キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が語る、キャリアアップ体験談ブログ

「WordPress」とか「レンタルサーバー」のしくみがわからない!実際やってみてわかったので、解説

f:id:herpes_carrier:20190113215950p:plain:w640
WordPressって聞いたことあるけど、導入した方がいいのかな?
「レンタルサーバー」とか難しそう!
WordPressってインストール必要なんでしょ?うちのPCのスペックで大丈夫かな…?


僕はこれまではてなブログ一本でやってきましたが、このたびWordPressでサイトを開設したので、自分が疑問に思っていたことについて答えたいと思います。

こんにちは。キャリまが管理人のヘルペスもちです。
昨年からブログ収益化に本腰を入れ始め、5ヶ月目に月収5万円を達成しました。

ここまではてなブログ一本でやってきましたが、今後もネットビジネスをやっていこうと思うと、やはり「WordPress」は避けて通れないと思っていました。
ただ、このブログ「キャリまが」も300記事を超えており、今からはてなからWordPressに移転するのは正直めんどうだなと思っています。

しかし、正直にに言えば「そもそもWordPress自体わからないことだらけ」というのが本音のところでした笑
自分が特に解らなかったのは、

  • WordPressって何なの?ソフトウェアなの?
  • うちのMacBook古いんだけど、スペック的に大丈夫?
  • WordPressで編集した記事を、どうやってサーバーにアップロードするの?
  • FFFTPとか使うの?
  • で、結局いくらかかんの?

といったところ。

そんな状況でしたが、今年はもともと新サイトを作ろうと思っていたので、満を持してWordPressを導入してみました!

なお、WordPress導入にあたっては、最初から最後まで「ブログ部」さんのこちらの記事↓を参考にさせて頂きました。

参考:【WordPressの始め方】初心者でも簡単!全手順を画像付きで徹底解説

大変わかりやすく、書いてある通りに進んでいくだけでスムーズに設定することができました! この場を借りてお礼申し上げます。

これからWordPressを導入しようという方は、ぜひブログ部さんの↑の記事を参考にしてください。

そんなわけではじめてのWordPress。 やってみて初めて理解したことが多かったので、ざっくりとまとめてみます。



「WordPress」と「レンタルサーバー」の関係について

そもそも「WordPress」ってなに?

さてまず最初にそもそもWordPressって何なん?という事について。

WordPressはざっくり言うと、HTMLやCSSなどの言語の知識が無くてもブログやWebサイトを簡単に作ることができる「ソフトウェア」のこと。

WordPressといえばブログ、という感じで知られていますが、実際にはブログ以外にも企業のWebサイトなど、世界中のWebサイトの約3割はWordPressで作られていると言われています。

そのくらい普及しているWebサイト作成ソフトの一種のスタンダードということですね。

なお、WordPressは無料で使えます

WordPressって、PC上にダウンロードしてインストールして使うの?

WordPressはソフトウェアですが、インストールするのは自分のPCではなく、レンタルしたサーバーになります。

僕がいちばん懸念していたのが、「うちのMacBook古いんだけど、まともに動かなかったら嫌だな…」ということでした。

しかし、WordPressをインストールするのはレンタルしたサーバー上であって、そこにログインしてサーバー上でブログ編集する事になりますので、PCのスペックは関係ありません。 また、データはサーバー上にあるので、スマホからアクセスしてブログの投稿を行うことも可能です。

「レンタルサーバー」って何?

ブログやWebサイトを運営するには、それらのサイトを構成するファイルをどこかしらのサーバーに保存して、そこにドメインを割り当てて、インターネット上に公開する必要があります。
そのために借りるのがレンタルサーバーです。

僕は「エックスサーバー 」というサーバーをレンタルしました。

なおエックスサーバーには、「WordPress簡単インストール」という機能があり、サーバー契約すると、マイページにら簡単にWordPressをインストールすることが出来ます。

詳しくは全て ブログ部さんの記事 で手順が解説されています。

なお、レンタルサーバーは有料になります。

独自ドメインって何?

ドメインとは要するにブログのURLのこと。

レンタルサーバーを借りてブログを公開する場合、独自にドメインを取得し、自分のブログに割り当てる必要があります。

僕は「お名前.com 」で取得しました。

ドメインはインターネット上に唯一無二のものとなり、早い者勝ちです。

なお、独自ドメインの取得と維持は有料になります。

結局いくらかかんの?

さて、ブログを運営するにあたり、いちばん気になるであろう、費用についてです。

WordPress + レンタルサーバー + 独自ドメインでサイトを開設する場合の費用はこんな感じ↓

サービス 料金
WordPress 無料
レンタルサーバー 月約1000円
独自ドメイン 年約1000円

エックスサーバーは3ヶ月契約から3年契約まであり、長い期間を先払いするほど、月あたりの単価が安くなります。 ちなみに僕は1年(12ヶ月)契約で計14,580円払いました。

はてなブログProが月1008円なので、レンタルサーバーとコスト的には変わんないですね。

次に独自ドメインは早い者勝ちなので、使いたいドメインがまだ使われていなければ取得可能です。 また、ドメインの後に着く「.com」とか「.net」によって値段が変わり、お名前.comでは1年間の契約になります。

僕はだいたい「.com」にしてますが、これはホントに好みの問題らしいです。
あとは、なんとなく信用できるか、とかですね。

というわけで今回支払った金額は

  • Xサーバー 1年分:14,580円
  • ドメイン代 1年分:1,080円
  • 合計:15,660円

たったのこれだけでネットビジネスが始められます!
ビジネスのイニシャルコストとしては安すぎですね。

ちなみにWordPressでは、ブログやWebサイトのデザインをカスタマイズするための「テーマ」が存在します。
無料のテーマもあるのですが、有料のテーマが気に入った場合、だいたい10,000円くらいで購入できます。

なお、有料テーマは1回買い切りで、あとは何個サイトを作ってもすべてに反映させることができます。

まとめと図解

今回学んだポイントは

  • WordPressはレンタルサーバー上にインストールするのでPCのスペックは関係ない
  • レンタルサーバーの料金ははてなブログProとそう変わらない

というところ。

僕ははてな無料→はてなPro & 独自ドメイン という風に段階を経ましたが、やっぱりレンタルサーバー借りて、WordPressのほうが難易度は高いと感じました。

ブログを始めたばかりの頃は、とにかく「記事を書くことに慣れる」というのが第一かと思います。

そういう意味では僕は、難しい事はいっさい気にせず書けるはてなブログから始めて良かったなぁと思いました。 いきなりWordPressから始めて継続してる人は凄いと思います!

ちなみに、このブログはすでに300記事を超えており、これから移転するのは面倒そうなのでとりあえずははてなブログのまま書き続けるつもりです笑

それでは〜。

次に読む:副業で月収5万円稼げるブログと稼げないブログの違い

スポンサーリンク