キャリまが

30代で英語の業務未経験からグローバル経理職に転職した筆者が、キャリア・勉強・子育て・その他の雑記などについて語っています。

iPhone落下の1番安価で確実な対策

とっても便利なiPhone。

いろいろなことが出来てもはや生活に欠かせない存在ですが、発売から何年も経っても解消されない欠点があります。

 

それは衝撃に弱いという事です。

 

iPhoneを落下から守る1番安価で確実な対策

画面バリバリのiPhoneを使っている人もよく見ます。
ちなみに画面ガラス割れは直してくれるショップもあるのになんでそのままにしてるのかなとも思いますが、今日はその話ではありません。

衝撃対策としては、衝撃に強い分厚いケースをつけるという方法もありますが、僕は持ちやすさが気に入ってiPhone5Sを3年以上使っていますので、あまり大きなケースはつけたくありません。
そもそも、大きくなって手に収まらなくなって落としやすくなっては元も子もありません。

そんな僕がやっている絶対的な落下対策を紹介します。

 

みんななんでiPhoneにストラップ付けないの?

そうですストラップです。
僕がつけてるのはこれ。

 

 

ストラップなんてダサいですかね?まあそう思う人はつけなければいいと思いますよ。
iPhoneにはストラップホールが無いのでホール付きの簡易なケースをつける必要はありますが、それでもストラップは一番安価で確実な落下対策です。間違いありません。

iPhoneを触るときはこのストラップの輪っかを中指に通して使っています。
不用意に人がぶつかってきたり、眠たくてうつらうつらしてしまった時も、手から落っことす前に確実に止められます。

 

ちなみに僕はこのストラップが気に入っていて今では2代目です。

このストラップの特徴として、輪っかの部分がカラビナになってるんですよね。

カラビナって便利

カラビナって便利なんですよ。
何が便利ってどっかに引っ掛けられるんですよ。常に持っていたりどこかに置いておく必要がない。

例えば電車の中のように狭い場所でポケットにiPhoneを入れとくと、出し入れする時にモタついて落としそうで怖いんですよね。
こんな時ぼくはリュックの輪っかにカラビナ部分を引っ掛けてiPhoneをぶら下げています。
ポケットに出し入れする手間が無いですし、何より落とす心配をしなくて良いのでストレスがありません。

あとは屋内で何か作業中にiPhoneの置き場所に困った時など、適当なところにカラビナで引っ掛けておけば置き場所に困りませんし、不用意に机から落とす心配もありません。

 

再度、ストラップなんてダサいですかね?iPhoneのデザインを損なってますかね?
そう思う人は分厚いケースをつけるなり、AppleCareに入ればいいと思います。

スポンサーリンク