キャリまが

30代で英語の業務未経験からグローバル経理職に転職した筆者が、キャリア・勉強・子育て・その他の雑記などについて語っています。

フィンテック家計簿アプリ「マネーフォワード」を使ってみた

今更ながら話題の家計簿アプリ「マネーフォワード」を使ってみました。

マネーフォワードは銀行口座やクレジットカードを登録する事で、自動で毎日の収支を記録できる家計簿アプリです。

簡単な使い方をメニュー別に見ていきたいと思います。

「マネーフォワード」の簡単な使い方

「ホーム」メニュー

f:id:herpes_carrier:20180619073416p:image

 

ホーム画面には現在の資産残高と今月の家計簿が表示されます。

f:id:herpes_carrier:20180619073431p:image

「口座」メニュー

f:id:herpes_carrier:20180619073510p:image

 

続いて口座メニューです。
まず銀行口座とクレジットカードを登録します。

f:id:herpes_carrier:20180619073533p:image

 

登録すると、出金先名などから自動で費目が割り振られて収支が記録されます。費目は自分で変更することも出来ます。

f:id:herpes_carrier:20180619073616p:image

 

これで、銀行引き落としや口座振替、クレジットカードでの支出は完全に自動で記録されます。

 

財布の残高の登録

また、現金の残高は「財布」として口座メニューのうちの1つとして登録しておきます。
f:id:herpes_carrier:20180619073659p:image

 

「入力」メニュー

f:id:herpes_carrier:20180619073719p:image


次に入力メニューです。
口座やクレジットカードは自動で記録されますが、現金での入出金は当然ながら手動で記録する必要があります。そこで入力メニューから入出金を記録します。
記録する際に、出金元を先ほどの「財布」を選択する事で、財布の残高が連動して上下します。
f:id:herpes_carrier:20180619073806p:image

 

現金の雑収支はまとめて記録することも可能

とは言え僕は現金はほとんど使わないのであまり記録する機会はありません。そういう場合は例えば週1回財布の残高を更新するようにします。
すると、前回更新時から記録した収支を差し引きし、今回登録する残高と合わない分は「不明」として記録されます。

f:id:herpes_carrier:20180619073755p:image

 

僕は現金はほとんど使わないので大きな支出だけ記録して、あとは合わなくても気にしなくていいかなと思っています。

 

「家計簿」メニュー

f:id:herpes_carrier:20180619074528p:image

最後に家計簿メニューです。
自動で記録した銀行口座の入出金、クレジットカードの利用履歴、手動で記録した財布の入出金から、月ごとの収支が集計されて表示されます。

f:id:herpes_carrier:20180619073940p:image

 

費目ごとに円グラフになっており視覚的に確認することが出来ます。
また各費目ごとは月別の推移を見ることも出来、使いすぎなども一目瞭然です。すごい!

 

まとめ

いやー正直なめていました。
確かにこれは便利そうです。
まだまだ便利な機能がありそうなので、しばらく使い込んでみたいと思います!

 

FinTechが変える! 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス

FinTechが変える! 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス

 

 

 

スポンサーリンク