キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

小学生が、学校以外でプログラミングを習える教室・コース【タイプは2つです】

  • 「2020年から小学校で必修化になるけど、そもそも小学生から習う意味ってあるんだろうか?」
  • 「小学校だけでプログラミングって学べるのかな?」
  • 「小学生が学校以外でプログラミングを習うにはどんな方法があるんだろう?」


こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • 小学生がプログラミングを習う意義について
  • 方法その①:オンラインで習う
  • 方法その②教室に通う

こんにちは。キャリまが管理人のヘルペスもちです。

2020年からの小学校での必修化に向けて、「子どもにプログラミングを学ばせたい」という人が増えてきています。
我が家も小学一年の男の子がいるので、最近はリサーチも兼ねて、本を読んだりタブレットでゲームを作ったりしていました。

しかし、「そもそも小学生からプログラミングを学ぶ意味があるのか?」と、疑問に思う人もいると思います。

ちなみに僕は、学生時代は全くの未経験でしたが、社会人になってから独学で勉強し、3年ほど仕事で使っていた時期もあります。

今日はそんな経験から、書いてみたいと思います。

小学生がプログラミングを習う意味はある?

そもそも、小学生のような小さいうちからプログラミングを学ぶ意味はあるのだろうか、と疑問に思っている人も多いと思います。

これは大いに「意義はある」と言えます。

政府が2020年から必修化を進めている背景もそうですが、現在、これまでにないスピードでインターネットやAIの活用シーンが広がっています。

今後、私たちの生活の中にはAIやインターネットは当たり前に存在する世の中になるのです。

たとえば現在、パソコンを使って仕事をしない会社は無いと思います。
つまり、パソコンの操作が出来るということは、働く上での必須スキルであるということに異論がある人はいないと思います。

そして、これからはIoT(Internet of Things)と言われているように、あらゆるものにコンピューターが組み込まれ、インターネットに接続される時代になります。

たとえば、あなたの家のエアコン、冷蔵庫、車から、服や靴、メガネまで、身の回りのあらゆるものがインターネットと接続されるようになるのです。

そんな世の中では、今パソコンが使えるのと同じくらい、プログラミングが出来て「コンピュータを操作できること」が当たり前に求められるようになります。

仮に、プログラミングが出来なかったとしても、プログラミングについての最低限の知識がないと、「当たり前にコンピュータが組み込まれたあらゆるモノ」についての話が出来ないという時代になるのです。

そのような時代では、プログラミングができる人材の需要がますます高まります。

政府が2020年から小学校のプログラミング教育を必修化するのには、そんな背景があるのです。

とは言え、公立小学校の教員の多くがそもそもプログラミングというものを理解しているとは到底考えにくく・・・、本当に小学生のうちからプログラミングを学ぼうと思ったら、学校以外の方法を探すしかないと、僕は思います。

というわけで、学校以外でプログラミングを学ぶ方法を紹介します。

方法は2つ。

  • その①:オンラインで習う
  • その②:スクールに通う

です。
1つづつ説明していきます。


小学生がプログラミングを習う方法その①:オンラインで習う

小学生が学校以外でプログラミングを学ぶ方法その①は「オンライン講座」です。

対面で講師がついて教えてくれるスクールは魅力的ですが、地方とかだと通える範囲にいいスクールが無かったりします。

僕の実家の周りとかもまだそんな感じだと思います。

また、通学型のスクールはお値段もそれなりに高くなります。

というわけで、そんな人にはオンラインで学べる講座がオススメです。

オンライン講座のメリット

オンラインであれば、自分のペースで学べる上、わからないところは親が教えてあげることができます。

そもそも通学する必要がないので、子どもの負担は少ないですよね。
子どもは習い事が多いですからね・・・。下手な大人より忙しいんじゃないかと思います。

我が家も英語に体操にバイオリンにと、いろいろやっているので自宅で学習できるオンライン講座は良いなと思います。

また、料金も通学するスクールに比べるとだいぶお値打ちになっていますね。
代表的なところだと、D-SCHOOLオンライン というサービスがあります。

D-SCHOOLオンライン


【D-SCHOOLオンライン】

こちらのスクールには

  • マイクラッチJrコース
  • マイクラッチコース
  • 英語&プログラミングコース

という3つのコースがあり、ゲームの「マインクラフト」と子ども向けプログラミング環境の「Scratch」を組み合わせたソフトを使って学びます。

どのコースも全12ヶ月となっており、料金は月々3,980円とリーズナブルです。
しかも、最初の14日間は無料体験期間 がありますので、体験してみて、もし合わなければ解約してもOKです。

オススメは「英語&プログラミングコース」ですね。

現在の実用的なプログラミング言語は基本的に全て英語です。
また、世界中のエンジニアたちも英語でプログラムを書いているわけですから、関連情報は日本語よりも圧倒的に英語が多いのです。

将来的に、プログラミングで何かわからないことがあって、検索しようと思ったら、英語がわかった方が圧倒的に得られる情報が多いのです。

そういう意味で、プログラミングと英語が一緒に学べるこのコースはかなり合理的かなと思います。



小学生がプログラミングを習う方法その②:スクールに通う

学校以外でプログラミングを学ぶ方法その②は、スクールに通うことです。

プログラミングスクールに通うメリット

スクールに通うメリットとしては、友達がいることですね。

僕は個人的には勉強は独学派で、大人で「何でも一緒にやる仲間を探そうとする人」ってヤバいと思っているのですが、子どもはまた違います。

子どもは自分一人でモチベーションを保つのが上手ではありません。

僕の奥さんはフリーの家庭教師をやっていますが、曰く「ピア効果」といって、一緒に切磋琢磨する仲間がいる「塾」の効果というのはやっぱりあるそうです。

特にプログラミングのように「何かを作りあげる」という分野では、友達と刺激しあって上達する部分は大きいでしょうね。

この記事ではLITALICOワンダー というスクールを紹介します。

LITALICOワンダー


【LITALICOワンダー】

LITALICOワンダーの特徴は、ゲームのプログラミングの他にロボットの製作や、3Dプリンター・レーザーカッターを使った「具体物のものづくり」のコースがあることです。

プログラムは当然ながら、スマホやPCの中だけで使われているわけではありません。
私たちの身の回りにおいて、あらゆるものがプログラムで制御されて動いています。

ですから、画面上で動くゲームなどのアプリだけでなく、実際に手にとって使える「道具」を自分で作る体験は、子どもの可能性をさらに広げてくれそうです。

料金はオンラインよりは若干高くなります。

ですが、やはり「友だちと刺激し合う」というメリットは大きいと思います。

こちらも 無料体験授業 がありますので、興味のある方はぜひ試してみてください。



小学生のうちから

  • 論理的思考力
  • 情報収集能力
  • 英語力

を身につけれるプログラミング学習は、非常に大きなメリットがあると、僕は思います。

もちろんこれかれ我が子にも取り入れていこうと思っています。

それでは〜。

スポンサーリンク