キャリまが

英語とお金の知識でゆとりあるキャリアをめざすブログ

バーチャルクレジットカード「 Kyash」の使い方を登録から決済まで画像付きで解説してみた

個人間で送金ができる電子マネーアプリ「Kyash」があまりにも便利だったので、アプリのダウンロードからユーザー登録、実際の支払いまでの手順をまとめてみました。

まずはアプリをダウンロードします。

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash - ウォレットアプリ

  • Kyash
  • ショッピング
  • 無料

 

Kyashの登録から支払いまでを画像付きで解説

ユーザー登録

ユーザー登録は本名、メールアドレスとパスワードで行います。

f:id:herpes_carrier:20180820074719p:image


そのほか、生年と電話番号を入力する必要があります。

f:id:herpes_carrier:20180622125719p:image

f:id:herpes_carrier:20180622125743p:image


電話番号はSMSで承認用のコードを受け取りますので、必要となります。

f:id:herpes_carrier:20180622125806p:image

コードを入力したら登録完了です。

 

バーチャルカード発行

f:id:herpes_carrier:20180622125925p:image

次に、ネットサイトの支払いに使えるバーチャルカードを発行します。審査も何もありませんので、ボタンを押してからものの30秒ほどで発行されました。

f:id:herpes_carrier:20180622221236p:image


審査が無い理由は、こちらに書きました。

Kyash VISAカードはクレジットカードであってクレジットカードではない理由 - キャリまが

 

Kyashにチャージする方法

チャージは、コンビニや銀行、クレジットカードで行います。

f:id:herpes_carrier:20180622220658p:image


利用時に不足分だけが自動でチャージされるうえに、ポイントが二重取り出来るクレジットカードが1番便利ですね。

f:id:herpes_carrier:20180622221223p:image

 

ポイントがたまるクレジットカードとしては「オリコカード・ザ・ポイント」がオススメです。その理由については↓こちらの記事に書きました。

 

 

ですが、学生さんのようにクレジットカードを持てない利用者もいると思いますので、その場合はコンビニなどで現金からチャージするしかありません。

 

支払

残高をチャージしたバーチャルクレジットカードはネットサイトの支払いに使えます。

Amazonにクレカ登録

さっそくAmazonの支払方法に登録してみました。

f:id:herpes_carrier:20180622221508p:image


これで、Amazonでの買い物はKyash経由で支払えます。

 

クレジットカードからのオートチャージ

登録したクレジットカードからはオートチャージが便利です。

オートチャージを設定しておくと、決済の際にKyash残高から足りない分だけがクレジットカードから自動で充当されます。

 

下の画像は、Kyash残高が800円の時に、Amazonで823円の買い物をした時の例です。

f:id:herpes_carrier:20180705070409p:image

 

このように、不足分の23円だけがクレジットカードから自動で充当され、Kyash残高は常に0になる仕組みです。

 

割り勘の請求

Kyashの特徴の1つでもある、個人間での送金を使ってみました。

Kyashをダウンロードして30分で割り勘の集金が完了した話 - キャリまが

このように請求用のURLを作成し、LINEやメールで友達に送ることで、相手からKyashの送金を受け取ることができます。
なお、請求URLの送信は誰にでも可能ですが、相手が自分に送金するためには相手もKyashアプリをインストールしていて残高をチャージする必要があります。

 

以上、いかがでしたでしょうか。
Kyashは学生さんのようにクレジットカードを持てない人でも、ネットでのキャッシュレス決済が可能になる、画期的なサービスだと思います。


これからどんどん使っていこうと思います。

スポンサーリンク