キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

【使い方まとめ】「バンドルカード」が他のキャッシュレスアプリと違うところ【Kyashとの違い】

  • 10代でクレジットカードの審査通らないけどクレジット決済がしたい!
  • 「バンドルカード」って最近聞くけど、何なの?
  • ホントに使えるの?
  • 「Kyash」や「LINE Pay」とどう違うの?


こんな疑問に答えます。

こんにちは、キャリまが管理人のヘルペスもちです。

自慢じゃないですが僕は常にサイフは持ち歩かず、クレジットカードをパスケースに入れてポケットで持ち歩いているほどの、生粋のキャッシュレス野郎です。

主に使っているアプリは「Kyash」ですが、最近キャッシュレスアプリで「バンドルカード」というアプリが気になったので、調べてみました。



バンドルカードの特徴は

  • プリペイドでチャージしてVISAカードとして使える
  • 年齢制限・審査なし
  • バーチャルカードとリアルカードあり
  • キャッシングが可能
  • 他サービスよりも幅広く使える

という点です。


ダウンロードから登録まで

バンドルカードをダウンロードすると、最初にユーザ登録を行います。
ユーザ登録は5分ほどですぐに完了します。

  • ユーザID
  • パスワード
  • 生年月日
  • 電話番号

などを登録し、SMSで送られてきた認証コードを入力して登録完了です。
未成年の場合は保護者の同意を求められます。

「バンドルカード」の基本的な使い方はプリペイドカード

登録が完了すると、このようにVISAカードとして使えるようになります。


このカード情報をAmazonやZOZOTOWNに登録することで、カード決済ができるようになるのです。

決済金額はあらかじめチャージする必要がありますので、要はプリペイドカードですね。


バーチャルカードとリアルカード

カードには、アプリ上でのみ発行されAmazonなどのネットショッピングのみで使える「バーチャルカード」のほか、実際の店舗でも使えるプラスチック製の「リアルカード」が発行可能となっています。

またリアルカードには「バンドルカードリアル」と「バンドルカードリアル+」の2種類があり、両者の違いはざっくりこんな感じです。

カード種別 リアル リアル+
発行手数料 300円 600円
海外利用 ×
ガソリンスタンド宿泊施設での利用 ×
1回あたりチャージ上限 3万円 10万円
月間のチャージ上限 12万円 200万円
残高の上限 10万円 100万円

なのでリアルカードを発行するなら、「バンドルカードリアル+」を発行したほうがお得そうですね。


なぜ年齢制限も審査も無いのか

ふつうクレジットカードの発行は未成年はできませんし、成年でも一定の収入があるなど、審査に通らなければ発行できません。

しかし、バンドルカードの発行には審査はおろか年齢制限もありません。
まったく無収入の未成年でも、スマホでアプリをダウンロードすれば簡単に発行できてしまうのです。

なぜなら、バンドルカードはプリペイドカードであってクレジットカードではないからです。

バンドルカードは、VISA加盟店でクレジットカードのように使えますが、事前にチャージした金額までしか使えません。

クレジットカードに審査があるのは、後払いだからですね。
買い物時には現金はいらず、1ヶ月後に引き落とされるため、信用のために審査があるのです。

バンドルカードにはクレジットカードからでもチャージできますが、クレジットカードを持っている時点でそれだけの信用がありますので、バンドルカード自体に審査は不要なのです。


バンドルカードにチャージする方法

なおチャージ方法は、コンビニやクレジットカードのほか、ビットコインまで使えます。


キャッシング機能「ポチっとチャージ」

バンドルカードが他のキャッシュレスアプリと大きく違う点が「ポチっとチャージ」です。


ポチっとチャージとは、早い話がこれ「キャッシング」ですね。

スマホのアプリ上だけで3,000円から最大2万円まで、その時点で現金が無くても千円単位でチャージすることができます。
チャージしたお金は翌月末までにコンビニ、銀行ATMなどで支払います。
要するに2万円まで審査なしで貸してくれるわけです。

先ほど、「プリペイドカードだから審査がない」と書きましたが、このポチっとチャージは審査がないのに最大2万円までキャッシングできてしまうのです。

「これ欲しい〜!けど今月厳しい!」
と思った時にアプリでポチっとするだけで、2万円使えるようになるわけです。

しかし、審査がないということは「信用がない」ということ。
信用なしでお金を借りるには「コスト」がかかります。

というわけで、ポチっとチャージしたお金を支払う時には下記の手数料がかかります。

チャージ額 手数料
3,000〜10,000円 500円
11,000〜20,000円 800円

3,000円借りるのに500円かかるとか、手数料で約17%ですからね。
これ毎月やってたらマジでバカですので、気をつけましょう。


他のキャッシュレスアプリと比べた最大のメリット

さて、ポチっとチャージの利用は皆さんにお任せするのですが、バンドルカードにはそれだけではなく、他サービスと比べたメリットがあるのです。

それは、バンドルカードリアル+なら海外でも使えるという点です。

Kyashのリアルカードは海外では使えませんし、LINE Payカードは海外でもJCBブランド加盟店でしか使えませんので、どこでも使えるというわけにはいきません。

また、バンドルカードのリアル+なら、他2サービスが使えないガソリンスタンドや宿泊施設の支払いにも使えます。

さらにバンドルカードのリアル+は、ひと月の利用上限額が200万円と、Kyashの12万円に比べると実用的な金額になっています。

この辺はバンドルカードのメリットかなと思います。


まとめ:Kyash、LINE Payカードとバンドルカードの違い

バンドルカードのリアル+と、Kyash、LINE Payカードの違いを比較するとこんな感じです。

バンドルカード(リアル+) Kyashリアルカード LINE Payカード
海外での利用 × △JCB加盟店のみ
ひと月の利用上限 ◯200万円 △12万円 ◯上限なし
キャッシング ◯最大2万円 × ×


というわけで、現行のプリペイドのキャッシュレスアプリの中では、バンドルカードのリアル+が最も一般的なクレジットカードの機能に近いと言えるのかなと思います。

キャッシュレスアプリもいろんなのが出てきました。

政府もいよいよキャッシュレス化に本腰をいれるようですので、今後の業界の動向にますます注目です!

それでは〜。


スポンサーリンク