キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

超カンタンで絶対に成功する節約法なのに多くの人がやっていない2つのこと

f:id:herpes_carrier:20170611083926j:plain

もっと家計を楽にしたい。

でも欲しいものは欲しい。

そんな人のために絶対に成功する節約法を紹介します。

みなさん、節約と聞いてどんなことをを思い浮かべますか?

外食の回数を減らすとか、お酒を飲む量を減らすとか、服を買う回数を減らすとかですかね?

それらも確かに節約にはなるでしょう。

でもこういった、欲求(特に生理的欲求)にもとづく習慣は簡単には変えられません。

だいたい挫折します。

そうでなくて、今まで買っていたものは今まで通り買う。これまでの生活を全く変えない。

特に意識することなく出来てしまう節約方法がベストですよね?

そんな方法があるんです。しかも誰でも出来ます。

それは

  • 現金払いをやめること
  • 大手携帯キャリアをやめること

です。なんで現金払いをやめて節約になるんだ、って?

詳しくはこれから説明します。

ちなみに僕の周りに「節約したい」「家計を楽にしたい」と言う人は多いですが、この方法を実践している人は驚くほど少ないです。やれば絶対に大幅な節約に成功する方法なのですが。

僕が考える成功する節約のコツは

  • 意識せずにできること
  • 固定費を下げること

です。さっそくその方法を紹介します。

 

続かない人のための、超簡単で絶対に成功する節約方法

その1:「現金払いをやめてキャッシュレス化する」

僕が周りの人たちの行動を見ていて不思議でしょうがない事があります。

それは、コンビニ・スーパー・ドラッグストア・書店などのお店で、未だに現金で支払いをしている人がいる事です。

僕はかれこれ1年以上、出来るだけ現金を使わない、キャッシュレス化を推進し、今ではほとんど現金は使わず、クレジットカードで払います。

現金を使うのは飲み会の割り勘くらいですね。

もちろんカード不可の店では現金で払うしかありませんが、カードが使える場合はほぼ100%クレジットカードで払います。

コンビニで130円の水を買うときですらぜんぶカードです。

ハッキリ断言しますが、現金払いはクレジットカード払いに比べ明らかに「損」です。

現金払いをやめて可能な限りカード払いにするだけで、大幅な節約になります。

 

節約したい人にオススメのクレジットカード:「オリコカード・ザ・ポイント」

f:id:herpes_carrier:20180829053614p:plain

最初にオススメするのは僕がサブとして使っているオリコカード・ザ・ポイントです。

<オリコカード・ザ・ポイントの基本データ>

  • 年会費無料
  • 全ての利用に対し1%ポイント
  • 最初の半年間はさらにプラス1%
  • 「オリコモール」経由でさらにポイントアップ
  • ポイントはAmazonポイントや楽天ポイントに交換可能

 

いつどこで使っても1%ポイント

このカードはとにかく「ポイントが貯めやすい」と定評のあるカードです。

まず、どこで利用しても1%のポイントがつきます。

厳密には「ひと月分の利用総額に対して1%」のポイントです。

よく、「100円に対して1%で、100円未満は切り捨て」という還元方法のカードがありますが、このカードは違います。

例えば150円の買い物を2回したとして、それぞれの50円は切り捨てではなく、ちゃんと

 150+150=300円 に対して3ポイント

つくのです。なのでちゃんとチリが積もって山になります。

また、オリコが運用するショッピングサイト「オリコモール」を経由することで、Amazon、楽天での買い物にさらにポイントをつけることが出来ます。

f:id:herpes_carrier:20180828222330p:plain

f:id:herpes_carrier:20180828222336p:plain

 

 

電子マネーが便利

また、このカードには電子マネーのiDQuickPay(クイックペイ)が内蔵されています

f:id:herpes_carrier:20180828222502p:plain
 

iDやクイックペイは、コンビニやスーパーで「iDで」と言って、レジの端末にタッチするだけで支払いが完了します。代金はクレジットカードに自動で請求され、ポイントが貯まります。

現金払いよりも圧倒的にスマートです。

たまに「少額でのカード払いはいちいちサインしたり時間がかかるし迷惑」みたいな意見を見ますが、これはまったくナンセンスです。

クレジットカードの電子マネーで払ったほうが小銭をジャラジャラ探している人よりも明らかに早いんですよ。僕はカードをSuicaと一緒にパスケースに入れてポケットで持ち歩いているので、わざわざ財布を出し入れすることすらありません。

電子マネーだとお金を数えなくていいので店員さんも助かります。

しかも1%のポイントがつく。いいことづくめです。

 

 

このように、電子マネーでスマートに決済できて圧倒的に使いやすいのも、このカードの良いところです。

というわけでこのカードは本当にオススメです。

実際に僕が使っている感想についても書いていますので、そちらもぜひ参考にしてください。

 

 

広告

 

 

節約したい人にオススメのクレジットカード:「Amazonマスターゴールドカード」

僕がオススメするクレジットカード2つめはAmazonマスターゴールドカードです。我が家がメインで使っているカードです。

<Amazonマスターゴールドカードの基本データ>

  • 年会費10,800円
  • Amazonでの買い物に2.5%ポイント
  • Amazon以外での買い物に1%ポイント
  • ポイントはAmazonポイントとして自動で加算

「年会費10,800円!?高っ!!却下」

と思った方、待って下さい。とりあえず落ち着いて最後まで読んで下さい、、!

 

Amazonユーザーには絶対にお得

AmazonマスターゴールドカードはAmazonの利用が多い人にとっては絶対加入すべきお得なカードです。

Amazonでの利用に2.5%ポイントが付きますから、とにかくあらゆる日用品から靴、下着などまで、「Amazonで買えるもの」は全てAmazonに購入先を統一することで、驚くほどポイントが貯まっていきます。

仮にふだん月に3万円、日用品や嗜好品などを買っているとしたら、それをAmazonでこのカードを使って購入するだけで、750円分ポイントが貯まります。

750円?大した事ないじゃん、と思いましたか?

でもこれ、購入先と支払い方法を変えただけで出来た節約なんですよ?

難しいことは何もしてません。

ちなみに実際の我が家のポイントの貯まり方はこんな感じです。

f:id:herpes_carrier:20180829055547p:image

 

定期的に1,400~2,000円で貯まっているのがひと月のAmazon以外での利用額に対する1%ポイントです。

このカードで家計のメインの支払いをしているので、食料品の買い物や保険の支払いなども合わせて、毎月だいたいこのくらい貯まります。

とにかく現金払いをやめ、毎日のスーパーでの食品の買い物から保険やケータイ代なども、可能な限り全てこのカードで払っています。

ちなみにこのカードにもiD機能が付いています。

 

購入先をAmazonに統一するメリット

オリコカードでもそうですが、1%と言われるとイオンのポイント5倍デーなどに比べると大した事ないじゃないかと思われるかもしれませんが、特定の日やお店ではなく、いつどこで使っても1%つくというのがメリットなのです。

よくポイントアップデーのためにスーパーや百貨店のカードを何枚も作って使い分けている人がいますが、これはまったくオススメしません。

利用額を集計して複数の引き落とし日に対して銀行残高を確認する、管理の手間の方が高くつくからです。

今日必要な物があるのに、わざわざ「ポイント5倍デーまで待ってイオンでまとめ買いしよう」なんて考えるのって人生の無駄ですよね?

また、都合が悪くてポイント5倍デーに買い物に行けるとは限りませんしね。

そういう事を一切意識しないように出来る事が成功する節約のコツだと僕は考えています。

「ふだん意識してないけど気づいたら得してる」

これが最高の節約方法です。

あと、Amazonなら大抵のものは売っています。

たぶんイオンや百貨店で扱っているものの多くもAmazonにあるでしょう。

それらの購入先を可能な限りAmazonに統一することで、いつでも2.5%のポイントを得ることが出来ます。

またAmazonなら日用品を定期的に自動で注文できるサービスなどもあるので便利です。

なお、Amazonマスターゴールドカードのポイントは、自動的にAmazonポイントとして加算されていきますので、交換する手間がありません。

なので気づいたら常に1,000~2,000ポイントの残高がある感じです。

Amazonは実質「何でも」買えますから、Amazonポイントはほぼ現金と同じようなものです。

飲食店で使ったり投資に回したりはできませんから、もちろん厳密には現金とは違うのですが、物が買えるぶん現金が節約出来ると思えば、やっぱりほぼ現金還元と同じです。

ちなみにこれは楽天でも同じです。

楽天派の人はあらゆるものの購入先を楽天に統一し、楽天カードを使えば同様にお得になります。

 

年会費は実質420円

また、Amazonマスターゴールドカードの年会費の10,800円ですが、これにはAmazonプライム会費3,900円が含まれています。

また、他にも

マイペイすリボ利用:ー5,400円

Web明細利用:ー1,080円(2年目から)

と割引があるので、Amazonプライム会費の浮いた分と合わせて実質年会費は

10,800円

ー3,900円

ー5,400円

ー1,080円

420円

となります。

なお、年会費が無料のAmazonマスターカードクラシックもあります。

 

ですが、そっちはAmazonでの利用に1.5%しかポイントが付かないので、僕は断然ゴールドカードをオススメします。

どうせプライム会員なら年会費が420円になるわけですからね。

 どうしても年会費を払いたくないという人はクラシックにすれば良いのですが、節約するなら

Amazonプライム特典

Amazonマスターゴールドカード

の合わせ技が絶対にオススメです。

我が家はこれでだいぶ家計がラクになったと実感しています。 

 

 

ここで紹介したやり方は、支払い方法を現金からクレジットカードに変える、というだけの事です。

それだけで現金払いよりも明らかに節約になる事がお分かりいただけたかと思います。

たかだか月々2,000円ほどの節約を、多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですが、注目すべきはこれらは「全く意識せずに勝手にできる」ことだという事です。

何も難しいことはしていません。

これまで買っていたものをクレジットカードで買うようにするだけ。

これまで買っていたものをAmazonで買うようにするだけ、です。

それで気づいたら年間1万円以上貰えるのです。 

これまで買っていてものはこれまで通り買えばいいのです。

これまでやっていたことをやめる、というのはたいてい失敗します。

でも支払い方法を変えるだけなら誰にでも出来ますし、続きます。

そんなわけで、未だに現金払いをしている人を見ると、僕は不思議で仕方ありません。

もしあなたが、家計を楽にしたい、節約したいと思っているなら、今すぐにでも現金払いをやめ、可能な限りクレジットカード払いにすることです。

スーパーやコンビニで、ただ何も考えずにに、「何となく」現金で支払っているのなら、それだけで損しているという事をまず自覚すべきでしょう。

 

広告

 

 

超簡単で絶対に成功する節約方法その2:docomo、au、SBをやめる

もう1つ「節約したい、お金がない!」と言う人たちを見ていて僕が不思議に思う事は、未だにdocomo、au、SBなどの大手キャリアを使っている人がいる事です。

この記事を読んでいるあなたがもしそうなら、ぜひこの機会によく考えてみることをオススメします。

冒頭でも書きましたが、節約のコツは

  • 意識せずにできること
  • 固定費を下げること

です。

誰にでも共通してかかる固定費として、携帯料金があげられますよね。

携帯キャリアを変えるだけで、月々の携帯料金は格段に下がります。 

僕はもうかれこれ3年以上MVNO(格安SIM)を使っています。

その前はソフトバンクを使っていました。

我が家が使っているはIIJmio(アイアイジェーミオ=みおふぉん)というMVNOですが、月々の携帯料金はこんな感じです。

ちなみにこれはファミリーシェアプランというやつで、奥さんと2人ぶんの料金です。

f:id:herpes_carrier:20180829051227p:plain

 

月によるバラつきは通話料によるものです。

これプラス、Apple Storeで買った奥さんのiPhoneSEのローンが残っているので月々2,200円払ってます。

なので7月の実績でいうとiPhone代を入れて合計7,400円ほどですね。1人あたり3,700円です。

iPhoneの分割払いは24ヶ月で終わりなので、その後はさらに下がって一人当たり2,600円ほどになります。

一方ソフトバンクの料金プランでiPhoneSE一台を

  • MNP(ナンバーポータビリティ)
  • 端末容量128GB
  • データ通信5GB
  • 24回払い

でシミュレーションしたところ、8,502円/月だそうです…。

久々に見積もってみましたが、相変わらず意味不明に高いですね…。

オプション一切なしの1台分ですよ。

f:id:herpes_carrier:20180829051907p:plain

 

機種代込みでIIJmioと比べると月々約4,800円も高いですね。

みなさんの携帯料金は月いくらくらいですか?

 

MVNO(格安SIM)のしくみ

ちなみにMVNOとは、簡単にいうと自社で通信設備などのインフラを持たず、大手キャリアからそれらを借りてサービスを提供する通信事業者のことです。

f:id:herpes_carrier:20180829052054p:plain

出典:MVNOとは? | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

  

なので格安SIMといっても使っているのは結局docomo、ソフトバンク、auの電波網なのですが、インフラの維持コストを抱えないぶん、大手キャリアよりもお得な料金プランを打ち出しているのが特徴です。

なお、docomoやソフトバンクなどの大手キャリアだと普通、端末とSIMカードはセットで購入しますが、MVNOを使う場合、SIMカードと端末は別々に購入することになります(一緒に販売している場合もあります)。

そのため、SIMカードにかかる月額料金や通信量とは別に、端末代がかかることになります。

ちなみにSIMカードには2種類あり

  1. データSIM:データ通信しか出来ないSIM
  2. 音声通話SIM:音声通話(いわゆる電話番号がつく)が出来るSIM ←オススメはこちら

があります。

 

僕はいつもApple Storeで最新じゃなくなって値段の下がったモデルのiPhoneを24回払いローンで購入しています。

Apple Storeは24回まで金利手数料0円なので、これを利用しない手はありません。

ちなみに試しにiPhoneSEの128GB(税込54,864円)を24回払いでシミュレーションしてみるとこんな感じです。

f:id:herpes_carrier:20180829052600p:plain

 

「ケータイのためにローン組むなんて…」と思われるかもしれませんが、docomoやソフバンの料金にも、端末の分割払い+金利が含まれています。

それに比べてApple Storeのローンは24回まで金利手数料0円ですから、メリットしか無いのです。

f:id:herpes_carrier:20180829052704p:plain

 

ちなみにMVNOに移行するときもMNP(ナンバーポータビリティ)可能ですから、電話番号はそのままに移行できます。

僕もソフトバンク時代から電話番号は変わっていません。

 

オススメのMVNO(格安SIM):LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」

さて、今使っているIIJmioもかなり気に入っているのですが、最近気になっていて乗り換えも検討しているのが「LINEモバイル」です。

LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」を音声通話SIMで契約した場合、下記のような料金になります。

f:id:herpes_carrier:20180829052845p:plain

 

ちなみに「容量」とは月々に利用できる高速データ通信の容量上限のことです。

これを超えると通信制限がかかり、追加でお金を払わないとデータ通信が極端に遅い状態になります。

ちなみに僕がいまIIJmioで使っているデータの使用状況はこんな感じです。

f:id:herpes_carrier:20180829055656p:image

 

こんな感じなので、まぁ1人月5GBあれば十分だと思います。

ここまではLINEモバイルもIIJmioとそう変わりません。

 

LINE、Twitter、Instagram、Facebookは使い放題

LINEモバイルの最大の特徴はコレ。

なんとLINE、ツイッター、Facebook、Instagramなどの各種SNSが「使い放題」なのです。

f:id:herpes_carrier:20180829052933p:plain

 

つまりこれらのアプリの利用分は、高速データ通信容量の上限にカウントされないということです。

つまりどれだけツイッターやInstagramを見たり、投稿してもデータ容量は減らないのです。

 

LINE通話も使い放題!

しかも、上記の画像で注目して欲しいのは、LINEはテキストやスタンプでの「トーク」だけじゃなく、「音声通話」も使い放題なのです。

一般的にMVNOの音声通話SIMは、月額料金とは別に通話料がかかり、その通話料は大手キャリアと比べると若干割高めでした(無料通話などが無いので)。

そこでLINEの音声通信を使って通話すれば、電話ではないので通話料はかからないのですが、こんどはデータ通信量の上限を消費してしまいします。

しかしLINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら、LINEでの音声通話は通信量としてカウントされないのです。

これならもう通話による課金は一切気にする必要がありません。

これが、僕がLINEモバイルに乗り換えを検討している最大の理由です。

もともとも月額もかなりお得な上に、通話料も気にしなくて良いとなると、これはかなりお得なプランです。

僕は現在IIJmioで契約していますが、月額基本料の他に、月数百円ですが、どうしても通話料がかかってしまいます。

f:id:herpes_carrier:20180829055739p:image

 

しかしLINEモバイルなら完全に月額基本料だけで済ますこともできそうです。

つまり、

コミュニケーションフリープラン&音声通話SIM  月額2,220円

iPhoneSEローン 毎月2,200円

で、毎月4,420円で済みます。

iPhoneのローンは24回で終わりですので、それ以降は一人当たりわずか毎月2,220円しかかかりません。

奥さんと2人分でも4,440円ですから、今よりちょっとだけ安くできそうです。

 

しかもLINEモバイルは今なら基本料金が半年間900円OFFになるキャンペーンも実施中で、さらにお得です。

うーん、これは本気で乗り換えしようか迷います。

 

いかがですか?

こんなに安くて何か裏があるんじゃないか、と思いますよね。

電波悪くて繋がりにくいとかあるんでしょ、と思いますよね。

僕はもう3年以上MVNOを使っていますが、全くそんなことはありません。

確かに僕も3年前に初めて乗り換える時は人柱になるつもりくらいの気持ちでした。

周りに使ってる人なんて1人もいませんでしたしね笑。

でも、そんなの全くの無駄な心配でした。

これまで3年以上使っていて、繋がりにくいと思ったことは一度もありません。本当です。

先にも書いた通り、そもそもdocomoの電波網を利用しているので繋がるエリアが狭いとかもありません。

 

普通に使えてただ安いだけ、なのです。

 

なのに何も考えずに未だに大手キャリアを使い続ける人を見ると、本当に不思議に思います。

節約したいと思うなら、ぜひ検討してみてください。

[LINEモバイル公式サイト

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

紹介した簡単にできて絶対に成功する節約法をおさらいすると、

  • キャッシュレス化する
  • 大手キャリアをやめて格安SIMにする

の2つです。

もう一度言いますが、これらは今までやっていたことをそのままに、別の方法に切り替えただけ、です。

いままでやっていたことを「やめる、減らす」という節約法は大抵続きません。

やっぱり人間、ガマンで乗り切るのには限界があります。僕だってそうです。

 なので、ガマンしないために、もっと便利でお得な方法は無いかと常にアンテナを張って情報を取りに行くようにしています。

というわけで、これらの情報が皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

それでは~。

 

スポンサーリンク