キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語とお金の知識でゆとりあるキャリアをめざすブログ

経理で転職して気づいたら年収が200万アップしてた話。と、その理由について

「こんな年収じゃこの先こども生まれてもやっていけないよ…。年収上げるにはどうしたらいいんだろう…。」←僕もかつてこんな悩みを抱えていました。

こんにちは。キャリまが管理人のヘルペスもちです。
僕は3年ほど前に、経理職として今の会社に転職しました。
先日、振り返ってみると、この3年で、年収が前の会社と比べて200万円ほどアップしていました。
僕が転職したかった理由はズバリ

年収を上げたい

まさにこれでした。
転職する前は年収も低く、こどもも1人で精一杯。この先、2人めを持ったり、子供たちを大学まで出して、と考えると、とても将来が不安で仕方ありませんでした。
そういう意味では、僕の転職は成功だったと言えると思います。
というわけで今日は、なぜ僕が転職してそんなに年収を上げる事が出来たのか、について書いてみたいと思います。

経理が転職して年収を大幅にアップさせる方法

そもそも企業規模が違った

僕が転職して年収が大幅に上がった最大の理由はこれです。
悲しいかな、日本のサラリーマンの給与は入った会社によって決まります。
身もふたもない話かも知れませんが、年収を上げる方法は簡単で、それは

年収の高い会社に入ること

です。 仮に僕が前の会社に在籍しながら、公認会計士や税理士の資格を取って、本社の連結決算を1人でまとめ上げるようなスーパーな働きをしたとしても、年収は上がりません。
日本の会社は、年齢によって給与テーブルが決まっていますから、突出した能力や実績を見せたからと言って、年収も突出して上がるということはあり得ません。
年収を大幅に上げるには、給与テーブルそのものを取り替えるしかないのです。つまり転職ですね。
僕がもともといた会社はグループ連結売上高でせいぜい5,000億円ほどの会社でした。
いっぽう、転職した会社はグループ売上高で10兆円を超える巨大グループです。
ここまで規模が違うと、当然給与テーブルも段違いですので、放っといても年収は上がります。
じゃあ、どうやったらそんな大きな会社に転職出来るんだ!という話は、この記事の後半でします。

残業代が「ちゃんと」ついた

僕がもともといた会社はいわゆる「みなし残業制」の会社でした。

毎月40時間までの残業代

が基本給に含まれている、というアレですね。
つまり、40時間までは、してもしなくても残業代が出るのです。
じゃあ、残業代込みなんだから毎月の手取りもさぞかし良かったことでしょう、と言うと、全然そんなことはありません。
要するに基本給がクソ低いんですよ。
みなし残業制をとっている会社のほとんどはそうだと思いますので、もしそんな会社にいる人は、早めに転職エージェントに相談するなどして、とりあえず外の会社の現状を知るべきです。
今の会社は10分刻みで残業代がカウントされています。僕の年収が上がった理由の1つは、残業代がちゃんとつくようになったからというのも大きいです。
悲しいかな、仮に残業ゼロだと年収は横ばいですね…。
ちなみに転職当時は残業がそこまで多くなかったので、年収の上がり幅も200万とまでは行きませんでした。

さて、ここまでは僕の年収が上がったのは単純に

中小から大手に移ったから

だと、書いているようなものです。
ここからは、どうやったらそういう会社に転職出来るのかという話を書いてみたいと思います。

英語を活かせた

まず、何と言ってもこれですかね。
やっぱり、海外進出している会社は大手が多いですし、英語ができるというだけで、そうした会社からの引き合いは一気に増えます。
転職サイトに登録してみると分かりますが、TOEIC800点くらい以上あると、一気に求人の想定年収が上がります。
TOEICは意味がないとよく言われますが、日本で転職活動するにはまだまだTOEICは評価基準として見なされていますので、TOEICスコアを上げることは年収を上げることに直結すると僕は思います。
もちろん、仕事で使おうと思ったらTOEICだけじゃなく英会話が出来なくてはいけません。
その辺の方法については「TOEIC800〜900点でも英語が話せない人が、話せるようになるための3ステップ」で詳しく紹介しています。

資格も大事だけど、実務経験の方が大事

経理で転職!となると、やっぱり

資格取らなきゃ!

と思う人が多いと思います。
確かに資格も重要な要素です。
例えば、簿記2級なんかは必須にしている会社は多いですね。
そういう意味では簿記2級だけは、持ってない人は取っておいた方が良いかも知れません。書類で落とされてしまう可能性があるので。
あとは、キャリアアップのために税理士や公認会計士を目指す!と意気込む人も多いですが、転職して年収を上げるのが目的であれば、それらの難関資格はオススメしません。
なぜなら時間がかかりすぎるからです。
転職市場では年齢が重視されます。
大手の会社に転職しようと思ったら、何年もかけて難関資格を取って、30代になってからやっと転職活動を始めるより、20代後半くらいの若い時期に若さを生かして滑り込む方が手っ取り早いです。
また、難関資格を取るよりも、決算や税務申告の実務経験があった方が有効です。
経理として中小から大手に転職してみてわかった、働くのにベストな選択はどっち?」でも書きましたが、中小企業では人手不足で割と若い時期からそうした上流の業務を任されるので、給料は安いながらも経験を積むには良い環境です。
僕も、転職前は経理に異動して最初から連結子会社の日々の仕訳から決算・税務申告を一通り任されたので、転職活動では胸を張って経験をアピールすることが出来ました。

ちなみに資格を取るなら
BATICUSCPAなどの英文会計資格
が断然オススメです。
理由は上の項でも触れましたが、英語力がアピールできるからです。
英語だけできる人、経理だけできる人、というのは多くても、両方出来るとなると一気にプレミア感が増すので、転職市場でも有利になります。
BATICとUSCPAについては↓の記事で詳しくまとめましたので、興味がある人はぜひご覧下さい。


景気の波が来ていた

転職の話になるとみんな、資格や専門分野の経験年数の話になりがちですが、意外と重要、というかかなり重要なのが景気動向です。
企業の活動は全て業績に左右されます。
中途採用も例外ではありません。
業績が落ち込めば採用もストップされますし、逆に業績が上向けばビジネスを拡大するために人を増やす方向に動きます。
そして企業の業績を大きく左右するのが、日本全体の景気ですよね?
つまり、景気が良くなれば転職市場も活発化し、多少スペックが足りてなくても企業は内定が出す傾向が高まるという事です。
ちなみに僕が転職した時は、日本全体がリーマンショック・3.11の不況から回復し始めて、比較的転職市場が活発化している時期でした。
まぁぶっちゃけ、「運」もありますよね。
こうした市場動向は転職エージェントに相談すれば教えてくれますので、気軽に相談に行ってみましょう。


外資に転職する

僕は経験ありませんが、担当してくれた転職エージェントの話によるとやはり外資は日本企業に比べ年収テーブルが相当高いようです。
年収を上げる裏ワザとして、思い切って外資に転職するというのもアリですね。
外資に強い転職エージェントは「絶対にグローバル転職したい人が利用すべき転職エージェント2社【体験レポートつき】」で紹介してますので、興味のある人は見てみて下さい。

まとめ:大きい会社ほど、年収は高く、仕事はラク

僕が転職して年収が上がった理由を紹介してみましたが、転職してみて言える事は、大手の方が年収高いうえ、仕事はラクだという事です。
正直中小に勤めていた時代の同僚の方が、経理知識も問題解決能力も優れている人が多かったようにも思えますが、それでも年収が高いのは断然大手の方です。
残念ながら能力と年収は比例しないのです。
転職して自分の年収がどれくらいになるか気になる人はMIIDAS(ミーダス)のようなサイトでサクッとチェックしてみると良いと思います。
5分で登録できるうえ、当たりすぎてひくレベルなのでオススメです。
これで今より高い年収相場が出たら、一度転職活動をしてみても良いと思います。ちなみに僕はほぼドンピシャで今の年収が提示されたので夢も希望も無かったですが…。
流石にそうそう美味い話は無いですね。
以上、皆さんの参考になれば嬉しいです。

それでは〜。


スポンサーリンク