キャリまが

英語とお金の知識でゆとりあるキャリアをめざすブログ

Kyashをダウンロードして30分で割り勘の集金が完了した話

f:id:herpes_carrier:20180621221434j:image

先日、キャッシュレスを進めているけど、割り勘だけそうもいかない、と書きました。

完全にキャッシュレス化したいのに出来ない理由 - キャリまが

そこで割り勘アプリのKyashを導入してみました。

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash - ウォレットアプリ

  • Kyash
  • ショッピング
  • 無料

Kyashはコンビニやクレジットカードからチャージして使える電子マネーのようなものです。

 

KyashはLINEやメール経由で請求や送金することができます。
Kyashを送ったり、受け取るにはもちろん双方がKyashのアプリをインストールしている必要があります。

 

これまで、この手のアプリの存在は知っていました。
でもLINE PayなんかだとLINEマネーという用途が限られた電子マネーしか扱えないうえ、現金化するには手数料がかかるんですよね。

LINE Pay
わずかなお金を送るのに手数料がかかるのは馬鹿らしいです。

しかしKyashは違います。

 

Kyashの特徴

Kyashでは残高を現金化する事はそもそも不可能。
しかし!
Kyashの残高はなんとVISAカードとしてクレジットカード払いに使えるのです。これなら現金化する必要はありません。

f:id:herpes_carrier:20180621221407p:image

 

Kyashの残高はバーチャルクレジットカードとしてネットサイトの支払いなどに使える他、リアルカードを発行すれば店舗での支払いにも使えます。

というわけでさっそく実際にやってみました。

 

Kyashで割り勘の集金をしてみた

アプリをダウンロードしてユーザー登録しました。

まず請求リンクを作成します。

「請求」をタップ↓

f:id:herpes_carrier:20180621220713p:image

 

次に「相手を選ぶ」をタップ↓

f:id:herpes_carrier:20180621220728p:image

 

この画面で「請求リンクを作成」をタップ↓

f:id:herpes_carrier:20180621220759p:image

 

金額、メッセージなどを入力したら「リンクを作成」をタップします↓

f:id:herpes_carrier:20180621220936p:image

 

請求リンクのURLが表示されますので、クリップボードにコピーしてLINEで相手に送信します↓

f:id:herpes_carrier:20180621220835p:image


ちなみに友人はKyashは使ってません。

LINEでリンクを送信すると同時に、アプリをダウンロードしてとお願いしました。

f:id:herpes_carrier:20180621221102p:image

 

わずか3分で集金が完了

するとたった3分後…、友人からの送金が完了。
話のわかる友人で良かったです。

f:id:herpes_carrier:20180621221120p:image

 

公式サイトでは「Kyashを使っていない相手にも送金や請求が可能」と謳っていますが、請求や送金のリクエストを送る事はできても、完了するには当然相手もKyashアプリをインストールする必要があります。

 

いやそれにしても早い。簡単すぎる…。

アプリをダウンロードしてから30分経ってません。

そして、こうしてチャージされた残高はVISAカードとして使えるわけです。これは便利。

 

いやーフィンテック、来てますね。

スポンサーリンク