キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

経理の実務を勉強したいならAccountants Library(アカウンタンツライブラリー)の講座がお得でおススメ

  • 急に経理に異動になったけど、経理って何やるの??
  • 簿記を取ったけど「試験と実務は違う」って言うし、どうしたらいい?
  • 手軽に経理の「実務」を勉強できる方法ってないのかな?



こんな悩み、よくわかります。

簿記の知識だけでは「実務」には足りない

僕も未経験から簿記を取って経理に異動しましたが、やはり試験の問題を解くのと実務は全く違うもの。
その後、何年も経理として働いてきて思いますが、簿記は最低限の会計の知識を得るためのものであり、経理の実務をやるにはそれだけでは足りません。

もちろん実務をやる中で仕事を覚えていくのは当然ですが、出来ることなら先取りして早くレベルアップしたいですよね?

そんな人には動画で経理の実務が学べる「Accountants Library(アカウンタンツライブラリー)」がおススメです。

経理の実務が勉強できる「Accountants Library(アカウンタンツライブラリー)」とは

f:id:herpes_carrier:20181220231343p:plain:w480
アカウンタンツライブラリー

アカウンタンツライブラリーとは、派遣・転職エージェントサービスのジャスネットキャリア が運営する、動画サービスです。

ジャスネットキャリアは「経理専門」のエージェントで、経理としてキャリアアップしたい登録者のためにこのような動画講座サービスを展開しているのです。


料金プラン

アカウンタンツライブラリーには

  • 無料動画
  • 単品購入
  • プレミアムプラン(月額980円)

の3つの料金プランがあります。

無料動画は基本的な動画が多く、単品購入・プレミアムプランで観れる動画はかなり専門的な内容になっています。

なお、プレミアムプランは登録した月は無料で利用できます。
また、ジャスネットキャリアのエージェントサービスを利用している人はそもそも月額無料で利用できます。

なので、経理としてのキャリアアップを考えている人は、ついでにジャスネットキャリアに登録して転職市場の情報を収集するのも大いにアリだと思います。

ちなみキャリアアップをめざすなら、「勉強してからやろう」ではなく、「勉強しながらやろう」が短期間で成功する秘訣です。

その辺のことは「『ゼロから始める英文会計入門』の著者、建宮努先生に聞いてきた。何のために資格とるの?」でも詳しく書いてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。


動画の特徴

さて、アカウンタンツライブラリーの動画ですが、

  • 日常経理・財務実務
  • 税務(法人税・所得税)
  • ITスキル(エクセル・会計ソフト)
  • 人事労務(給与関連)
  • 資格対策(簿記)

などのカテゴリーがあり、経理まわりの業務やスキルを幅広く取り上げています。

しかもそれだけでなく、家族・中小企業のひとり経理から、大企業で初めて経理の一部分を担当することになった人まで、企業規模に応じて必要なポイントをイイトコどりで学べるようになっている印象を受けました。

講師は現役の税理士さんなど。

この松田先生とか、本もいっぱい書いてるしセミナーでもお馴染みですよね。
僕もリアルでセミナー受けたことあります笑



なお、動画講座にはサンプル もありますので、一度チェックしてみてください。


サイトの使い勝手

なお、動画はブラウザにてWebサイト上でストリーミング再生されます。
PC上での再生はこんな感じで、YouTubeの埋め込み動画の再生となります。


YouTubeの機能として、スローや倍速で再生することも可能です。
速度を変えられるのは地味に助かるんですよね。

スマホだとこんな感じ↓


なお、講義で使用する資料はPDFでダウンロードすることができます(結構ボリュームが充実しています)。

また、各動画に専用の問い合わせ窓口があり、わからない事は質問することもできます。

  • スマホやタブレットでも見られる点
  • 資料がデータで手に入る点

は、仕事のスキマ時間で勉強するにはピッタリと言えるでしょう。


簿記だけでは学べない、「実務」を勉強することができる

僕は、もともと新卒では営業に配属され、のちに経理の仕事に興味を持ち、自分で簿記を取って希望を出して経理に異動しました。

そこで感じたのは、サッカーに例えるなら、「簿記はあくまでルールに過ぎない」ということです。

ルールは最低限覚えるべきものであって、ルールを理解したからと言ってサッカーの試合で活躍は出来ませんよね?

ボールの蹴り方ひとつ取ってもセオリーがあり、何度もボールを蹴ることによって特に意識せずとも思った方向にボールを蹴ることができるようになります。

簿記の教科書に書いてある通りの事が起こるわけではないのが実務の世界です。

それが知識と実務の違いなのかな、と思いました。

僕が経理に異動したのは20代後半の頃でした。

もう「若さ」だけで許してもらえる年齢ではありませんでしたし、周りには会計学科卒の新人なんかもいましたから、少しでも早く実務を覚えきゃと、必死でした。

なので、このような実務向けの動画サービスのありがたみがよく分かります。


税務はやや弱いかも

さて、このように経理実務の勉強ができるアカウンタンツライブラリーですが、率直に言って「税務」はやや弱いかな、という印象です。

経理マンとしてステップアップしていく上で避けては通れないのが法人税の申告業務です。

自分も過去に2年間ほどしかやってませんが、法人税の申告業務はかなりクセのある業務で、初心者には非常にとっつきにくい仕事だと思います。

アカウンタンツライブラリーには、法人税の申告業務に対応できる動画講座はありませんね。

せいぜい日常の経理処理の中での交際費や固定資産の仕訳レベルです。

法人税申告業務の実務を予習したいのであれば、大原の実務力養成シリーズがオススメです。
僕が経理に配属された後、実際に受講したのが大原の実務力養成シリーズでした。

専用のテキストつきで、問題を解きながら非常に難解な別表作成を擬似体験することができます。


月額980円なら大いにアリ!

税務がやや弱いとはいえ、これで月額980円はかなりお得だと思います。

しかも、登録した月は無料ですから、1ヶ月だけ短期集中で勉強するというのは非常に効果的だと思います(ちなみにプレミアムプランの月額は25日〆なので、毎月26日に登録すれば1ヶ月フル活用できることになります)。


いや〜、教材系動画サービスが充実してきましたね。
経理に限らず、これからこういうサービスはどんどん出てきそうで、楽しみです!

それでは〜。


関連記事:最短でキャリアアップできる、簿記・英文会計資格まとめ



スポンサーリンク