キャリまが

ノースキル文系私大卒だった僕が30代で海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できたノウハウを発信!英語・会計資格の勉強法や、その他の雑記を綴るブログです。

みんなもっとiPhoneの「リマインダー」使おうよ

スマートフォンは本当に便利です。
今では完全に生活に欠かせないものになりました。
ITの活用によって毎日の生活は確実に便利になり、時間やお金の節約になっています。

例えばリマインダー機能。

 

意外と使われていないリマインダー機能

僕はiPhoneを使っていますが、特に「リマインダー」機能を多用しています。
奥さんに家事を頼まれた時など、メモしないと確実に忘れます。そんな時、常に手元にあるiPhoneのリマインダーにメモしています。

 

共有機能

このリマインダー機能ですが、他人と共有もできるんです。
例えば、トイレットペーパーなど日用品の買い物。
自分と奥さんでリマインダーをシェアしておく事で、書い忘れや、ダブり購入を防げます。
やり方は簡単。リマインダーで作成したリストの、「編集」→「共有」を選択して、共有したい相手にメールで送信します。

f:id:herpes_carrier:20180612122529p:image

f:id:herpes_carrier:20180612122540p:image

f:id:herpes_carrier:20180612122547p:image

f:id:herpes_carrier:20180612122552p:image

 

あいてにメールが届いて承認されれば共有完了です。

(まぁ実際は奥さんがなかなかこの機能を使ってくれないのですが…)

 

アラーム機能

次に、リマインダーに書いた内容を忘れないようにするために、決まった時間にアラームを鳴らすこともできます。

しかし時間が決まっていないToDoもありますよね?

例えば、仕事から帰ってきたらやらなければならない事など。
その日、何時に家に着くかは分からない場合、アラームが早すぎても遅すぎても忘れてしまう可能性があります。

 

そこで、iPhoneのリマインダーでは確実に家に着いた瞬間にアラームを鳴らすように出来ます。

 

毎回決まった場所でアラームを鳴らす

リマインダーを登録したら右のiボタンを押します。

f:id:herpes_carrier:20180612122655p:image

 

「指定場所で通知」をオンにし、その下の場所を選択します。 

f:id:herpes_carrier:20180612123159p:image

 

自分は自宅を登録してありますので、自宅を選択します。

f:id:herpes_carrier:20180612123824p:image

 

自宅が登録してない場合でも、地図から地点を選択できます。

また、到着時と出発時を選択できます。
到着時にすると、その地点に近づいた時にアラームが鳴ります。

これを使うと、例えば毎日の通勤時に、決まって降りる駅の手前でアラームを鳴らしたり、「いつも行くあの薬局に行ったら買わないといけないものがあるけど、いつ行くかは分からない」というような時、その店を地点登録すれば、忘れずに買い物する事ができます。

 

逆に出発時にしておけば「毎日会社を出たらアラーム」というように設定できます。

 

これらの機能を知り合いに話すと、意外と知られていませんでした。iPhoneには分厚い取扱説明書とかついてきませんからね。
というわけで便利なのでぜひ試して見てください。

スポンサーリンク