大事

 上でも書いたとおり「英語を使う機会を作る」という目的のためならば、20数万円を払う前にやることがあるというのが今回ベルリッツに通ってみた感想です。

もし通うのなら、「教えてもらう」という受け身の姿勢でいると、思ったほどの効果は全く得られないと思いました。やはり明確な目的意識をもって臨まないと。 

ただ漫然とネイティブの講師と英語で世間話をしていれば英語が話せるようになると思ったら大間違いです。

彼らは英語の下手な日本人と会話することに慣れていますから、かなりこちらに合わせて会話に付き合ってくれています。

これが、それこそベルリッツの謳い文句のように、間違いをそのままにせずいちいち訂正されたらハッキリ言って会話になりません。

 

僕は英会話上達のコツはインプットとアウトプットのバランスが重要だと思っています。

アウトプットとはすなわちベルリッツなどの英会話スクールや上で挙げたような英会話サークルでの会話練習です。

それに対してインプットとは「会話で使える簡単なフレーズのストックを増やす」ことです。

実際ネイティヴの会話を聞いていると、日本人が大学入試で勉強するような難しい単語は滅多に使わず、ほとんどが中学生レベルの単語で会話していることに気づきます。

僕はこれに気付いた時、簡単な単語を使ったフレーズをいくつも覚えるというインプットを重点的に行うことで、飛躍的に発話能力が向上しました。

その時読んだ本がこの2冊です。

 「どんどん話すための中学英語55の定番動詞」

こちらの筆者の有子山さんは、TOEIC900点を取っても全く英語が話せない自分に愕然とし、海外ドラマや洋画のセリフを徹底的に暗記し、英会話のフレーズを蓄積したそうです。

その結果たどり着いた結論が、自分も感じていた、「出来るだけ簡単な単語で話す」という事でした。

この本ではmake、take、have、letなどの簡単な単語を用いた便利なフレーズを 多数まとめており、暗記して使う事でよりネイティブに近い自然な英会話を身に付けることが出来ます。

 

「起きてから寝るまで英語表現1000」 

 こちらの監修:吉田研作氏は「身の回りに起こること全てを英語で呟く」というトレーニングを推奨しており、この本はまさにそれを体現した本です。

身近に起こってるけど英語では言えない表現を多数まとめており、上の本と一緒に活用することでかなり自然な会話力が身につきました。

 

4、オンライン英会話の方が圧倒的にコスパが良い

大手の英会話スクールに通うのはベルリッツが初めてでしたが、実はオンライン英会話は受講したことがありました。 

オンライン英会話はなんと言ってもコスパが良いです。

僕が受講したのはBizmates(ビズメイツ) というサービスでした。 

f:id:herpes_carrier:20180814224756p:plain

 

ハッキリ言ってベルリッツとは比べ物にならないコスパの良さです。

まず

  • 毎日25分 12,000円/月 →9月25日まで6,000円!!

という価格が魅力的です。

しかも今なら9月25日まで50%OFFのキャンペーン中 です。

f:id:herpes_carrier:20180901205903p:plain

 

ビズメイツの講師が他と違うのは、「ビジネス経験者のみ」に限定されている点です。

ビジネスの場で使われている生きた英会話を身につけるには、ビズメイツが一番です。

 

さらにビズメイツは、「毎日25分」というのが絶妙の時間配分なのです。

ベルリッツだと、週1回80分でしたが、仕事帰りに80分は正直かなりしんどいです…。

後半は疲れてグダグダになって終わり。その日はとても復習する元気もありません。

そうして次の授業は1週間後。前回の授業の内容はもう覚えていません。

これではなかなか上達しませんよね?

鉄の意志と鋼の体力を持った人なら良いと思いますが、人間なかなかそう丈夫には出来ていません。

 

その点、ビズメイツなら1回25分ですので、授業中はめいっぱい集中できます。

そして翌日には間髪入れずにまた授業がありますから、前日の授業で学んだことを、記憶が鮮明なうちに次の授業で試すことが出来ます。

「忙しいのに毎日なんてムリ!」

と思われるかもしれませんが、そこはオンラインならではの強み。

朝5時~深夜1時までレッスン可能なうえ、スマホやタブレットからでも受けることが出来るので、通学型よりも圧倒的に受講しやすくなっています。

 

このようにとにかく毎日、PDCAを回しまくることで、短期間で飛躍的に英語力を向上させることが出来るのです。

じっさい僕は転職が決まって入社までの期間にビズメイツを受講しましたが、それまで英語を使っての業務は未経験だったにもかかわらず、入社後すぐに英語での会議にも自信を持ってついて行くことができました。

 

ビズメイツには無料体験レッスンもありますので、ベルリッツに高いお金を払う前に是非そのコスパの良さを体験して欲しいです!

50%OFFは9月25日までですよ! 

→[Bizmates(ビズメイツ)

 

 

 

「でも講師はフィリピン人なんでしょ?」

と思われた方もいると思いますが、世界の英語話者のうち、ネイティブの方が圧倒的に少数ですよ?

ちなみに僕が転職してこれまで仕事をしてきたのはアメリカ・タイ・シンガポール・香港・インドネシア・ドイツの人たちです。

ネイティブなんてアメリカ人だけですよね?笑

ちなみに、この通りフィリピン人講師でも全く問題ないというのが僕の意見ですが、オンライン英会話=フィリピン人講師というのは昔の話で、今ではネイティブの講師も普通にいます。

 

まとめ:未経験から英語で仕事をしている僕がオススメする効率の良い英会話トレーニング

このように英語を話す機会というのは自分で作れますし、対面のレッスンにこだわる必要は全くないのです。

オンライン英会話は早朝から深夜まで受講できて時間の融通もきくし、スマホやタブレットから受講も出来ますので、スキマ時間を生かすこともできて、とにかくコスパが良いです。

またビズメイツ以外にも、大体のオンライン英会話には無料体験レッスンがありますので、それをハシゴするだけで丸々1ヶ月くらいは無料でレッスンを受けることが出来てしまいます。

まだオンライン英会話を体験したことがない人は、ぜひ一度試してみて欲しいです。

 

 

というわけで、僕が考えるもっとも効率よく英会話を上達させる方法は、上で紹介した2冊のような書籍で会話のフレーズを日々蓄積し、それをオンライン英会話でひたすら「毎日」アウトプットする。その繰り返しです。

 

いかがですか?これでもまだ高くて時間の融通の効かない対面型のスクールに通いますか?

それでは〜!

 

スポンサーリンク