キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

Scratch Jr.入門「キノコ採りゲーム」をつくろう中編(2/3):画面遷移させる

こんにちは。キャリまが管理人のヘルペスもちです!

我が家では僕がプログラミング教育担当大臣に任命されたので、現在こども向けプログラミングアプリ「Scratch Jr.」を使っていろいろ遊んでいます。

なお、これまで作ったゲームは「Scratchで作ったゲームまとめ」にまとめていますので、是非ご覧ください。

またScratch Jr.の簡単な使い方についてはこちらの記事で紹介していますので、是非ご覧ください↓

関連記事:5歳から出来る!?Scratch Jr.で学ぶ「プログラミング的思考」

この記事は、Scratch Jr.で簡単なゲームを作る連載の一部で、1つ前の「タップしたら動くキャラクターを作ろう」の続きとなっています。

なお、作っているゲームの完成形はこちら↓




それではさっそくいってみましょう。
今回のテーマは「画面遷移させる」です。

ところで「画面遷移」ってなんでしょう?
スマホで、何でもいいんですが、例えば「設定」アイコンなんかをタップすると、設定画面に切り替わりますよね?
そのように画面が切り替わることを画面遷移といいます。


Scratch Jr.で画面遷移させる方法

前回記事までで、

  • ブタをタップしたら進む
  • カエルが上下に動いてブタを妨害する


という、基本的な動きはプログラムできました。

これではまだゲームとしては不完全です。

ゲームの完成形では、ブタがキノコにぶつかったら「クリア!」という画面に切り替わるようになっていました。

また、ブタがカエルにぶつかったら「ざんねん!」という画面に切り替わるようになっていました。

この画面遷移を作っていきます。
画面遷移が起きるきっかけは、

  • ブタがキノコにぶつかったとき
  • ブタがカエルにぶつかったとき


の2つでした。


遷移先の画面を作る

まず、遷移する先の2つの画面(「クリア!」と「ざんねん!」)を作ります。
画面右端の「+」をタップし、新しい画面を追加します。

デフォルトのねこのキャラクターを削除し、そこにテキストを追加します。
テキストを追加するには画面上部のテキストアイコンをタップし、「クリア!」と記入します。

続いて同じやり方で、もう1枚画面を追加し、「ざんねん!」の文字を記入します。
これで、遷移先の画面が出来ました。


画面を遷移させる

次に、画面を遷移させるプログラムを作っていきます。

まず①の画面に戻り、キャラクター欄からキノコを選択し、「きっかけ」のブロックから「ぶつかったらスタート」を配置します。

次に、「おわり」のブロックから②の画面を選択して繋げます。

これで、ブタがキノコにぶつかったら「クリア!」の画面に遷移するようになりました。

続いて、カエルを選択し、キノコと同じように「ぶつかったらスタート」のブロックと、今度は③の画面を繋げます。

これでブタがカエルにぶつかったら「ざんねん!」の画面に遷移するようになりました。

ぶつかるキャラクターを選ぶことは出来ない

ひとつポイントですがScratch Jr.では「キャラクターにぶつかったら」という、「きっかけ」を設定することが出来ますが、「どのキャラクターにぶつかったら」という指定はできません。

なので、ブタの方に画面遷移のプログラムを組み込むことは出来ません。

なぜならブタは、

  • キノコ
  • カエル


にぶつかって2通りの画面に遷移する可能性があるからです。
このことを覚えておくと、今後のScratch Jr.でのプログラミングの役に立ちそうです。

さて、今回はここまでです。
後編へ続きます。次回でいよいよ完成です!

それでは〜。


スポンサーリンク