キャリまが

ノースキル文系私大卒だった僕が30代で海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できたノウハウを発信!英語・会計資格の勉強法や、その他の雑記を綴るブログです。

英語を使う仕事に30過ぎて未経験から転職した話

f:id:herpes_carrier:20171113121527j:plain

僕は30代になってから、英語での業務未経験の状態からグローバル企業に転職しました。

転職活動をしていた時点での海外経験は新婚旅行で行ったツアーのフィンランド4泊5日だけ。本当にそれだけです。

それが転職後の今では毎日世界各地の取引先や支店の担当者と英語での電話とメールでやりとりをしています。

僕がナゼ未経験の状態から英語を使う仕事に採用されたのか、そのためにやってきたことを書いてみます。

 [目次]

 

英語での実務未経験のからのグローバル転職

ナゼ「英語を使う仕事がしたいと思ったか」

そもそも僕がナゼ英語を使う仕事をしたいと思ったか。

1つは、「たった一度の人生、狭い日本だけで終わるのは嫌だ」と思ったからです。
人生は長いです。

まだまだ20代も終わったばかりで、この先日本だけで生きていくのはつまらないなぁ。また、自分の子供たちにも出来れば海外経験を積ませてあげたいなぁ、と思ったのがきっかけです。

もう1つは、単純に英語を使える仕事の方が給料が高いと思ったからです。
日本も国際化が進んだとは言え、まだまだ日本人の英語コンプレックスは根強く残っています。
つまり「英語が出来る」というだけで、できない人よりも日本人の中ではある一定の評価が得られるのが現実です。

実際、転職エージェントに登録して各企業の求人を見てみると、「TOEIC 850点以上」というように、TOEICの点数でフィルタリングしている会社は多いです。
TOEICスコアが高くなれば高くなるほど、求人の幅は広がります

また、英語での業務の方が、同じような業務の日本語のみでの求人よりも明らかに提示給与は高くなります。
実際自分の場合も、転職しただけで年収は100万近く上がりました

本当に英語をやっていてよかった、と思いました。

 

実務経験「プラス英語」が武器になる

しかしながら、30を過ぎてからではただ「英語ができます。TOEIC850点です」だけでは評価されません。
20代ならポテンシャルを評価されるかもしれませんが、30代はやはり実務経験が評価の対象となります。

そして英語は、実務経験にプラスアルファで強力な武器となります。

僕のケースではこうでした。
これは転職エージェントから聞いた話ですが、僕が申し込んでいた国際経理の求人にはライバルがもう1人いました。年齢は同じく30代前半。
そちらの候補は経理経験6年以上のベテラン、対して当時の僕は経理経験2年未満でした。
経理としての実務経験では圧倒的な差があります。

それでも僕は採用されました。
エージェント曰く完全に英語がネックとなったという事でした。
僕の仕事以外での英語の経験やTOEICスコア850点をアピールしていたのに対し、もう1人の方は英語はイマイチだったとのこと。
結果的に英語が武器となり、実務経験では遥かに劣るライバルに勝つことが出来たのです。

 

場数を踏むにはとにかく話すしかない

英語での実務経験がない以上、とにかく仕事以外の場で英語を「実際に」使ったエピソードを作るしかありません。

自分の場合、市営の英会話サークルに参加したり、電車でたまたま出会ったイギリス人と友達になったり、オーストラリア人のホームステイを受け入れたりしました。

しかし、人によってはそんな都合よく外国人の友達とやりとりする機会は持てないという方もいるかもしれません。

それでもとにかく英語を使う機会を持つにはどうするか。
そんな人にはオンライン英会話がオススメです。
英語を話す機会が欲しい、と思った時、誰でも英会話スクールに通うことを考えると思いますが、通学型のスクールの料金はとても高いのです。
「転職してキャリアアップするためだ!」と思って高いお金を払うのもいいかもしれません。
しかし、個人的な経験から、通学型のスクールよりもオンライン英会話の方が安いだけでなく断然メリットが多いと僕は思います。
オンライン英会話は無料体験ができるスクールも多いので、是非一度試してみることをオススメします。

 

このように、海外経験がなくても、やる気と行動力次第で英語を使う機会は作れるし、英語での実務経験が無くてもアピールになる経験は自分で作ることが出来るものです。

 

>>30歳を過ぎて海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職した筆者がオススメするオンライン英会話はこちら!!<<

スポンサーリンク