キャリまが

30代で未経験からグローバル企業に転職した筆者が、英語、お金、子育てなどについて語るブログ

iPhoneの文字入力はキーボードよりもフリックよりも音声入力が早い時代になった

最近ではiPhoneでのブログの原稿書くのはiPhoneの音声入力機能ばかり使っています。

 

ブログだけでなく、LINEの返信などちょっとした入力もマイクボタンを押して音声入力で済ませています。

 

一昔前では音声入力と言うと、認識の精度があまり高くなく使えたものではありませんでしたが、最近ではパソコンのキーボードやスマホのフリック入力よりも圧倒的に音声入力の方が早くなっています。

 

物理的に早い

当たり前の話ですが、どんなに早い人でも指を動かすよりも、口で喋るほうが早いですよね。

 

打ち間違いが少ない

音声入力ではキーボードやフリック入力に比べて圧倒的に打ち間違いときには少ないんですよね。
スマホの画面って小さいので、フリックでも意図しないキーをタッチしてしまいがちです。

 

変換のタイムラグが無い

キー入力だと、ひらがなを打った後に、変換する漢字を一覧から探してタップする必要がありますが、音声入力なら認識した音声から最適な変換を自動でしてくれます。あとは確定を押すだけです。
変換が間違っていたら後で直しますが、だいたい正確に変換してくれます。

 

記号の入力も音声で

しかも記号も下記のように入力できます。

  • てん=、
  • まる=。
  • かっこ=(
  • かっことじる=)
  • かいぎょう=改行する

キーボードやフリック入力のようにシフトキーをしたりキーボードを切り替えたりする手間がないので早いです。

 

机に置いたまま入力できる

キーボード入力だと両手の指を全て使いますし、フリック入力だと親指を使う必要があります。
しかし音声入力なら人差し指だけ使えばいいのです。


例えばスマホでLINEを使っていて返信を打つ時、机に置いたまま人差し指でマイクボタンと送信ボタンだけ押せばいいのでいちいちスマホを手に持つ必要がないです。

 

***


ブログを書くときってキーボードに向かったりいざ「書こう!」と思って生構えるとなんとなく文章が来ないんですが、しゃべりながらだと普段のリラックスした気持ちでいられるので結構すらすらと文章が出てくるものです。

 

細かい誤字や、画像の貼り付けなどは後から修正する必要がありますが文章をとりあえず量産するには音声入力が圧倒的に便利だと思います。

 

やっぱり技術の進歩って日進月歩で、音声入力なんて一昔前までは模様の長物で何のためにあるのかわからない機能だとすら思っていましたが、こんなに実用的な機能になるとは思ってもいませんでした。

ATOK -日本語入力キーボード

ATOK -日本語入力キーボード

  • JUSTSYSTEMS CORPORATION
  • ユーティリティ
  • ¥1,600

スポンサーリンク