キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

Scratch Jr.入門「キノコ採りゲーム」をつくろう前編:タップしたら動くキャラクターを作ろう

こんにちは。
小学生の我が子のためにプログラミングを勉強している、キャリまが管理人のヘルペスもちです。

さて最近、5歳から出来るプログラミングアプリ「Scratch Jr.」を使っていろいろ遊んでいます。

ScratchJr

ScratchJr

  • Scratch Foundation
  • 教育
  • 無料

Scratch Jr.についつはこちらの記事で簡単に解説しているので、読んで見てください。

関連記事:5歳からできる?!Scratch Jr.で学ぶ「プログラミング的思考」

このScratch Jr、こども向けとはいえ、なかなか奥が深く、プログラミング的思考を学ぶにはぴったりのアプリだと思います。

これから、そんなScratch Jr.を使って、簡単なゲームを作っていきたいと思います。
これから作るゲームの完成形はこちら↓


【Scratch Jr.】キノコ採りゲーム

内容は

  • 「スタート」ボタンで開始
  • ブタをタップすると進む
  • カエルに当たるとゲームオーバー
  • カエルに当たらずにキノコにたどり着いたらクリア


となります。

ゲーム自体はかなり単純ですね。
6歳の息子にやらせたら5回で飽きました笑!
うちの子は普段ゲームの類はいっさいやってないので5回までもちましたが、普段からswitchとかやってる子なら秒でしょうね…、きっと。

と、まぁ単純なゲームなんですが、目的は作る過程を楽しむ事ですからね。
いざ作ってみるとけっこう考えさせられて、プログラミングの練習にはなるんですよ。

それではいってみましょう!


まずは簡単な使い方から。「 タップしたら進む」キャラクターを作る

まず最初にブタのキャラクターを作りましょう。

新規にプロジェクトを作成最初にねこのキャラがいるので、まずこれを削除します。
左のキャラクター欄でねこを長押しすると、「×」マークが出てくるので、タップして削除します。


Scratch Jr.にはゴミ箱アイコンみたいなのが無く、いろんなものをどうやって削除するのか迷いますが、この「長押し」→「削除」は1つの方法として覚えておきましょう。

さて次に、キャラクター欄の「+」をタップして、キャラクター一覧からブタを選択します。



画面にブタが配置されました。指でドラッグして左側の真ん中らへんに動かします。

さて、このブタに動きをプログラミングしていきましょう。
Scratch Jr.ではキャラクター単位でプログラミングしていきます。

このブタにやってほしい動きは、

タップしたら右に進んでキノコを取る


でしたね。

まず、黄色の「きっかけ」ブロックの中から「タップしてスタート」ブロックをプログラミングエリアにドラッグします。


続いて青の「うごき」ブロックの中から、「→」ブロックをドラッグして、先ほどのブロックに繋げます。


この状態でブタをタップしてみましょう。

ブタが少しだけ右に進みました。

これで「タップしたら進むキャラクター」の完成です。
次に、ブタの進む距離をもっと長くします。

先ほどの「→」ブロックの下に「1」という数字があります。
これは「1マス分だけ進む」という意味ですので、これを15に変更します。


この状態でブタをタップすると、ブタが画面の右端まで進みました!
ちなみにScratch Jr.では画面の左端から右端までが20マス、上から下までが15マスですので覚えておいてください。


キノコを設置する

続いて、ブタが取りに行くキノコを設置します。

ブタと同様のやり方で、画面左のキャラクター欄からキノコを選択します。
キノコは画面右端、ブタと同じ高さのところに、設置します。



カエルを設置する

さて、続いてブタの邪魔をするカエルを設置します。
ブタやキノコと同じ手順でカエルを配置します。


つぎに、ブタの邪魔をするようにカエルの動きをプログラミングします。
カエルの動きは画面を上下に行ったり来たりするだけです。

まず、黄色の「きっかけ」ブロックの中から「緑の旗ブロック」を配置します。


つぎに「↑」ブロック、「↓」ブロックを繋げます。
矢印ブロックの数字はそれぞれ「10」に設定しました。


続いて最後に赤の「終わり」ブロックの中から「ずっと繰り返す」ブロックを繋ぎます。


緑の旗はプログラムの始点ですから、これでカエルはゲーム開始と同時に上下の動きをずっと繰り返すようになりました。


キャラクターの「速さ」を変えるには

ただし、これだけだとカエルの動く速さが速すぎて無理ゲーになってしまうので、オレンジの「コントロール」のブロックから「速さをきめるブロック」をつなげ、スピードを一番遅くしてやります。


「速さをきめるブロック」を挟むと、それ以降のキャラクターの動きを変えることができます。
これでカエルの動くスピードがのろくなりました。
ここまで出来たらキャラクター「動き」は完成です!

コーディング全く不要でプログラミングができてしまいました。
これなら5歳くらいの子どもでも遊びながら出来そうです。

すこし長くなったので、今回はここまでとし、この続きは中編で。

それでは〜。


スポンサーリンク