キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が語る、キャリアアップ体験談ブログ

副業ブログで5万円!再びマインド編:初心者の頃にやりがちな5つの間違い

f:id:herpes_carrier:20190125221601j:plain:w640
こんにちは。キャリまが管理人のヘルペスもちです。
全6回でお送りしてきた「副業ブログで月収5万円」シリーズも、ついに最終回です。


今回は再びマインド編ということで、「初心者ブロガーが犯しがちな勘違い」について書きたいと思います。

なんだかんだでマインドに始まりマインドに終わることになってしまいました笑
「けっきょく精神論かよ!」というツッコミを受けそうですが、ブログで稼ぐ事において、やはりマインドは重要なんですよね。

なぜならブログをはじめとするネット収入は、いわゆるサラリーマン労働の収入とはまったく構造が異なるからです(サラリーマン労働をdisる意図はありません、念のため)。

僕が5年間まったく稼げなかったにもかかわらず、6年目に収益が伸び始めたのは、明らかにマインドを変えたのがきっかけでした。

というわけで、「副業ブログで月収5万円」シリーズ最終回、初心者のころに犯しがちな間違いについてです。

バズ狙いがち

まずこれ。
これは僕もやってました。

ブログ始めるきっかけって、だいたい憧れのブロガーみたいな人がいて、その人のオピニオン記事に触発されて、という人が多いと思います。

僕の場合は「脱社畜ブログ」に憧れたのがきっかけでした(注意:昨今話題の「脱社畜サロン」とはまったくの別物です!)

それではてなブログだと、たまたま書いた記事が運良く(悪く?)「ホットエントリ」に掲載されてバズっちゃったり、なんてことがあるわけです。
そうしたらもう「良いこと書いて、バズればアクセス集まるんやな」という勘違いの始まりです。

バズなんて一瞬で終わります。

ブログで収入を狙うなら、そういう一過性のアクセスではなく、長く、多くのユーザーのためになる記事を書く必要があります。

つまりバズを狙う必要はまったくありません。 目指すべきは検索流入であって、バズではないのです。


ブロガー同士馴れ合いがち

そのむかし「はてな互助会」という言葉がありました。
はてな互助会とは、ブロガー同士、スターを付けあったり、相互にはてブを付けあったりする行為のことです。
最近だとTwitterでフォローし合ったり、というのが盛んですね。

これホント無駄ですので、やらなくて良いと思います。

確かにブログ開設当初ってアクセスがリアルにゼロなので、そういった互助会的なレスポンスでもあれば励みになるというのはあると思います。
しかしこれ、すぐに思ったほど意味が無いということに気がつくと思います。

だって自分が何人も読者登録してる人のブログが更新されて、読みます?
Twitterでおつきあいで相互フォローしてるブロガーさんの記事更新されたら読みます??

もし漏らさず読んでるという人がいたら相当ヒマですよ。
言うまでもなく、そんなヒマあったら記事かくなりリサーチするなり作業した方が良いです。

だいいち自分と同じ初心者のブログ見ても学ぶ事はないです。
そんなわけで、SNSの相互フォローとか、はてなの読者数とか、あんまり意味がないのです。

お金は要らない、趣味の延長でというのであればそういう楽しみ方も全然ありだとは思います。


「こんな事もう他の人が書いてるし」とか思いがち

これは初心者のころ、特にやりがちだと思います。僕もそうでした。

これには以下の2つのパターンがあります。

  • 「自分の知識レベルが低くて発信するほどじゃない」と思っている
  • 「検索上位を取れないネタは書く意味がない」と思っている

1つずつ説明していきます。

自分の知識レベルが低くて発信するほどじゃないと思っている

これ、ブログを始めたころ、何書こっかなーと考えている時に必ず頭をよぎると思います。
何かについて語ろうと思った時に「でも自分より知っている人なんてたくさんいるし」と思ってしまうんですよね。

でもこれは全く気にしなくていいです。

あなたの知識がトップレベルじゃなかったとしても、あなたよりも知識が劣る人はたくさんいます。
その人たちにとってはあなたの知識でも十分参考になるのです。その人たちに向けて記事を書きましょう。
よく言われるのは「過去の自分に向けて記事を書く」ということですね。

これは何も専門分野や趣味の領域に限ったことではありません。
たとえば、親知らずを抜いたことがない人にとっては、実際に親知らずを抜いたことのある人の体験談は十分よむ価値がありますよね?

「検索上位を取れない記事は書く意味が無い」と思っている

これもありがちですね。というかまさに過去の自分がそうでした。
これもまったく気にする必要が無いです。

あなたが書いた記事の入り口は検索エンジンだけではないですよね。
例えば僕のブログのサイドバーや記事下には、オススメ記事のリンクが目立つように掲載してあります。
これらの記事は、検索流入を含むなんらかの経路でやってきたユーザーにとって関連性のある、興味のありそうな記事(もしくは関連性はないけど万人が興味のある記事)を提示してあります。
他にも、いろんな記事の中で内部リンクを張り巡らせてあります。

つまり、ある記事の入り口は検索エンジンだけではないのです。
なので、検索上位とかは気にせず、とにかく記事を書きましょう。


デザインに凝りがち

これね。僕も散々やりましたよ。
まず大前提として、今はほとんどの人がスマホでブログを読んでます。
なので凝ったデザインなどを取り入れても、ほとんど意味がありません。

それよりも重要なのは、読みやすさとコンテンツです。

皆さん自身もそうだと思いますが、ネットサーフィンしてる時って、基本はザーッと流し読みしていて、そのなかで熟読する記事って10記事に1つくらいだと思います。

そんな時って、そもそも頭が「熟読モード」になっていないので、文字ビッシリで改行ナシみたいな記事が出てきたら、読まずに「戻る」しませんか?
僕はします。

なので、デザインよりもまずは「ネットで読んでもらえる文章」の書き方を意識することが重要です。

  • 適度に改行を入れる
  • 漢字ばかり並ばないようにする
  • 平仮名ばかりにならないようにする

みたいなところですね。
紙の本が好きな人ほどこういったテクニックに抵抗をいだく傾向があるように思いますが、そこはマインドを転換してください。

これは何も難しい話ではなく、自分がネットをやっていて「読みにくいな」と感じる記事と同じことをしなければ良いだけです。

逆に、思わず読みふけってしまい、内部リンクを辿っていくつも記事を読んでしまったようなブログに出会った時は、「なぜ自分はそんなに読みふけってしまったのか」を徹底的に分析しましょう。


「行ってみた」系の記事、書きがち

これは一概に間違いとは言えないのですが、僕なりの考えを書きます。

ブログのネタは、普段の生活や経験の中から見つけるものです。
そうなると、旅行だったり、外食に行った経験は格好のネタになりますよね。
「〇〇 行き方 駐車場」などのキーワードとか、確かに検索需要もありそうです。

そんなわけで僕も当初は家族で行った旅行や、子どもとのちょっとしたおでかけスポットについて記事を書いたりしていました。
でも今はそういった「行ってみた」系の記事は書きません。

なぜなら単純に「大変だから」です。

そういった記事って、当たり前ですけどその場所に行かないと書けないですし、写真もいっぱい撮って編集したり、言ってしまえば「コスパが悪い」んですよね。

場所と時間を選ばずできるのがブログの良いところだと思っていますので、そういう「行ってみた」系の記事は副業としてはあまり向かないのかな、と僕は思います。
旅行や外食の最中に「ここの写真撮って、こんな記事構成にして」なんて考えたくないですもんね。

もちろん旅行記や食べ歩きに特化したブログといえのも、コンテンツとしてはアリだと思います。
ただ「副業」という意味では大変ということです。


「アフィリエイト=怪しい」と思いがち

これ、僕も5年間思っていました。

でも、色々調べてみたり、自分でやってみたりしてわかったのですが、アフィリエイトは全く怪しいものではないですね。
単なるマーケティングのいち手法に過ぎません。

「誰でも簡単に稼げる」みたいな謳い文句で高額な情報商材を販売する怪しい連中がいる事は確かです。が、基本的には誠実に愚直に、ユーザーにとって有益な情報発信を追求した人が稼げる世界です。

詳しくは、このブログでも何度も紹介していますが、こちらの書籍を読んでもらえればわかると思います↓


また、報酬の高い案件を購入してもらうよう恣意的な記事を書いているサイトもあると思います。(それもありです。優秀なセールスマンというわけですから)

でも、そんなことしなくても、自分が実際に使ったことがあって、本当に良いと思った商材を取り扱うだけでも、月収5万円は十分達成可能です。

そのためには、「アフィリエイト編」でも紹介したようにASPにはひと通り登録して、紹介できそうな案件を片っ端から探してみることをオススメします。


ノウハウコレクターになりがち

最後に、多くの人が陥りがちなのがコレかなと思います。
僕はあまり無かったのですが、とにかく正解を探し求めていろんな教材に手を出してしまうんですよね。

でも正解なんてありません。

いろんな教材を読んでみても、きっとどれも似たようなことが書いてあるだけです。
それよりも大事なのは「実践」です。

ブログアフィリエイトで結果を出すにはとにかく「作業」です。

とりあえず今読んでいる「副業ブログで月収5万円」シリーズ全6回をよんだら、あとはとにかく実際に作業してみてください。
で、たまに振り返りをして、分からないことを調べ、また作業の繰り返しです。

感覚的には「インプット:アウトプット=2:8」くらいのイメージですね。


まとめ

というわけで、全6回でお送りしてきた「副業ブログで月収5万円」シリーズの最終回でした。 でもやっぱりマインド大事なんですよね。

僕が月収5万円を達成するまでにやったことを端的にまとめると、

  • 圧倒的なマーケティング視点
  • 「拾える球はぜんぶ拾う」という意識

この2つかなと思います。

ブログアフィリエイトって、誰にも会わずに収益が発生するのですが、お金が発生する以上、その先にはお客さんがいるわけです。
で、突き詰めていくとお客さんというのは他でもない、ブログを読んでくれている読者の皆さんなわけです。

読者はどんな人で、何を求めているのか。
それを徹底的に考え抜きましたし、これからもそうしていくつもりです。

もう1つは、面倒くさいことを面倒くさがらずにやる、「拾える球はぜんぶ拾う」という意識です。

ブログの更新やリライト、リンクの貼り直しなど、正直ダルいです。
ホント地味ですよ。

でもその1つ1つの積み重ねが結果につながりました。

最初の半年くらいは大変だと思います。 自分を騙しながらアドレナリンの力で乗り切りましょう笑
あるていど軌道に乗ってきたら、あとはそこまで手をかけなくても自動で収入が発生するので、やはりブログは副業としてはかなり優秀だなと思いますね。

この記事が、皆さんの参考になることを願っています!

それでは〜。


スポンサーリンク