キャリまが

英語とお金の知識でゆとりあるキャリアをめざすブログ

結局「いい大学出て大企業に就職するのが幸せ」という話

f:id:herpes_carrier:20130710095552j:plain

いい大学出て大企業に就職

まあタイトルの通りなんですが、煽るつもりとか全然ないのでちゃんと最後まで読んでもらえると嬉しいです。


もう20年くらい前からよく聞きますよね。
「いい大学出て大企業に就職する事が幸せとは限らない」
とか、そういう時代は終わった、とか。

 

まあそりゃ当たり前ですよ。


大企業に就職すれば「絶対幸せになれる」わけじゃないのは当たり前です。

でもね、結局それが一番幸せになる確率が高いのではないかと、僕は思います。

 

なぜそう思うかというと、実際に中小企業から大企業に転職してみて、そう思うわけです。

 

大企業と中小企業の待遇の違い

大企業は凄いですよ。

普通にそこで働いてる人からしたら当たり前なのかもしれませんけど、中小から転職した自分からすると、あまりの違いに驚かざるを得ませんでした。

というか最初は意味がわかりませんでした笑。

 

僕は30過ぎてから中途で入ったので、そこまで恩恵を受けていないのですが、新卒で入ってずっとそこにいる周りの同年代や若い人を見ていると、自分が過ごした20代と彼らが過ごした20代はまったく違ったものだったのだなぁと実感します。

 

まず福利厚生からして全然違いますよ。
保険から住宅まで何から何まで補助が出ますからね。

 

大企業の若手なんて月2万とかで都内のマンションに住んでるんですよ?
普通に住んだら月10万はするワンルームとかに。しかも社宅補助は非課税ですからね。可処分所得が全然違います。
若いうちに使えるお金、貯められるお金が全然違います。


ちなみに自分は転職した時点で既に持ち家だったので残念ながら全くその恩恵は受けていません。

 

また大企業って、基本給は大した事なくても、残業代は全額支給ですから20代でも手取りはそれなりにあります。
大企業は大抵労働組合が強いのでサービス残業はあり得ません。

 

休みも取りやすいので毎年海外旅行とかみんな行ってます。

 

さらに大企業だと仕事のパフォーマンス関係なくお金がもらえます。
本当に毎日ほぼ座ってるだけのおじさんとか、一日中ギャーギャーわめいてるだけのおばさんとかいますからね。どちらも正社員ですよ。
もちろんそんな人ばかりではありませんが。

それでも回るのが大企業です。

 

大企業は余力が凄い

大企業のビジネスってもはや「慣性」で動いてますからね。
それまで積み上げてきた仕組みやブランドや既得権で仕事が生まれてるので、実際にそれを回すのは全体の2割くらいの人たちで、その人たちが残りの8割を養っています。

 

だから別に全員が高いパフォーマンスを発揮しなくても、お金が生まれるようになっているのです。余力が凄いのです。

 

これが少数精鋭の会社だったりフリーランスだったら「最近は疲れが溜まってるから、今週はあまり頑張らずに早めに帰ろう」なんてやっていると、すなわち会社の収益減=自分の収入減ですからね。

 

病気やストレスでパフォーマンスが発揮できなくても収入が確保されている、って凄いことですよ。

 

仕事を選ぶ基準の話

あなたにとって仕事を選ぶ上で大事なものはなんですか?

 

「お金です」という人は迷わず大企業でサラリーマンという道を選んだ方がいいです。僕はサラリーマンやるなら大手一択だと思います。ベンチャーで圧倒的成長とか幻想です。

 

起業して成功すればサラリーマンなんて目じゃないお金が手に入りますが、確率が低いです。
お金が目的なら起業は選ばない方がいいでしょう。


「お金よりもやりがい」という人には、もう一度考えてみてほしいです。ちなみに僕は新卒の頃はこっちでした。

 

お金は便利です。

お金はあらゆる欲求を代替してくれます。
人生でどうしても手に入れたかったものが手に入らなかった時、お金があればきっと新しい幸せを探すことができると思います。

お金で満たせない欲求、例えば自己実現とか、そういうものを本当に「お金では満たせないレベル」で持っていない人は、取り敢えず大企業に就職する方が幸せになれるでしょう。

「お金よりもやりがい」と、今は思っていても、40、50代になった時もそう思えるか、よく考えてみてください。

 

そう思える人もいます。いつまでも夢半ばでも、夢を追い続けることが幸せな人も確かにいます。
でも自分が本当にそうか、よく考えてみてください。

 

仕事に刺激は必要?

それでも大企業でも辞めて行く人はいます。
やはり上で挙げたような、実力主義でない点、いろいろと非効率な点が肌に合わない人たちです。
仕事に刺激を求める人たちとも言えるかもしれません。

 

自分にとって仕事は、幸せな人生を送るための数あるポートフォリオの1つに過ぎません。そこに刺激は求めていません。

少ない労力で継続的に収入が得られる太い幹を持っておくということは、幸せな人生を送る上で有効な戦略だと思います。

「最小の投資で長期的・安定的な収入を得る」というのはあらゆるビジネスの基本だと思いますが、そういう意味で大企業でサラリーマンというのは非常に優秀な投資先だと言えます。

 

それに大企業っていろんな部署があります。
1つの仕事や職場が合わなくても、いくらでも社内で異動先があります。
刺激のある仕事は、自分で探せるし作り出すことも出来ます。

 

大企業に入るには

それでは、大企業に入るにはどうしたらいいのでしょうか。社会人になって10年経った経験から書いてみたいと思います。

 

もしあなたが就活生なら、「OB訪問」や「インターン」はしていますか?

これらは、面接など本採用の選考前に企業にアプローチできる有効な手段です。

僕も面接官をやることがありますが、実際、面接やグループディスカッションの数分間だけで学生の人となりや能力を判断することは非常に困難です。

そのため、企業は本採用での選考以外にも学生を見極めるための場面を設けているのです。

 

社会に出てからも痛いほど実感すると思いますが、ビジネスは結局コネによるところが大きいです。

商談の成否も、転職も、社内での異動も、結局はコネによって引っ張られることが多いのです。

「こいつは俺よく知ってるから…」なんてことが。

 

「コネなんてありません!」

 「ゼミの先輩にそんな大企業に入った人なんていません!」

 という人。

わかります。僕もそうでした。

 

しかし、コネはいつだって自分で作るものです。

僕も就活生時代、希望の会社に入るために就職課で名簿をひっくり返して見つけた、たった1人のOBにコンタクトをとり、はるばる名古屋から東京まで夜行バスに乗って会いに行きました。

 

今となってはいい思い出ですが、最近ではそんな大変な思いをしなくてもネットを活かした便利なサービスがあります。

 

ビズリーチ・キャンパス 」や「ニクリーチ 」といったサービスです。

 

ビズリーチ・キャンパス

f:id:herpes_carrier:20180905044841p:plain

ビズリーチ・キャンパス は、OB訪問したいという就活生と、OB訪問を受け入れてもいいという社会人をマッチングするサービスです。学生は無料で利用できます。

 

就活生は大学やゼミ名で先輩OBを検索して、OB訪問を申し込むことができます。

わざわざ就職課で名簿をひっくり返して、連絡先を聞いて、なんてやる必要はもう無いのです。

 

ビズリーチ・キャンパスに登録しているOBには

  • 個人でボランティアで登録している人
  • 企業公認で登録している人

の2種類がいます。

 

ピンと来た人もいるかと思いますが、企業公認で登録している人はいわゆる「リクルーター」というやつですね。

つまり、企業が学生からの応募を待つだけでなく、有望な学生を積極的に採りに行っているのです。

もちろん全員にではありませんが、企業からスカウトが来ることもあります。

 

このように、こうしたマッチングサービスは一見、就活生のためにあるように見えますが、実は企業が有望な学生を採用するためにあるのです。

お金を払うのは企業なのです。だからこそ学生は完全無料で利用できるのです。

 

なお、残念ながら現時点ではビズリーチ・キャンパスの利用対象者は下記の37大学に限られています。

f:id:herpes_carrier:20180905045144p:plain

 

しかし、これらの大学ではないという学生さんには、登録できる大学の制限のない次のようなサービスがあります。

 

ニクリーチ

f:id:herpes_carrier:20180905045236p:plain

ニクリーチ は登録した学生に対して企業から焼肉のお誘いが届く、という一風変わったマッチングサービスです。もちろん無料です。

一見すると怪しいサービスですが、ビズリーチ・キャンパスと同じ「株式会社ビズリーチ」が運営しています。

ビズリーチはハイクラス向け転職サービスで定評のある、れっきとした転職エージェントなので、こうしたマッチングのノウハウには信頼がおけます。

 

ニクリーチには登録できる学生の大学に制限はありません。

じつは必ず焼き肉というわけではないようですが、企業から学生に対して会食や面談のオファーが届きます。

なお誤解のないように、OBのような個人から会食の誘いが来るわけではなく、企業からのオファーですのでご注意を。

これもビズリーチキャンパスと同様、企業の採用活動の一環なのです。

かしこまった面接や説明会では聞けないような、ざっくばらんとした話が聞ける事でしょう。しかも飲食代は出してくれるのですがら、とりあえずやってみて損はないでしょう。

 

現代は情報格差社会

就活生のみなさん。

これらのサービス、知っていましたか?

リクナビだけ登録して安心していませんでしたか?

ビズリーチ・キャンパス ニクリーチ のようなサービスを利用している学生に対しては、こうしている間にも企業から着々とオファーが届いています。

そして採用枠は、本採用を前にして水面下で1つ、また1つと埋まっていくわけです。

これらに登録していなければ、企業からあなたにアクセスするルートは本採用でのエントリーだけとなり、その頃には一部の枠は既に埋まっている、というワケです。

 

「知っているか」「知らないか」の違いで大きな損をする事はたくさんあります。

今の世の中、情報は溢れていますが、あなたが目にしている情報は自分で探して得たものですか?

それとも、一方的に摑まされたものではありませんか?

情報に振り回されるのではなく、情報を使いこなして就活を乗り切ってください。 

 

まとめ:大企業に入って幸せ

「好きなことで生きて行く」っていうと、だいたい会社やめましたとか、サラリーマン叩きが始まるのが日本のネット社会だけど、外野がどれだけ批判したところで大企業の中の人たちは上に挙げたようなメリットを享受しながら普通に幸せに生きてます。

 

「いい大学出て大企業で働く」って、別に全然つまんない人生じゃないんですよって事です。

 

たとえば僕の周りには、仕事はパッとしなくても趣味がプロレベルで高い評価を受けてる人とか、子どもがスポーツで全国レベルの人とかがザラにいます。

そういう人たちだって全然「好きな事して生きてる」と言えると思うんですけどね。


仕事以外での充実度が高いんですよね。

余力があるから。

 

ちなみに予防線はるわけじゃないですが、僕は結局何が幸せかなんて人によって違うと思っています。本当に。 

でも、よくよく考えたらやっぱり大企業で働く事が幸せになる確率が高い人が多いんじゃないかなぁと思うわけです。

 

以上、中小も大企業も両方経験した30過ぎたオッサンの呟きでした。

皆さんがどんな会社で働くかの参考になれば嬉しいです。

それにしても僕の時に比べると、今はネットの普及により格段に就活がやりやすくなったと感じます。

ビズリーチ・キャンパス ニクリーチ なんてサービス、考えられなかったですからね。

こうしたサービスを、活かすも殺すも皆さん次第です。

ぜひ、情報に振り回されるのではなく、情報を使いこなす人になってくださいね。

 

それでは~。

 

スポンサーリンク