キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

Kindle Unlimitedでイケダハヤト氏の書籍を読み漁ってみてわかったこと

プロブロガーとして有名なイケダハヤト氏。

しばしば炎上して話題になり、フォロワーと同様にアンチの数もかなり多いです。

 

僕はというと、これまでイケハヤさんのことは特に好きでも嫌いでもなく、歳も近いしどちらかといえば好意的でしたね。

エッジィな発言をするのは仕事柄しょうがないことで、実際会ってみないと印象はわかんないんだろうな~という感じでした。

 

というかそもそも、よく考えたら彼のこと全然知らないなと思いました。

ただまぁ前々から、地方移住や脱資本主義的な考え方は個人的に賛同しているくらいでした。

 

そこで、改めてイケハヤ氏の事をよく知るために、彼の書籍を何冊か読み漁ってみました。

たまたまKindle Unlimitedの無料体験を試してみたので、全部無料で読めました。

タダ読みで恐縮ですが、イケハヤ氏について今まで知らなかった事がたくさんわかったので、ここで紹介したいと思います!

Kindle Unlimitedで読めるイケダハヤト氏のオススメ書籍

イケダハヤト氏の経歴や考え方がわかる2冊

「イケダハヤトはなぜ嫌われるのか?」
イケダハヤトはなぜ嫌われるのか? エレファントブックス新書

イケダハヤトはなぜ嫌われるのか? エレファントブックス新書

 

 

イケダハヤト氏が何者であるか。大学を卒業してからどのようにして今のようなプロブロガーになったか。

これまで経験した炎上事例や、自分がどのような人に、なぜ嫌われるのかといった分析が書かれています。

 

小中高と公立校だったこと、父親は中小企業の経営者である事など、読むまで知らなかったことがたくさんありました。

YESやKing Crimsonが好きというのも意外でした。

 

新卒で入社した大企業の経営が急に傾いてベンチャーに転職、その2年後にフリーランスに転向した時のこともわりと詳細に書かれています。

以外と堅実で、会社を辞める時点ですでに300万円以上の貯金があり、当時すでに副業の収入が本業を上回っていたことも明かしています。

イケハヤ氏でさえそこまでバックアップがある状態でフリーランスになったわけです。

若い人は彼の煽りだけを鵜呑みにして会社を辞める前に、一度そのことを考えてみたほうが良いかもしれません。

 

またよく批判される「イケハヤは無責任である」という点についても

「言葉を操る全ての人は必ずどこかで責任を放棄しなくてはならない」

としており、あくまで「読者の人生は読者が決断していくもの」としています。

これはその通りだと思います。

いくら読者が多くて影響力が大きいといっても、ただ単に自分の思うことを発信して、読者がそれをどう受け取るかについてすべて責任を取るなど不可能ですし、現実的ではないでしょう。

 

このようにこの本では、イケハヤ氏のブログや言論に対するスタンス。炎上に対する考え方を知ることができました。

 

「自分に自信がない人は文字通り「何をやってもダメ」だと思った話」 

 

これまたなかなか刺激的なタイトルです。

興味深かったのは、過去にイケハヤ氏が「このままいけば伸びる!」と見込んだ有望なブロガーが、たった1ヶ月で更新を辞めてしまい、しかもその後「ブログで稼げる!とか嘘だから信用しちゃダメ!」というネガティブキャンペーンをしだした、というエピソード。

 

イケハヤ氏は、自分に自信が無い人は「すぐに結果を求めて諦めるから何をやってもダメ」としています。

逆に自信がある人は結果が出るまで諦めないから何をやってもうまくいっているように見える、と。

 

確かにこれって何でもそうですよね。

どんなに優秀なバッターでも打率は2割くらい。

大事なのは打席に立ち続けること、だとは、 よく言われる事です。

 

他にも自信が無い人は「ふざけている」という前提を作ることで批判を回避しようとしている。

自信が無い人は「資格が大好き」など笑。

この辺は自分も思い当たる節があり、意外にも図星を突かれた感がありました。

 

このように内容はタイトルの通りだいたい「煽り」ですが、中にはちょいちょい共感できる部分もありました。

煽り耐性のない人には読めません。

 

以上がイケハヤ氏のパーソナリティや考え方がわかる2冊でした。

まぁこの辺はブログでも普段から発信して入る事なのでそう目新しい内容ではないかもしれません。

 

ブログで稼ぐ手法をかなり詳細に公開した2冊

さてこっからが本番です。僕のようにブログの収益化を目指すブロガーは読んでおいて損はないでしょう!

次はプロブロガーとして活躍する彼のビジネスの手法を公開した2冊です。

 

「月130万稼ぐ「初期投資ゼロのブログアフィリエイト」の手法をチラ見せします 」

 

「チラ見せ」と書いていますが実際かなり勉強になります。

 

ブログやアフィリエイトの始め方から、基本的な戦略のほか、彼のブログの中で収益を上げている記事(執筆当時)をなんと月のページビューつきで10本公開しています!これは初心者には非常に勉強になります。

 

まあおそらく、こなれた人なら彼のブログをざっと見るだけで大体どの記事が収益を上げているか分かるんでしょうけど、自分のような初心者にはそれは分かりません。

またブログを収益かしようにも、そのプロセスがイメージがつかないんですよね。

この本には、イケハヤ氏のブログでどういう記事がどういう案件で稼いでいるのか「こういう導線で収益化するのか~」というのがリアルに分かります。

 

ブロガー御用達となっているアフィリエイト案件の話や、それらの記事がどんなキーワードで集客しているのか、なども書かれています。

またイケハヤ氏でさえ「転職」系のワードではなかかなか検索上位は取れない、と書いています。

それだけに数を書いて少しでもコンバージョンを狙っていくということなんでしょうね。

 

というわけでこの書籍はこれから本格的に収益化に取り組もうと思っている自分にとっては非常に参考になるものでしたので、これから何度も読み返そうと思います。

 

「ブログで月商100万稼ぐマインド」
ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)

ブログで月商100万円稼ぐマインド (イケハヤ書房)

 

 

こちらは「やぎろぐ」でおなじみ、同じくプロブロガー「やぎぺー」こと八木仁平氏との対談です。

イケハヤ氏だけでなく八木氏のブログのノウハウも公開されています。

これを読むとイケハヤさんは海外メディアや漫画など、ネタになりそうなものを徹底的にリサーチしていることがよく分かります。

 

が、途中からイケハヤ氏が八木氏にダメ出しする展開になっています。

「生産量が少ないですよ。普通に見ていて」

「生産量が多いということは、アウトプットの回数が多いということなんですよね。なので学ぶチャンスが増える」

「みんな少ない。だから勝てないんです。これ、すごい言いたいことです」

 

この辺が真理なのでしょうね。

下で改めて書きますが「誰よりもアウトプットすること」。結局これがブログで成功する方法なのでしょう。

 

別に特に読まなくてもよかった2冊

「ブログで月500万稼げるようになるまでの全記録 」

 

文字通り2012年から2016年までの毎月の活動記録に対して、今のイケハヤ氏が当時の自分にツッコミをいれるという構成になっています。

勉強になる部分もありますが、上記で挙げた2冊の方が全体的にまとまってて効率が良いです。

 

「「凡人」を脱するための10の考え方。」 
「凡人」を脱するための10の考え方。 (イケハヤ書房)

「凡人」を脱するための10の考え方。 (イケハヤ書房)

 

 

こちらは普段ブログで炸裂しているイケハヤ節が普段通りに炸裂している内容となっています。

普段ブログやツイッターで公開されている通りの内容なので、特に読まなくても良いでしょう。

 

「イケダハヤトの手法は再現性がない」は本当か?

今ではブログを使ってビジネスを築いており、サロンやノウハウの出版でも売上を稼いでいるイケハヤ氏ですが、その手法はよく「再現性が無い」と言われて批判されます。

しかしそれは本当でしょうか。

 

今回何冊か書籍を読んで確実にわかったことがあります。

彼はブログで稼ぐために誰よりも作業しているということです。

 

結局は「誰よりも手を動かすこと」

「ブログで稼いでる」と聞くと、ラクしてお金儲けしてる、というイメージを抱きがちですが、それは間違いだと今回書籍を読んでハッキリと分かりました。

 

結局ブログで抜きん出るかどうかは作業量なんだと。

彼は誰よりも記事を書いていますし、誰よりもリサーチしています。

地方移住や最近だと仮想通貨がそうでしたが、常に新しいトレンドをリサーチして、それをブログで世の中に発信しています。

 

常に新しい情報をインプットし、それをブログでアウトプットする。

それを誰よりも「早く」「多く」こなしているのです。

 

きっと彼と同じような速度、分量でブログを更新すればそれなりの結果を得ることは可能なのでしょう。

 

そういう意味では再現性はあるのです。

でも多くの人には彼の十分の一も出来ないし、やらない。

そいういう意味「再現性は無い」のです。

 

そもそも、ビジネスって基本的にそうですよね。

 

おんなじ事をやれば成功できるメソッドがあったとしても、やる人、環境やその時の景気なんかも含めて、全くおんなじ事をやるってのはそもそも不可能なんですよね。

 

イケハヤ氏が「会社辞めろ」と勧める合理的な理由

僕はブログ開設して5年目にしてやっと月1万PVを達成し、アフィリエイト案件も初めて一件確定して、ようやく脱初心者と言ってもいいかなというレベルです。

 

が、なんで5年もかかったかと言ったらまず片手間でやってたからなんですよね。

たまに思い出したようにバーッと更新ししたり、かと思ったらまたしばらく放置したり。

圧倒的にトライアンドエラーが少ない。

だから成長しない。それだけのことです。

まぁその間、資格や英会話などブログ以外のことを注力していたわけですから当然です。

 

僕のように「日常の生活の中でネタになりそうなことをブログに書こう」だとなかなか更新頻度も上がりにくく、結果も出ません。

 

イケハヤ氏のマインドは常に「ブログが中心」なのです。

だから圧倒的な差別化ができる。

 

彼がよく若手の有望なブロガーに会社辞めるように焚き付けるのは、単なる煽りというより(それもあるけど)、より時間を集中投下して作業量を増やした方が効率的に稼げるから、という合理的なアドバイスなんだなぁと思いました。

 

しかし僕もこれまでスキマ時間勉強法を通して時間の使い方に関しては自分なりに意識を高く磨いてきたつもりです。

そういう意味では兼業でも効率的に作業をこなせばそれなりに成果を出すことが出来るのではないかと思っています。

 

有料noteを買う前に読んでみてもいいかも

イケハヤ氏は他にもかなりたくさんの電子書籍を出版しており、またnoteでも有料コンテンツを多数配信しています。

書籍は散文的であるブログと違って、あるていど体系的にまとまっているので、考え方や

 

今回無料でいくつか読んでみて、有料noteにも興味が湧きました。

無料でここまでの内容なら、有料ならどんなに有益なことが書いてあるんだろうと。

ボリューム的にだいたいおんなじようなことが書いてあるかも知れませんが笑

 

しかしKindle Unlimited、なかなか病みつきになるサービスですね。

無料体験がオススメです。

 

追記:

ちなみにこのあと、結局有料での更新はしませんでしたが、その際、無料体験を解約し忘れたにもかかわらず、なんと引き落とされた料金は全額返金してもらえました!そのときのやり取りについてはこちらの記事をどうぞ。

 

スポンサーリンク