キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

管理会計の国際資格「USCMA(米国公認管理会計士)」とは?USCPAとの違いを両方持ってる同僚に聞いてみた

f:id:herpes_carrier:20180804224235p:plain

この記事ではUSCMA(米国公認管理会計士)とはどんな資格なのか、USCPAとの違いは何なのかについて解説しています。

こんにちは。30代でドメスティック企業から会計と英語スキルの活かしてグローバル企業に転職したヘルペスもちです。

会計スキルと英語力をアピールする資格として一番有名なのはUSCPA(米国公認会計士)だと思います。

僕の同僚にもUSCPAホルダーがいるのですが、彼がUSCMA(米国公認管理会計士)という資格も持っていたので、そもそもどんな資格なのか、USCPAとどう違うのかについて調べてみました。

また記事後半では彼に、なぜCMAを取得したのか、について聞いてみました。

そもそもUSCMA(米国公認管理会計士)とは?USCPAとの違いは?試験制度、難易度など

アメリカの公認会計士資格として知られるUSCPAに比べて知名度は劣りますが、USCMA(米国公認管理会計士)もIMA:Institute of Management Accountantsという団体が主催するれっきとした国際資格です。

USCPAが、ルールに基づいた報告をするための「財務会計」が専門である一方、USCMAは企業の意思決定のための材料である「管理会計」が専門となります。

USCMAにはUSCPAのように独占業務はありませんが、企業の財務計画を立案する、コンサルタント的な役割として評価されています。そのため向こうでは「ミニMBA」と呼ばれることもあるそうです。

なおUSCPAについては下記の記事で詳しく解説しておりますのでご参照ください。↓

 

USCMAの試験科目

USCMAは、Part1とPart2の2科目で構成されています。

Part 1:Financial Planning, Performance and Control (財務計画、業績管理と統制)

  • 財務諸表の決定
  • 予算の計画、編成
  • 業績管理
  • 原価管理
  • 内部統制

Part 2:Financial Decision Making (財務意思決定)

  • 財務諸表の分析
  • 企業財務
  • 意思決定分析
  • リスクマネジメント
  • 投資意思決定
  • 倫理

 

の2科目で、各Part 4時間コンピュータ試験となっています。

また、問題形式は四択問題100問+記述問題2題です。

4科目で膨大な範囲を学習する必要があるUSCPAに比べると、その分量はかなり少ないです。

 

USCMAの受験資格

USCMAの受験資格は4年生大学卒のみです。学部は問われません。

これは大学での会計とビジネスの単位が必要となるUSCPAに比べると格段に低いハードルとなっています。

 

USCMAの合格率(世界平均)

  • Part1:35%
  • Part2:50%

このように、USCPAと同様、奇問難問のない「頑張れば受かる」資格であると言えます。

 

USCMAの受験料

  • 各科目:US$415

のほか、

  • 管理会計士協会への登録料:US$245
  • 受験申請費用: US$250

がかかります。

ストレート合格したとしても13万円以上かかります。高いですね…。

 

しかし、USCPA

  • 出願料として$50~220
  • 受験料1科目あたり$208.4
  • 日本での受験に1科目あたり$356.66

に比べたら、格段にリーズナブルだと言えます。

 

USCMAの科目合格

USCMAは申込登録から3年の間に全2科目に合格する必要があります。

1科目に受かった日からではなく、受験した日からでもなく、申込登録した日から3年なので、注意が必要です。

USCPAは最初の科目合格から18ヶ月有効ですから、この要件もUSCMAの方が緩くなっています。

 

以上がUSCMA試験の概要です。

つづいて実際にCMAとCPAを持っている同僚に、なぜCMAを取ったのか、2つの資格の違いは何なのか、について聞いてみました。

 

同僚に聞いたUSCMAとUSCPAの最大の違い

これまで調べたようにUSCMAはUSCPAに比べると格段に受けやすい資格です。

しかも、もう1つ。

同僚から聞いたUSCMAがUSCPA最大の違いがあります。

それは登録要件が緩いという点です。

USCPAのライセンス取得要件は州ごとに異なりますが、一般的には監査法人等でのUSCPAホルダーの上司の下での監査業務経験が必要となります。

かなり限定的な条件です。

このため、CPAは試験だけパスしてライセンス登録しない日本人も多いのです。

それに対し、CMA財務会計・管理会計・財務分析・予算編成・経営コンサルティング・監査などの実務経験が2年以上あれば登録可能です。

この要件は、あるていど経理経験があればほとんどの人が自然と満たしているでしょう。

 

なぜUSCMAを取ろうと思ったのか

USCPAはライセンスを取らない人もいると書きましたが、ライセンスが無ければ当然「米国公認会計士」と名刺に書くことは出来ません。

履歴書には試験合格だけでも書くことは可能ですが。

これに対しUSCMAの登録は容易ですから、試験に合格すればほとんどの人は「米国公認管理会計士」と堂々と名刺に書くことが出来ます。

名刺に「米国公認管理会計士」と書いてあると、見る人の目も変わります。

経理としてコンサルや監査法人、銀行と話すときも一目置かれるようになるでしょうね。

実際僕の同僚にも、USCPAは転職でのアピールのために取ったのでライセンスは取得しない、と言っていました。

その代わり、名刺に書ける資格としてUSCMAを追加で取得したようです。

実際その同僚と同行して取引先の銀行の人と名刺交換すると

「おー米国公認会計士をお持ちで・・・」

と、明らかにUSCPAと勘違いしている人もいました笑。

まぁそれは別として、USCMAは確かに知名度は低いのですが、「米国公認管理会計士」という字面から、

「聞いたことは無いし、USCPAとは違うようだけど、「米国」って付いてるしすごい資格なんだろう」

と推測する人が多いようです。

これはあくまで日本での話ですが、アメリカはもちろん海外ではUSCMAは当然認知され、評価される資格ですから、外資企業への転職や商談時には確かな威力を発揮することは間違いありません。

受かっても(簡単には)名刺に書けない資格か、堂々と名刺に書いてアピールできる資格か。

CPAとCMAの大きな違いの一つです。

▼関連記事:

www.careernomagarikado.com

 

USCPAがオススメなのはこんな人

2つの資格のうち、USCPAがオススメなのは転職で年収アップを狙う人です。

当たり前といえば当たり前ですが、資格は取っただけでは年収は上がりません。

www.careernomagarikado.com

 

では年収を上げるにはどうしたらいいか。それは資格を活かして転職することです。

USCPAは転職には絶大な威力を発揮します。

それくらい知名度のある資格です。

仮に経理が未経験であっても、年齢の若さとUSCPAがあれば転職の書類で落とされることはほぼ無いでしょう。

それくらい「英語で経理ができる」という人材にはプレミアがあります。

逆に言えば転職するなりして年収が上がらないのであれば、USCPAを取った意味がないとも言えます。

USCPAの取得には莫大なコストがかかるからです。人によっては約100万円はかかります。

趣味で受けるのでなければ、転職して年収アップして是非とも回収したいところです。

 

USCMAがオススメなのはこんな人

逆にUSCMAは転職のアピール目的、特に未経験から経理への転職にはあまり効果はないと思われます。

管理会計と財務会計は全く別物ですし、経理の転職ではほとんどの場合、財務会計や税務の知識が求められますので、経理未経験でUSCMAだけ持っていても、あまりアピールにははらないでしょうね。

一方、もともと経理の人がスキルアップ、英語力アピールをするのには良いと思います。

当然、試験はすべて英語ですし、財務会計に加えて管理会計の知識を有しているとなれば、経営管理や予算策定など、活躍の場が広がることは間違いありません。

また、経営企画部門やコンサル等への転職なら、知識と英語力のアピールにはなるでしょう。

 

USCMAは独学でも取得可能か?予備校に通うべきか?

さて、そんなUSCMAですが、取得するにはどうしたら良いのでしょうか。

独学でも取得可能なのでしょうか?

結論から言えば予備校を利用するのが賢い選択でしょう。

何度も言いますが、USCMAはマイナー資格ですから市販の日本語テキストなどもちろんありません。

また試験に関する情報は基本的にはすべて英語で、自力で集めるしかありません。

このことから、やはり予備校を利用するのが効率的と言えるでしょう。

僕の同僚はTACに通ったそうで、やはり「こんなマイナー資格を独学で取ろうなんて思ってもみなかった」と言っていました。

 

TACのUSCMA講座

 

f:id:herpes_carrier:20180804224308p:plain

日本ではTACのみがCMA講座を開講しており、受験生の知識レベル別に以下の4つのコースがあります。

なお、重複する部分があるため、USCPAのBEC(Business Environment and Concepts)のコースをそのまま流用しています。

 

USCMA本科生:148,200円(全25回×3時間)

簿記3級・BATIC Subject1の学習経験者を対象とした、会計(財務報告)の基礎から学ぶ、

もっとも初級レベルのコースになります。

 

BEC+USCMA対策コース:122,700円(全21回×3時間)

こちらは簿記1級、BATIC Sub2、税理士、中小企業診断士など、会計の知識をあるていどのレベルで一通り有する人向けのコースです。

会計(財務報告)の基礎は省き、USCPAのBECからCMA対策を学びます。

ちなみにUSCPAのBECには管理会計のほか、経済学やITなど、一般的な会計の試験には含まれない範囲が含まれています。

 

財務報告基礎+USCMA対策コース:93,200円(全8回×3時間)

こちらはUSCPAのBEC学習経験者向けに、財務報告の基礎とCMA対策のコースです。

 

USCMA対策コース:66,700円(全4回×3時間)

CMA対策のみの、もっともコンパクトでレベルの高いコースとなります

 

なお、資格の性質上、簿記の知識が全くない人は対象とされておりません。

コースごとに値段もかなり異なりますので、自分のレベルに対してどのコースが最適なのか、実際に予備校で相談してみるのが一番でしょう。

米国公認管理会計士(USCMA)| 資格の学校TAC[タック]

 

まとめ

USCMAは日本ではマイナー資格ではありますが、アメリカでは知名度の高い資格です。

僕の同僚も、転職を繰り返してきていますが、外資企業での面接時や、海外の取引先との折衝時にはやはり威力を発揮するようです。

また、海外の企業のファイナンスやアカウンティング部門の役職者には複数の資格を名刺に連ねていることが多く、その中にMBAやCPAと並んで、たいていCMAが含まれているそうです。

将来グローバルビジネスの場で活躍していきたいと思う人は、CMAの取得を検討してみてはいかがでしょうか。

 

それでは~。

 

 

スポンサーリンク