キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

高校生にメルカリやZOZOTOWNでも使える安全なクレジットカードを持たせる方法

最近スマホの普及により、メルカリやゾゾタウンなど、ネット通販で便利なサービスがどんどん広がってきました。
わざわざお店に行かなくても安く、良いものが手に入るので利用されている方も多いと思います。
 
また、スマホを持たせているご家庭では、お子さんが利用されているケースも多いのでは無いでしょうか。
お子さんがネット通販を利用する時、困るのが「支払方法」だと思います。
 
ネット通販の決済で1番便利なのは間違いなくクレジットカードです。しかし子どものアカウントにクレジットカードを登録して、万が一使いすぎたりしたら…、なんて心配ですよね。子どもにクレジットカードを渡すようなものですから。
かといって購入のたびにいちいち親が支払うのも子どものプライバシーを尊重していないようですし、何より面倒だし。
 
またコンビニ払いを利用して少ないお小遣いの中から手数料を払うのも馬鹿馬鹿しい気がします。メルカリは100円、ゾゾタウンは324円が1回の支払いに対して取られます。
 
また「ツケ払い」なんてもってのほかです。
 
子どもに安心して持たせられるクレジットカードがあればなぁ、と思いませんか?
 
実はあるんです。
 
最近ではアプリを介してクレジットカードのように使える便利なサービスが登場しています。
ここでは「Kyash」というサービスを紹介したいと思います。
Kyash - ウォレットアプリ

Kyash - ウォレットアプリ

  • Kyash
  • ショッピング
  • 無料

高校生にメルカリやゾゾタウン(ZOZOTOWN)の決済ができるバーチャルクレジットカードを持たせる方法

Kyashは、アプリ上でバーチャルなクレジットカードを発行できるサービスです。
アプリ上で発行したカードはVISAカード加盟のサイトで使用可能です。
f:id:herpes_carrier:20180709151216p:image
 
これは違法でも脱法でもなんでもなく、ネット技術の進歩によって可能になった完全合法の新しいWebサービスです。
 
使用のながれはこうです。
 

1.ダウンロードからチャージ

まずお子さんと親御さんと、それぞれのスマホにKyashをダウンロードしてアカウント登録します。
そしてまず、親御さんのアカウントに残高をチャージします。これは親御さんのアカウントですから、ふつうにクレジットカードからチャージした方が便利ですし、お得です(後述します)。
またチャージは、銀行(Payeasy)やコンビニ、クレジットカードから可能です。
 

2.バーチャルクレジットカード発行、通販サイトの「支払方法」に登録

次に、お子さんのアプリ上でバーチャルクレジットカードを発行し、そのカード番号をゾゾタウンやメルカリなどの「支払方法」に登録します。
f:id:herpes_carrier:20180709151544p:image
 
これで、Kyashにチャージした残高の範囲内で、通販サイトでクレジットカード決済が可能になりました。
 

3.お子さんのKyashへ「送金」

次に、親御さんのアカウントからお子さんのアカウントに「送金」します。
親御さんのウォレット画面で「送金」をタップし、
f:id:herpes_carrier:20180709151610p:image
 
金額を入金したら「相手を選ぶ」をタップします。
f:id:herpes_carrier:20180709151623p:image
 
続いて「送金リンクを作成」をタップし、
f:id:herpes_carrier:20180709151807p:image
 
「確認画面へ」をタップすると
f:id:herpes_carrier:20180709151824p:image
 
送金リンク(URL)が作成されました。
f:id:herpes_carrier:20180709151839p:image
 
このURLをLINEやメールでお子さんに送信し、お子さんがURLにアクセスすれば送金が完了します。
これでお子さんは先ほどカードを登録した通販サイトで、送金された残高を使ってクレジットカード決済が可能になりました。
 

バーチャルクレジットカードなら使い過ぎの心配なし!

このように、お小遣いを渡す感覚でKyashを送金すれば、お子さんは残高の範囲内のみでクレジットカード決済をすることが可能になります。
バーチャルクレジットカードは残高の範囲内でしか使用できませんから、本物のクレジットカードのように使い過ぎてしまう心配はありません。
 
もしくは送金をしなくても、普通にお小遣いは現金で手渡して、お子さんが自分でコンビニでKyashにチャージすることもできます。
▼関連記事:
 

Kyashの利用は2%キャッシュバック!

しかもこれ、便利なだけじゃなく、お得なサービスなのです。
なんとKyashでの支払いには2%の還元があります。
 
例えばゾゾタウンでKyashで1,000円使ったら、20円がKyashの残高にバックされるのです。
もちろん親御さんがAmazonなどでの普段の買い物をKyash決済にすれば、それだけで2%お得になります。
 
この2%バックはいつまで続くかわからないと言われていますが、今のところは使えば使うほどお得なサービスです。
しかもそれだけではありません。
 

親のクレジットカードにもポイントが貯まる

先ほども書きましたが、Kyashへのチャージはクレジットカードからが便利です。
Kyashへのチャージ時には親のクレジットカードにもポイントが貯まります。
つまりお小遣いを渡すだけでポイントが貯まってしまうわけですね!
 
僕が普段使っているAmazonマスターゴールドカードやオリコカード ザ・ポイントはどこで使っても1%還元です。他にも高還元率のクレジットカードを使っていればバカにならない節約・還元になります。
▼関連記事:

 

Kyashが安全な理由

Kyashは今までに無かった全く新しいサービスです。
しかもお金の絡むものなのでどうしても「怪しい」とか「誰でもカードが作れるなんて何か裏があるのでは?」と思ってしまいますね。
 
しかし冷静にしくみを理解してみれば、何も怪しくないことがわかります。
Kyashはクレジットカードのようでクレジットカードではないのです。
 
なぜなら事前にチャージしないと使えないからです。どちらかというとプリペイドカードに近いですね。
Kyashは便利な決済方法を提供しているに過ぎず、何も利用者に立て替えて払ったり、信用リスクを負ったりしているわけではないのです。
だから高校生でも安心して持たせることが出来るのです。
▼関連記事:
 
自分も子どもが大きくなったらこの手のサービスはバンバン使わせるつもりです。
ちなみに親の同意さえあれば年齢制限はないようです。
 

まとめ

以上、高校生でもネット通販でクレジットカード決済を可能にする方法でした。
ポイントをまとめてみます。
  • Kyash」なら、バーチャルなクレジットカードを通販サイトに登録可能
  • Kyashは2%キャッシュバック!
  • 親のクレジットカードからチャージすることでポイントも貯まる!
 
こういう便利なサービスは使わないと損ですよ〜。
 
▼Kyash利用にあたっての注意点もまとめまてみました

スポンサーリンク