キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

Kindle Unlimited(アンリミテッド)の、コスパのイイ賢い使い方【980円の価値はあるのか?】


  • Kindle Unlimitedって、定額で読み放題だけど、どんな本があるのかな?
  • 月額980円の価値はある?


こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • Kindleアンリミテッドにはどんな本がある?
  • オススメのカテゴリは?
  • 月額980円の価値はある?
  • Kindleアンリミテッドの、コスパの良い賢い使い方

こんには。
キャリまが管理人のヘルペスもち@国際経理の中の人です。

ついこの間、Kindle Unlimitedが期間限定で3ヶ月間299円というキャンペーンをやっていたので、迷わず申し込んでしまいました。


Kindle Unlimitedは賢く使うと、とても有益のサービスなので、今日は僕の使い方を紹介してみたいと思います。


Kindle Unlimitedにはどんな本がある?

Kindle Unlimitedのラインナップは、出版社が出している本もありますが、それよりも個人出版(Kindleダイレクトパブリッシング)の本が多いです。

そうした個人出版の本は、紙の本に比べボリュームが小さく、あるトピックについて無駄なくまとめられた内容が多いのが特徴です。

かと言って、ブログやnoteよりはボリュームがあり、時間をかけて推敲されているので、ある分野について体系立てて理解する事ができます。

Kindleダイレクトパブリッシングの本は書店には並んでいません。
しかしそれは、知名度が無くて紙の本では採算が取れないというだけで、その分野の先人たちが知識と経験を元に書いているので、別に紙の本に比べて内容が劣るということは無いと思います。

たまに「これ無料なの?」と思ってしまうほど面白い本に出会うこともあります。


オススメのカテゴリは?

僕のKindleアンリミテッドの使い方は、エンタメというよりは圧倒的に「調べもの」ですね。

例えばKindleアンリミテッドのカテゴリはこんな感じです↓

コミックや小説も充実していますが、投資、ビジネス、コンピュータ、人文、健康、子育て、政治、テクノロジーなど、結構カタい内容も多いのです。

あといわゆる「ハウツー系」も多いですね。

なのでKindleアンリミテッドは、「新しい分野について手っ取り早く調べたい」と言うときにものすごく便利なのです。

例えば僕は、

  • ブログ
  • アフィリエイト
  • SEO
  • 電力自由化
  • フィンテック
  • ブロックチェーン
  • シェアリングエコノミー
  • HTML
  • CSS
  • Python

ここら辺のトピックについてはKindleアンリミテッドの本を一通り読み漁りました。
おかげで「これってこういうことだったんだ〜」という感じに、ざっくりとした知識が身に付きました。

上でも書きましたが、紙の本に比べて一冊のボリュームが少ないので、新しい分野について調べるときに、無理なくちょうどよく知識が得られるのが良いです。



月額980円の価値はある?

正直に書いてしまうと、僕は毎月980円払うのは微妙かなと思います…。

と言うのは、僕の生活スタイルだとそもそもそんなに読んでいる時間が無いからです。

インプットはKindle本からだけではないですし、毎月980円払うなら「買った方が良い」と思える本もあります。

それじゃあやっぱりKindleアンリミテッドはナシなのかと言うと、そんなことはありません!

Kindleアンリミテッド自体は非常に有益なサービスなので、賢くコスパの良い使い方をするのがオススメだと思います。
というわけでオススメの使い方を紹介します。


Kindle アンリミテッドの、コスパの良い賢い使い方

まず課金せずにアンリミテッドのタイトルを調べて、自分が知りたいトピックの本を探します。

次にAmazonの「欲しいものリスト」にKindleアンリミテッドのリストを作り、気になるトピックの本を片っ端からリストに入れていきます。

どれだけ読んでも定額ですし、本は当たり外れがありますので、気になったのはとりあえずピックアップしておきましょう。

そしてリストが溜まってきたら、Kindleアンリミテッドに課金し、1ヶ月でリスト内の本を読み漁ります。

「これはハズレだな」と思ったら、時間を無駄にせず、すぐに次の本に行きましょう。

こうする事で、自分が知りたい分野について、無理なく最低限の知識を身につけることができます。

あと、これだとネットで検索するより圧倒的に効率が良いです。

ネットの情報は散らばっていて自分で拾い集める必要がありますが、Kindle本はちゃんと編集されているので体系立てて読む事が出来ます。

また、KindleのアプリやKindle端末の方がブラウザよりも単純に読みやすいですしね。

そして、1ヶ月後にアンリミテッドを解約します。

また調べたい事が出来たら、本をリサーチして課金します。

なお、Kindleアンリミテッドは30日間無料体験がありますし、たまに期間限定で「3ヶ月間299円」とかになっている時はがあるので、そう言う時は迷わず登録しましょう。

なお、30日間無料体験は、1度体験しても12ヶ月経てばまた体験可能です。


以上が、Kindleアンリミテッドのオススメの使い方でした。

もう一度書きますが、Kindleアンリミテッドで読める本の良いところは、ちょうど良いボリュームです。
無理なく新しい知識を幅広く得る事が出来るので、賢く使いこなすことをオススメします。

それでは〜。

スポンサーリンク