キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

Scratch Jr.作例「うちゅうゆうえいゲーム」前編(1/2):キャラクターを自作する

こんにちはキャリまが管理人のヘルペスもちです!
最近は2020年からの小学校での必修化に向け、子ども向けのプログラミングソフト「Scratch Jr.」でゲームを作っています。

これまで作ったゲームは「Scratchで作ったゲームまとめ」にまとめていますので、是非ご覧ください。

さて、今回は「うちゅうゆうえいゲーム」を作りたいと思います。

うちゅうゆうえいゲームの完成形はこちら↓


一応ルールとしては、

最初にやじるしパネルを配置し、一回だけ「スタート」ボタンをタップして、ほしをゲットしてロケットにたどりついたらクリア

となっています。

「スタート」をタップすると宇宙飛行士は右にまっすぐ飛びます。
やじるしパネルにぶつかると、やじるしの方向に転換してまっすぐ飛びます。

なお、ほしをゲットせずにロケットについたら失敗で、「ほしがたりない!」という画面に遷移します。

このゲームのポイントは

  • ほしを取らずにロケットについたら失敗
  • ほしを取ってロケットについたらクリア

という、条件分岐をプログラムする点です。

と、言ってもScratch Jr.では条件分岐のプログラムは出来ません。
そこで工夫して条件分岐「らしきもの」を作ってみようと思います。

ちょっとプログラムが複雑なので、自分でも作りながら、たまによくわからなくなりました。。
というわけで今回はちょっぴり上級者編です。

それではいってみましょう!


画面をぜんぶ作る

さて、毎回恒例ですが、まずゲームで使用する画面を全て作ります。
今回は「スタート」画面は省きます。Scratch Jr.では4画面しか作ることができないので仕方ないです。

今回使う画面は

  1. ゲーム画面
  2. 「ほしがたりない!」画面
  3. 「ざんねん!」画面
  4. 「やったー!」画面

の4つです。

「ほしがたりない!」画面
「ざんねん!」画面
「やったー!」画面
の3画面には、それぞれ「もどる」ボタンを配置し、タップしたらゲーム画面に遷移するようプログラムしました。


画面を自作する

画面の背景はすべて「うちゅう」ですが、ゲーム画面のみ、追加で描き込んでいます。
こんな感じです。


と言っても、長方形ツールで

  • 画面下部にグレーンの長方形
  • そのなかに、ブラックの正方形と、長方形をふたつ

これだけです。

この部分は「スタート」ボタンを配置したり、ゲットしたほしをストックするボックス、やじるしパネルが置いてあるボックス、となります。
このゲームのコントロールパネルのようなイメージですね。

まぁデザインはお好みで全然OKです!

キャラクターを作成する

次にキャラクターを作っていきます。
今回はキャラクターが多いです!めんどい!

まず

  • スタートボタン
  • 右向きやじるし
  • 下向きやじるし
  • 上むきやじるし
  • うちゅうひこうし
  • ほしx2
  • ろけっと

を新規に追加しましょう。
「やじるし」と「スタートボタン」は多角形ツールを駆使して自作します。


それぞれ配置したまんまだと大きすぎるので、適当にサイズを調節します。
Scratch Jr.では紫の「みためブロック」の中にある小さくするブロックをタップすることでサイズを小さくすることができます。


関連記事:Scratch Jr.で困ったときのTipsまとめ

スタートボタンのプログラム

さて、キャラクターが配置できたのでプログラムしていきます。
まずはスタートボタンから。

スタートボタンをタップしたら宇宙飛行士が右にまっすぐ飛ぶようにします。

なのでスタートボタン側のプログラムはこれだけ。

※スタートボタンの上に「スタート」のテキストを追加しました
タップしたらオレンジ色のメッセージを送信します。

やじるしのプログラム

続いてやじるしのプログラムです。

ゲームでは、まっすぐ飛んできた宇宙飛行士がやじるしにぶつかったら、やじるしの方向に転換するようになっていました。

やじるしのプログラムはこれだけです。


キャラクターがぶつかったら、それぞれ違う色のメッセージを送信します。

宇宙飛行士のプログラム

さて、つづいてゲームの主役となる宇宙飛行士のプログラムを組んでいきます。

宇宙飛行士の動きは

  • スタートボタンタップで右にまっすぐ飛ぶ
  • やじるしパネルにぶつかったらやじるしの方向に転換して飛ぶ

でした。
さきほど、スタートボタンとやじるしパネルに、それぞれ色の違うメッセージを送信するようにプログラムしましたので、宇宙飛行士側ではそれを受け取っての動きをプログラムします。

まず、スタートボタンをタップしたとき。


右にまっすぐ飛ぶようにし、何にもぶつからずに20進んだらゲームオーバーとなるよう、「ざんねん!」画面に遷移するようにプログラムします。
また、動きの演出として、最初に少しだけ傾くようにしました。
スピードは一番遅くしました

次に、各やじるしにぶつかった時の動きをプログラムします。

やじるしからのメッセージを受け取ったら、それぞれの方向に進むようにプログラムします。

上下へは15マス、右へは20マス進んだらゲームオーバーで「ざんねん!」画面に遷移です。

また、メッセージを受け取ったら、一度動きを止めてから矢印の方向へ動き出すようにしてあります。
そうしないと、もともとの指示と、あ新たな指示が両方反映され、宇宙飛行士が斜め方向に飛んでしまいます。

やめてほしいプログラムはちゃんと「やめる」という行為を指示しないといけないのです。

宇宙飛行士はこれで完成です。

さて、ちょっと長くなってきたので続きは次回で。

それでは〜。




スポンサーリンク