キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語とお金の知識でゆとりあるキャリアをめざすブログ

BATIC(国際会計検定)コントローラーは独学で取得可能か?難易度と勉強法について

積み上がった本

こんにちは。

30代で英語の業務未経験からグローバル経理職に転職したヘルペスもちです。

しばしばUSCPAと比較される英文会計検定のBATIC。

この記事ではそんなBATICの難易度や、独学でも取得可能なのか等を、実際の受験経験からリアルに書いてみたいと思います。

 

[目次]

BATICの難易度

そもそもBATICは合格・不合格のある試験ではなく、TOEICのようにスコア制になっており、

  • Subject 1: 400点満点
  • Subject 2: 600点満点

の計1000点満点となっております。

 

そして取得スコアに応じて4段階の称号が与えられます。

称号は、

Subject 1

  • 200〜319点 「ブックキーパー」レベル
  • 320〜699点 「アカウンタント」レベル

Subject 2

  • 700〜879点 「アカウンティングマネージャー」レベル
  • 880〜1000点 「コントローラーレベル」

の4つです。

 

多くの人が気になるのは、果たしてBATICの各レベルは独学でも取得可能なのか、それとも予備校に通学すべきなのか、と言う事だと思います。

先に言っておくと、僕は予備校の講座に通っていました。しかし、BATICコントローラーレベルを取得するには必ずしも予備校への通学が必要だとは思いません。

なぜそう感じるかはこの記事でこれから説明していきます。 

 

それではまずはBATICという試験がどういう試験なのかおさらいして行きたいと思います。

BATIC の出題形式の特徴

BATIC の問題構成は

Subject1

  • 択一問題 60題
  • 記述問題 4題 

計64題 1時間30分

 

Subject2

  • 択一問題 60題
  • 記述問題 4題

計64題 2時間30分

 となっております。

 

択一問題は、

Sub1は問1〜30がブックキーパーレベル、問31〜60がアカウンタントレベルの論点、

Sub2は問1〜30がアカウンティングマネージャーレベル、問31〜60がコントローラーレベルの論点というというように、半々になるように明確に出題の配分が決まっています。

 

記述問題は、問60〜64で出題され、出題される論点は毎回変わり、事前に知ることはできません。

 

BATIC 択一問題の特徴

さて、ここが特徴的なのですが、実はBATICの択一問題ではこの公式サイトにある出題範囲の論点がまんべんなく1〜3題くらいずつ出題されます。

 

なので、ヤマを張ってもあまり意味がありません。全部出題されるからです。

と言ってもご心配なく。逆に言えば、あまり深く突っ込んだ問題は出題されず解法のパターンも決まっているため、幅広い範囲の基本的な知識を確実に理解しておくことが求められます。

 

 しかも各論点が出題される順番までほぼ決まっています。マラソンランナーがコースのアップダウンを体で覚えるように、「これが来たから次はこれ」と予測が立てることが出来るのです。この事を理解しているかどうかは非常に大きな違いになると思います。

以上のことから、過去問を何度も復習するのが非常に有効な対策となります。

 

BATIC 記述問題の特徴

 ただし、記述問題はどの論点が出題されるかは当日にならないと分かりません。

そうは言っても、各論点での出題パターンはだいたい決まっているので、ここもやはり過去問をしっかり復習するのが有効となります。

 

BATICの出題範囲

出題範囲は簡単に言うと、

Sub1は日商簿記3級レベル、Sub2は1.5級レベルの会計知識が問われます

Sub1は3級レベルの処理が出来れば、あとはそれがそのまま英訳されて出題されると思って下さい。 

Sub2は1.5級としましたが、簿記1級ほどではないが、2級レベルの知識だけでは足りないということです。2級では問われない、税効果会計、外貨換算、デリバティブ、リース会計等が出題されるからです。

 

追記:

簿記2級では出題範囲の改定があり、2017年度から連結会計・リース会計が、2018年度から税効果会計が加わり、難易度が上がります!

なのでSub2の難易度は簿記1.2級くらいまで上がったと言えるかもしれません。

BATIC(国際会計検定)® | 出題範囲・認定基準

 

BATIC 独学か、通学か

このようにBATICでは事前に簿記の知識があるかないかで、その難易度は大きく変わってくると言えます。

なおBATICの受験者データをみると、簿記2級取得者が最も多く、やはりある程度の会計知識を前提としていることがわかります。

BATIC受験者データ

BATIC(国際会計検定)® | 受験者データ

 

それを踏まえたうえで、独学と通学のメリット・デメリットをそれぞれ考えていきたいと思います。

 

独学のメリット

独学のメリットは何と言っても費用が安いとうことです。

BATICのテキストは、簿記に比べると数は限られているものの、良質なテキストが出ています。

この記事の後半でも紹介していますが、費用を抑えたいという人や自分のペースで計画的に学習できる自信があるという人は独学でも十分対応可能だと思います。

 

独学のデメリット

BATICのSub2では、外貨換算やデリバティブ(金融商品)など、簿記2級では出題されていない論点が出題されます。

また連結会計・リース会計・税効果会計などの、2017年以降に簿記2級の範囲に加わったばかりの論点も出題されます。

これらの論点は初見では非常にとっ付きにくいうえ、BATICでは当然すべて英語で出題されます。

こうした難しい論点についても、独力で理解していかないといけないのは独学のデメリットではあります。

 

通学のメリット

上で挙げたような難しい論点についても、わかるまで講師になんでも質問できるのは通学の大きなメリットです。

将来的に使えるレベルで理解することを考えると、独学よりも通学の方が良いのかもしれません。

 

ちなみに、BATIC対策講座を開講している予備校だと資格の大原が代表的です。

大原は僕も簿記2級の時にはお世話になりましたが、講師の質も高く、確かな実績があります。

大原では簿記3級学習者向けのBATIC講座を開講しており、上記で挙げたような簿記2級に出題される難論点、簿記2級ですら出題されないさらなる難論点についてもきっちりカバーする内容となっています。

大原BATICストレートコース

 

通学のデメリット

ただし通学のデメリットとして、やはり独学に比べると何倍も費用がかかります。

そこでSub1は独学で取得し、Sub2だけ大原を利用するという方法もあります。

Sub1には先ほど挙げたような難論点は出題されませんし、単語さえ覚えれば難易度はそこまで高くありません。

大原ではSub1を取得済みの受験者に対しSub2のみを対象としたコースを開講しており、両方を対象とするコースより抑えた値段となっています(若干ですが・・)。

大原BATICsub2コース

 

本当に受講したほうがよいのか、自分のスタイルに合っているのか見極めるために、また資格の詳細情報を知るためにも資料請求してみても良いかもしれません。

なお大原のサイトでもBATICはマイナーな資格ですが、ページ上部の「資料請求」フォームからBATICを選択できます。

大原サイト資料請求ボタン

  

スマホの場合はこちら。

大原サイトBATIC資料請求スマホ

 

現在BATICを行っている予備校は、大原の他にはTACがあります。

両者の講座の特徴についてはこちらの記事にまとめましたので参考にしてください↓

 

 

 BATIC オススメ教材

自分がやった教材は、中央経済社から出版されている、下記のシリーズです。

これらは独学でコントローラーレベルを取得するのにも非常に有効なテキストです。

ちなみにテキスト類は紙の本よりもKindle版が圧倒的にオススメです。

どこにでも持ち歩け、いつでも読み返せる電子書籍は紙の本よりも圧倒的に勉強効率が良いです。

Sub1のテキスト・問題集
Sub2のテキスト・問題集

市販されているBATICの教材自体がまだ数少ないのですが、おそらくその中では最も定評のある教材です。
試験で問われるポイントが、幅広く網羅されており、また合間に入る謎の脱力系犬キャラ(チワワ)がいい感じにユルさを演出しています。

 

BATIC 過去問 

このシリーズで論点を理解したら、TAC出版から出ている過去問題集を解きましょう。

最新5回分の実際の試験問題が収録されており、またこのように回別に出題論点が一覧整理されており、解説も解りやすいです。

TACの過去問が便利なのはこのように、過去5回分の出題論点が一覧できる点です。

 BATIC過去問出題論点一覧

この一覧を見ると、ほぼ全ての論点が偏りなく出題されている事、しかも毎回近い問題番号が振られているのが分かります。

このように、先にも述べた通りBATICでは毎回各論点が満遍なくしかも同じ順番で出題されるため、過去問を繰り返し解き、試験のペースをつかむ事が非常に有効な対策となります。 

また先ほどの一覧で、61〜64の番号が振られた論点は記述問題が出題された論点です。

これを見れば記述問題で出題されやすい論点が大体わかるので、それらの論点についてはしっかりと理解し、また過去問を繰り返し解き、問題に慣れておきましょう。 

テキストも過去問集も、書店では扱っていない事が多く、Amazonで、できればKindleで購入する事をオススメします。

 

BATIC試験テクニック

最後に、BATICはTOEICを参考にして作られたとも言われており、確かにTOEICによく似ています。

短い英文で書かれた膨大な数の問題が、解いても解いても次から次へと出てくる様子は、あたかもTOEICを受けているかの様な錯覚を起こさせます。


特にSub2は2時間30分と長く、淡々と問題を解いている中で集中力が切れてきてしまいがちです。

そこで、問題を解く順番を工夫する事をオススメします。

自分はSub2は、試験が始まったらまず問61〜64の記述問題から片付けるようにしていました。

試験開始直後の最も集中力の高い時間帯に、最も注意力を要する記述問題を終わらせるのです。

記述が終わったら続いて、難しめの問31〜60のControllerレベルの問題に進みます。最後に問1〜30のAccounting Managerレベルの問題に進む、といったように、難しい問題から順番に解く事で、集中力の下降によるミスを防ぐようにしていました。

 

BATICとUSCPA(米国公認会計士)について

さて、ここまでBATICの難易度について書いてきましたが、最後に少しだけ、しばしばBATICと比較されるUSCPAについても書いておきます。

この記事を読んでくださっている人の中にも、BATICとUSCPAを比較検討している人もいるかも知れませんね。

USCPAとは「米国公認会計士」、その名の通りアメリカの公認会計士資格です。

アメリカで(厳密には登録した州で)会計士業務をするために必要な国家資格ですが、会計の専門資格として国際的に認知されています。

かたやBATICは日本のいち民間団体である東京商工会議所が主催する検定試験に過ぎません。あくまで検定なので、厳密には「資格」ですらありません

 

そんなBATICに比べると、USCPA受験のハードルは格段に高くなります。

BATICが受験資格など無く2科目合わせても1万円ちょっとで受けられるのに対し、USCPAは

  • 受験資格:4大卒&取得単位要件(州によって異なる)
  • 受験料:1科目あたり約6万円×4科目

という厳しい条件になっています。

 

しかもUSCPAは、そもそもアメリカの資格なので、そうした受験資格や、合格後ライセンス登録する際の条件が州ごと・受験者ごとに異なるため、予備校のサポート無しで独力で合格するのはまず無理、というか非常に効率が悪い資格なのです。

そのため予備校代も合わせるとUSCPAに合格するには、総額60~100万円ほどのお金がかかってしまいます。

 

しかし、USCPAにはそれほどのコストをかけるだけの確かな価値があることは間違いありません。

僕はBATICを活かして転職しましたが、やはり転職にはUSCPAの方が格段に有利だと言わざるを得ません。

特に監査法人を目ざしている人、また大手の有名企業など競争率の激しい転職を狙っている場合は、USCPAは絶大な武器になるでしょう。

実際、仕事で大手監査法人の人と会うと、日本の公認会計士や税理士資格は持っていないのに、USCPAだけは持っているという人も少なからずいます。

また、僕の知り合いにもUSCPAホルダーがいますが、30代前半までに4回転職し、書類で落とされることはまず無い、と豪語していました。

 

またUSCPAはれっきとした会計士資格ですから、ライセンスを取得すれば堂々と名刺に書くことができます。これは単なる検定試験であるBATICとの大きな違いです。

また、USCPAは国際資格なので国際的に評価されています。

仕事でアジアの会計関係者に会うと、名刺にUSCPAと書かれてあることは少なくありません。

 

他にもUSCPAには女性のキャリアアップや海外就職などの多様なキャリアの可能性があることはこちらの記事でも書きました。

 

 

また、USCPAの難易度は日本の公認会計士のように何年かかっても受からないというほどのものではありません。

やればちゃんと受かる試験なのです。

 

ですから、もしお金の問題だけでUSCPAよりもBATICを選ぶとしたら、考え直した方が良いかも知れません。

USCPAは取得するのにお金がかかったとしても、それだけのリターンがあるからです。

確実に「投資」になります。

 

ここまで読んでもらってUSCPAの受験に興味がわいた人も、そうでない人も、ぜひいちど受験予備校のアビタスの無料セミナーに参加してみることをオススメします。

アビタスはUSCPA合格者No. 1を誇る名門です。

f:id:herpes_carrier:20180801124534j:plain

 

セミナーでは受験資格や出願州の相談はもちろん、取得後のキャリアについても相談に乗ってくれます。

また、もちろん同じ英文会計の資格であるBATICについても教えてくれるでしょうから、両者の違いや資格取得後のキャリアなども含めて、今後のプランを総合的に判断できる、とても良い機会です。

 

僕もキャリアに迷った時は転職エージェントに3回も相談に行っただけでなく、予備校のセミナーを活用していました。

やはりキャリアについては、1人で考えたり、社内の同じ環境の人に相談したり、このブログ含めネットの意見だけを参考にするよりも、実際に足を運んでその道の専門家の意見を聞くのが一番です。

資格を取るべきなのか、それとも景気の波を逃さず今すぐ転職活動すべきなのか。

幅広い意見を取り入れて判断することが大切です。

 

僕は会計×英語のスキルを身につけたことによって、明らかに人生が変わりました

営業で消耗していたのが経理に異動でき、まるっきり海外とは無縁な会社で働いていたのが、今ではグローバル企業に転職し英語を使って仕事をしています。年収も上がりました。

それもこれも、当たり前に続く毎日を飛び出して外の話を聞きにいったからだと思います。

ちなみに僕が参加したある予備校のセミナーで講師の方が言っていたことで、今でも印象に残っている言葉があります。

 

「やるやる」と言っていて、本当にやるのはそのうち2割だけ。

だから大人の競争というのは意外と緩いんです。

 

転職して望んでいたキャリアを得た今、それって本当だったなと思います。

現状を変えたいという人は、たまにはこうしたセミナーを受けてみるのも刺激になるのでオススメです。無料ですしね。

 

ちなみにアビタスのセミナーは参加するだけで↓の本がもらえます。

買うと1,080円する本なので、今はUSCPAにそこまで興味が無いという人も、話だけ聴きに行っても損はしないかなと思います。

 

まとめ

以上、若干脱線しましたがBATIC(国際会計検定)の難易度と対策でした。

独学か通学かという点については、先ほども書きましたが、自分の勉強スタイルと知識レベルに合わせて、予備校に通うか検討してみてください。

 自分で計画的に学習できる自信がある人はここで紹介したテキストをみっちりやれば、問題ないと思います。

  

なお、BATIC Controllerを取得後、筆者はグローバル経理職に転職しました。

BATICが転職にどう活きたかは、こちらの記事にまとめました↓

 

また、USCPAについてより詳しく知りたい人は、こちらの記事もぜひ読んでみてください↓

 

また、自分の勉強用にTwitterで会計にまつわる英語を自動でつぶやくbotを作成してみました。

よろしければ活用してください↓

試験対策だけでなく、僕の実務の中で出会った表現を随時追加しています。

 

それでは、みなさんのキャリアアップを願っております!

 

 

 

 

スポンサーリンク