キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が語る、キャリアアップ体験談ブログ

副業ブログで月収5万円:5ヶ月でPVを爆発的にアップさせた方法

この記事は全6回で送りする「稼げるブログと稼げないブログの違い!と、月収5万円稼ぐ方法」の第2回です。
その他の記事は下記からご覧ください。

こんにちは。
キャリまが管理人のヘルペスもちです。

僕はサラリーマンの本業の傍ら、副業でブログを書いています。

2018年7月から本格的にブログの収益化に取り組み始め、それから5ヶ月目の11月(先月)にはおかげさまで月収5万円を達成しました。

今月の着地もあるていど見えはじめ、どうやら月収5万円は安定してきたようです。

そんなこのブログですが、実は開設したのは2013年の3月で、もうかれこれ6年目なのです・・・。
去年までの収益は月に数百円とかでした。マジです。

というわけで、人一倍稼げない時期の長かった僕だからこそ、「稼げるブログと稼げないブログの違い」についてリアルに語れるのではないかと思い、全5回に分けてお送りしています。

前回は「マインド編」ということで、精神論チックな話でしたが今回はもう少しテクニカルな、「PVを上げる方法」について、僕の経験に基づいて書きたいと思います。

少し長いですが、初心者の方で「思うようにPVが伸びなくて悩んでいる」という人には、それなりに有益な情報になっていると思います。

参考:過去2年のPVの推移

話を始める前に、参考に僕のブログのPVと収益の推移を載せておこうと思います。
5年間全部載せてもアレなので、2017年1月からの2年分を載せておきます。


僕のブログのPVですが、上の画像のとおりしばらく月100〜5000PV弱でずーっと推移してきました。
ちなみに5年で250記事くらいあったと思います。

それが収益化に本腰を入れ始めた7月から爆発的に伸び、5ヶ月後の11月では約5万PVにまでアップしました。
このPV推移を前提に、話を進めていきたいと思います。


5年かかってわかった、PVを上げる方法

ご覧の通り、僕のブログのPVは5年間1度も浮上することなく、低迷を続けて来ました。
そんな状況でよくやめなかったな、と自分でも不思議に思います。

単純にそこまでお金に困っていたわけではないので、別に稼げないからといって特にやめる理由もなかったのです。

とは言え、開設当初から収益化は意識しており、AmazonアソシエイツとA8.netだけは利用していました。

5年間、A8の発生はゼロ・・・。月数百円の収益は全てAmazonからのものです。

そんな低空飛行を続けてきたブログですが、2017年の9月に気まぐれに「独自ドメイン」に移行しました。
また同時に、これまた気まぐれにGoogleアドセンスにも登録しました。


「独自ドメイン」は必須

5年もやっててホント今更なんですが、やっぱり独自ドメインは必須だったようです。

それまでははてなブログのレンタルドメイン(ドメイン.hatenablog.com)を使っていました。

独自ドメインに移行したのが2017年9月。
それから約半年後の2018年3月から、顕著にPVが上向き始めているのが分かります。


レンタルドメインだとSEOに弱いとは聞いていたのですが、ここまで顕著に結果に表れるとは思っていませんでした。

PVが集まれば収益にもつながる

しかもなんと4月には、それまで5年間、死んだように何の反応もなかったA8で、人生初めての発生があったのです。
一件でいきなり4000円です!



これにはシビれました。
アフィリエイト報酬なんてもはや都市伝説だと思っていましたからね笑

関連記事:ついにA8.netで初めての報酬が振り込まれた

やはり、PVが伸びればそれなりに収益もついてくるのだと、感じました。

ただし、PVさえ伸ばせば必ず収益につながると言うわけではありません。その辺の詳しいことはまた次の記事で書きたいと思います。

こうして3月にPVが上向きはじめ、4月に人生初のアフィリエイト報酬が発生したわけですが、実はこの頃はブログをほぼ放置していたので笑、これに気づくのは5月になってからでした。

そさてこれをきっかけに、記事更新を再開し、ついに7月から本腰を入れてブログの収益化に取り組むことに決めたのです。



まさに「小さな成功体験」というやつですね。


PVを集める記事とは?

さて、「PVを集める記事=読まれる記事」とはどんな記事だと思いますか?

僕は、読まれる記事というのは下記の2種類だと思っています。

  • A: SNS、ネットニュース等で拡散される「面白い」記事
  • B: Googleで検索される「役に立つ」記事

です。
そして、僕のような個人の副業ブロガーが目指すべきはBです。

僕も5年間、「面白い」記事を書こうと思って頑張ってきました。
面白いこと、良いことを書いていれば、読む人の心を打ち、拡散され、やがてPVに繋がるだろうと思っていたのです。

しかしこれは誤りでした。

「面白い」や「感動する」と言った感想は、あくまで主観的なものですよね?
仮に自分が面白いと思って書いた記事でも、それを他人が面白いと思ってくれるとは限りません。
というか大体の場合スベります。

単に稼ぐことが目的であれば、そこを目指すのは得策ではありません。
面白いことを書いてPVを集められるのは、文章の才能がある一部の人だけなのです。

ではどんな記事を書けば読まれるのか。

それは、例えば何かのノウハウや、実際に購入した商品のレビューなどの、事実や実体験にもとづいた「情報」です。

人々は、何か知りたいことがあった時、Googleでそれを検索します。

そうして検索されてヒットする記事こそが、役に立つ、「読まれる」記事なのです。

僕は自力でこれに気づくのに5年かかりました。


「役に立つ」記事の例

では役に立つ、検索される記事とはどんな記事なのか。
実例を挙げて説明してみたいと思います。

下記の記事は、独自ドメイン化する前の僕のブログのアクセスの大半を占めていた記事です↓

参考:100均で買える道具でエアバギーのパンクを修理してみた
※1分ほどで読めます。なお「エアバギー」とは我が家も愛用の人気のベビーカーのことです

こちらは、ベビーカーのタイヤのパンクを自力で修理した経験談の記事ですが、まさに「お悩み解決」系の記事ですよね。
この記事を書いた当時は、「どんな記事が読まれるか」なんて全く意識して書いたわけではないのですが、結果的にこの記事は長らく「エアバギー パンク」という検索キーワードで メーカー公式サイトに続く第2位に表示され続け、毎日20〜30PVほどの安定したアクセスを細々と稼ぎ続けてくれたのです。

この記事が読まれる理由は明白です。
まさにエアバギーのタイヤがパンクして困っている人が その修理方法を検索してたどり着いているのです。

あーこういう記事が読まれるのか」と、悟った瞬間でした。

狙うべきはニッチな検索キーワード

悩みごとを抱えた人が検索してたどり着く。
それが読まれる記事の条件だという事がわかりました。

そして、悩み事を抱えた人に来てもらうには、検索に強くなければいけません。
先ほどの記事も「エアバギー パンク」という検索結果で上位に表示されなければ、毎日人が来てくれる事はありませんでした。

この記事が検索上位に表示された理由は、単純に「競合が弱かったから」に他なりません。

たとえば、これが「エアバギー レビュー」とかのキーワードだったら、上位を取るのは至難のワザだったでしょうね。
このような「商品名+レビュー」で検索する人は、そもそもその商品の購入を検討している人で、レビュー記事からそのまま商品購入に繋げれば収益を得ることが出来ますからね。

試しに「エアバギー レビュー」で検索してみると、


1位、2位は子育て系のママブロガーで、3位、4位と、企業運営っぽいアフィリサイトが表示されています。

ママブロガーはベビー用品関連の記事を数多く書いているでしょうから、Googleからの評価も高く、ベビーカー記事で勝つのは至難の技です。 また企業サイトも物量にモノを言わせて上位を取ってきますので、「商品名+レビュー」のような、いわゆるビッグワードで戦うのは分が悪いのです。

しかし、「エアバギー パンク」や「エアバギー パンク 修理」なら、そこまで競合は強くありませんので、僕のような雑記ブログの気まぐれ記事でも、長らく上位に居座り続けられているというわけです。

個人ブロガーが副業で勝負するなら、こうしたニッチなミドルワードスモールワードを狙うべきなのです。

このように、誰がどのような悩みを持って検索するのかを意識して、検索されるであろうキーワードをタイトルと見出しに含めて、まずは100記事くらい書けば、その中からいくつかアクセスが集まる記事が出てくるはずです。


必ずしも全ての記事が検索上位をとる必要はない

さて、上ではPVを上げるには検索上位を取ること、と書きました。

しかし、PVを伸ばすには必ずしもすべての記事が検索上位を取る必要は無いのです。
僕の経験上、検索上位を取るよりももっと効率よくPVを伸ばす方法があります。

それは「関連記事による内部リンク」です。

検索上位を取って新しい読者を呼び込んでくるより、既にサイトに来てくれた読者に2ページ、3ページと読んでもらう方が簡単だと思いませんか?

キーワードから読者の属性を想像する

例えば、「エアバギー パンク」と検索して訪問してくれた人はどんな人でしょうか、想像してみましょう。

  • エアバギーを持っている
  • 0歳から3歳くらいの子どもがいる
  • 30代〜40代くらい
  • 10万円近い高級なベビーカーを購入できる年収
  • 奥さんにパンク修理を頼まれた男性?

などなど、思いつきます。
もしかしたら、子育て中でお金に困っているかもしれませんし、年齢的に保険やマイホーム購入にも興味があるかもしれません。

このように検索キーワードから、読者の年齢や経済状況、性別、趣味・嗜好などがあるていど予想出来てしまうのです。
このような分析から僕は、下記のような関連記事を書き、例のエアバギーパンク修理の記事に内部リンクを貼りました。


これらの記事は、エアバギーのパンク修理に興味がある人なら、興味を持ってクリックしてくれる可能性が高いですよね?
実際、上記の関連記事は、公開直後から、キーワード検索上位に全く入っていないにもかかわらず、毎月一定のアクセスがありました。

このように、関連記事を内部リンクでつなぐことで、1人の訪問者を直帰(1記事だけ見て離脱すること)させずに、2PV、3PVと増やすことが出来るのです。

僕は前職の仕事でよくショッピングモールに出入りしていたのですが、モールの「トイザらス」の隣には写真スタジオの「スタジオアリス」と、「ほけんの窓口」がある事が多いのです。

なぜだかわかりますか?
トイザらスの客層、すなわち小さな子どもを持つ親世代は、当然子どもの記念撮影にも興味がありますし、保険にも興味があると考えられますよね。
反対に、写真撮影の待ち時間や、親が保険の話を聞いている間に子どもをトイザらスで遊ばることで、玩具の売上アップものぞめます。



このようにショッピングモールは、効果的に店舗を配置することで相乗効果を狙っているのです。

ブログでも、この「ショッピングモール戦略」をやることで訪問者の回遊率を上げることが出来るのです。

この考え方で、内部リンクを強化しつつ関連記事を書きまくっていった結果、7月以降の爆発的なPVの伸びにつながったのです。



記事は「群」で考える

なお関連記事といっても、1つや2つではなく、5〜10記事をまとめてブチ込みましょう。
記事を書くときは、はじめからそれ単体ではなく複数記事のまとまった「」で考えると、PVアップに効果的です。

皆さんが今読んでいるこの記事もそうです。
まだ途中ですが、「副業ブログで月収5万円稼いだやり方」というテーマで、4~5記事ほどの連作にするつもりで書いています。

そうすることで、テーマに興味のある人は、1記事目から5記事目までまとめて読んでくれる可能性が高くなり、その分PVに貢献してくれるというわけです。


まとめ記事をつくる

あるていどの記事の群ができたら、それをひとまとめにした「まとめ記事」を書きましょう。
そしてまた、目立つところに内部リンクを貼ります。

すると、そのまとめ記事を読んでくれた人は、その中にまとめられている記事を上から下まで読んでくれる可能性が高いです。

これは、PVを上げるため、という目的もありますが、そもそも「ユーザー(=読者)にとって、欲しい情報を探しやすくしてあげる」ためでもあるのです。
サイト運営においては、つねにユーザーの利便性を第一に考える事が非常に重要です。

結局のところ、ユーザーの求めている情報は何か?ユーザーのためになる事は何か?をとことん考え、それに応えることがブログの成功の全てと言っても過言ではないのです。

なお、上記のような施策をやったからと言って、必ずしもすべての人が内部リンクを伝っていろんな記事を読んでくれる訳ではありません。

テーマや、リンク貼り方の工夫次第ではありますが、例えば100人の新規来訪者がいたら、そのうち関連記事をクリックしてくれるのは10人くらいいたら万々歳ではないでしょうか。つまりこの場合「クリック率=10%」ですね。

ちなみに、ブログアフィリエイトでは、このように「確率を見積もること」も非常に重要となります。詳しくはまた、次回の記事で書いていきたいと思います。

まとめ

今回は副業ブログで月収5万円稼ぐために重要な、PVの増やし方について書いてきました。

まとめると

  • 「面白いこと」ではなく、「読者の知りたいこと」を書く
  • ニッチなキーワード(ミドルワード、スモールワード)で検索上位を狙う
  • 既にアクセスを集めている記事から内部リンクを貼って回遊してもらう(ショッピングモール戦略)

以上です。

そして繰り返しになりますが、もっとも重要なことは
常にユーザー(=読者)のことを第一に考える
ということです。
それさえ出来ていれば、自ずとPVは伸びてくると言っても良いでしょう。

僕は5年間、何も考えずに記事を書きながらも全くPVが伸びないので、「自分のサイトには何か重大なペナルティでもあるんじゃないか」と考えていました笑。

しかし、そんな事はありませんでした。

現に、先ほど紹介したようなエアバギーのパンク修理の記事は細々とながらアクセスを集め続けていました。
要は、ああいった「読者のためになる」記事を書いていなかったから、PVが伸びていなかっただけなのです。

初心者の頃って、初めて数ヶ月で何万PVとかを達成している人を見て、「ああいう人は何か裏ワザを使っているに違いない」とか思いがちですが、そんな事はなかったんですよね。

そうした人たちは、単にやるべきことを着実にこなしていただけなのです。

さて、続きはまた次回の記事で。
次回は、副業ブログで月収5万円の、いよいよ収益を上げた方法についてです。

それでは〜。



スポンサーリンク