キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

新卒1年目でパワハラ上司に辛い思いをしている人へ。僕の経験からできるアドバイス

こんにちは。 キャリまが管理人のヘルペスもち@国際経理の中の人です。

パワハラに苦しんでいる若い人へ

今日は新卒からの3年間、上司のパワハラに悩んでいた僕が、今まさにパワハラで悩んでいる若い社会人に伝えたいことを書きます。

今まさにパワハラに苦しんでいるという人がいたら、よく聞いてください。


このままパワハラに苦しみ続ける人生ですか?

長期間パワハラを受け続けると、精神が病んできます。
会社に行きたくない。
何をしていても楽しくない。
何もしたくない、消えてしまいたい。

これが悪化するとうつ病になります。

うつ病は恐ろしい病気です。
もし仮に今のパワハラの状況が改善されたとしても、今後ずっと新しい環境に身を置くたびに、そのパワハラの記憶がフラッシュバックするでしょう。
そして何に対しても積極的になれず、自分の力を引き出せない。
そのため仕事で結果を残すこと出来ず、自信もつかない、という悪循環に陥ってしまいます。

それはあなたの人生にとって大きな損失になるでしょう。


今の状況打開するには

そんな現状を変える方法はただ1つ。

さっさと逃げることです。

新卒で1つの会社しか知らないと、今いる会社がまるで当たり前であるかのように考えてしまいがちですが、まったくそんなことはありません。

会社なんて星の数ほどあります。 そして会社が変われば、ルールも、雰囲気も、給与も、人間関係も何もかもが変わります。

決して、
「今の会社を変えてやろう」
「仕事で結果を出してパワハラ上司を見返してやろう」
などとは考えてはいけません。


今の会社やパワハラ上司とあなたには何の縁もありません。
たまたま入った会社が、たまたま酷い会社だった、と言うだけのことです。

考えるべきは自分の人生のことだけです。

決して戦おうなどと考えず、一刻も早くそんな会社とかかわるのをやめる方法を考えるべきです。


誰に相談すべきか

しかし「新卒でパワハラが苦しいから転職したい」。
そんな理由で雇ってくれる会社が他にあるのだろうか?
どこに行っても通用しないのではないか? じっさい今の上司や同僚にもそう言われるし…。

そんな風に考える必要はまったくありません。
そもそも、転職の相談を社内の人にしてもまったく意味が無いです。

なぜなら、その会社にいる人たちはその会社を自ら選択してそこにいるわけです。
もしくは、たとえ自らの選択に後悔していたとしても、その状況を甘んじて受け入れている人たちなのです。

そんな人たちに、貴方が転職して他者に行きたいという相談をしても、否定的な意見が返ってくるに決まっています。
だって自分で自分の選択を否定することと同じですからね。

転職の相談は必ず社外の人にしましょう。


僕の新卒時代

最初にも書きましたが、僕は新卒から3年間、女性上司のひどいパワハラに苦しみました。

  • 毎日長時間の叱責
  • 不合理な仕事の押し付け
  • 飲み会の強要
  • プライベートへの干渉

など、明らかに指導の範囲を超えたものでした。

今思い出しただけでも吐き気がします。

それでも会社の周りの人に相談しても「なんだかんだ○○さん(上司)の言うことは正しいから」などと言う人までいて、まったく話になりませんでした。

それでも僕は、「未経験だから転職できない」と思い込んでいました。

今思えば、年齢の若い新卒の頃にこそ、さっさと転職すればよかったと本当に後悔しています。
新卒1〜2年目のいわゆる「第二新卒」は前職のカラーにもまだ染まっていない反面、新入社員研修という社会人としての基礎的な教育を既に終えているため、企業からすると非常に美味しい人材なのです。


第二新卒に特化した転職サービス

また、最近ではネットの発達により、僕の新卒の頃に比べると転職支援サービスが驚くほど充実しています。

僕が特に良いと思うのはウズキャリ です。
ウズキャリは、創業者自身が新卒の時に会社を辞めた経験に基づいており、所属するコンサルタントは既卒・第二新卒経験者という、まさに第二新卒の転職に特化したサービスです。

しかも、ウズキャリを経由して転職した人からの情報をもとに

  • 離職率の高い会社
  • 社保完備じゃない等、そもそも違法の会社
  • 若手の成長にふさわしくない環境の会社

など、「いわゆるブラック企業」を厳格に排除しているのです。

パワハラから逃れたくて転職した会社でまたパワハラに遭うなんて絶対に嫌ですよね?
そんな可能性を、限りなく排除してくれるサービスがウズキャリだと思います。

あなたを大切にできるのはあなただけ

僕は結局パワハラ上司の下から抜け出すのに3年も我慢してしまいました。

「振り返ってみれば、いい経験だった」なんてまったく思いません。

あんな経験、誰もしないのが一番です。 もし、この記事を読んでいる人の中に今まさにそんな経験をして苦しんでいる人がいたら、すぐにでも行動を起こして欲しいです。

若い時間は2度と戻りません。
あなたを大切にできるのは、あなただけなのです。


スポンサーリンク