キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

格安SIMへの機種変更を「めんどくさい」と言う理由でしない人たち

  • 格安スマホ、格安SIMって、お得とは聞くけど、本当のところどうなんだろ?
  • 別に今のドコモ(au、ソフトバンク)でも困ってないし、わざわざ調べて変えるほどでも無いんだよな〜


この記事を読んでくれている人の中にも、こんな風に考えている人はいるのでは無いでしょうか。

と、言うのも、先日からツイッター上で格安スマホに興味があるという人がいたので、過去に書いた格安スマホを解説している記事を紹介しました。

関連記事:超簡単で誰でも成功するのに、多くの人がやっていない節約法

機種変更が「めんどくさい」という理由で格安SIMにせず、大手キャリアを使い続ける人たち

すると
「わかりやすかったです。ありがとうございます!」
と言ってもらえました。

そこで
「ちなみに何で今まで変えなかったんですか?」
と聞いたところ、

「お得だとは分かってるんだけど、なんかめんどくさくって^_^;」

との答え。

これ結構衝撃だったのですが、また先日、auを使っている会社の同僚に同じ話をしたところ、

「別に不便じゃないし、いろいろ調べるのめんどくさいから」

という理由でauを使い続けてる、ということでした。

しかも彼曰く、
「どうせずっと使うから、プランの内容もよくわかってない」
とのこと。

つまり彼らの頭には、比較してより安く便利なサービスを使う、という考えは無いのだということです。


「めんどくさい」という理由でお金を無駄にする人たち

僕からすれば、信じられないような話です。

  • 少し調べれば分かること
  • 最初だけ大変だけど、一度やってしまえば永続的に効果があること

こんなチャンスを「めんどくさい」という理由でフイに出来るなんて。

しかし、ここにこそ消費者心理の真髄がある気がしました。

比較すれば明らかに割安であるにも関わらず、格安SIM(MVNO)の普及が進まない理由は、やはり「変えるのがめんどくさいから」が大きいのだと思います。

人間の行動には慣性がはたらきます。
これまで当たり前にやってきた事を変えるというのは、合理性だけで割り切れない、精神的なブロックがはたらくものです。


「めんどう」なのは最初だけ

f:id:herpes_carrier:20181128223024p:plain:w240

しかし、だからこそ格安SIMのような節約法には効果があるのです。

毎日意識しないと出来ないような節約法は、続きません。

しかし、ケータイキャリアを変えるということは、最初は面倒ですが、あとは普通に使っているだけで、毎月固定費が2000〜3000円節約になるのです。

面倒といっても、今使っているキャリアでMNP(ナンバーポータビリティ)番号を取得した上で、新たな格安SIMに申し込み、
あとはApple StoreなりでSIMフリーのスマホを買ってきてぶっ刺すだけです。

LINEモバイルならLINEを含む各種SNSでのデータ通信は使い放題のうえ、2019年1月31日までの申し込みで、最初の3ヶ月は月たったの300円〜ですからね。

関連記事:格安スマホに乗り換えるなら今がチャンス!12/31までApple Storeの24回払いが無料&1/31までの申し込みでLINEモバイルが3ヶ月300円〜!

「格安」SIMという呼称が、イマイチ誤解を生んでいるような気もしますが、僕はこれまで3年間使ってきて、繋がりにくいだとか不自由に感じたことは今のところ一度もありません。


ビジネスの真髄

思うに、優れたビジネスマンというのは、相手に行動を起こさせる人のことをいうのだと思います。

僕の密かな目標は、その同僚に格安SIMに乗り換えさせることです笑

どうやったら、

  • 相手にメリットを感じさせ
  • 「めんどくさい」という障壁を取り払い


行動を起こさせることができるのか。
もちろん強要するつもりはありません。

なかなかに、やりがいのある課題です。

何やってんやろ自分・・・笑。


スポンサーリンク