キャリまが

30代で英語の業務未経験からグローバル経理職に転職した筆者が、キャリア・勉強・子育て・その他の雑記などについて語っています。

Amazonヘビーユーザーの僕がついにたどり着いたダンボール問題の解決法!

どうも、自他共に認めるAmazonヘビーユーザーのヘルペスもちです。

我が家では子どもが小さくて買い物に行きづらい事もあり、なんでもAmazonで購入します。
ついに先日Amazonマスターゴールドカードも作ってしまいました。
ポイントがたまるたまる。

今更ながらAmazonマスターカードがお得な事に気が付いたので申し込んだ! - キャリまが

 

Amazonは本当に便利でお得なのですが、1つだけ不満があります。
それは家にダンボールが溜まる事です。

 

溜まっていくAmazonのダンボール

これまで、なるべく週1の発注にするなど対策を考えた事もありますが、単純にめんどくさいんですよね。欲しいと思った時にすぐ発注したいのです。

おかげで家の中に常にダンボールが積み上がっているという状態でした。

毎月定額で個別にダンボール回収してくれる業者は無いのか探したり、無いならもういっそ自分で始めたらビジネスになるんじゃないか、など考えたりしましたが、ついに解決策にたどりつました。

それがこちら。

山崎実業 そのまま結束できるダンボールストッカータワー

 

 



ダンボールストッカーですね。
ダンボールの厄介なところって、重くてかさばるという点だと思います。
床に置いとくだけで広がったり、箱型に戻ったりしてとにかくかさばるんですよね。

このストッカーは切り開いたダンボールを差し込んで立てておけます。
差し込んだダンボールはしっかり固定されており、5箱くらいまでなら差し込めます。

f:id:herpes_carrier:20180512164419j:image 

 

なので、どんなにヘビーユーザーでも1週間ぶんくらいは余裕ですね。

キャスターが付いているので、重くなってきても移動もラクラクです。

 

立てたまま縛れる!

また、下の隙間に紐を通すことができ、立てかけた状態のまま縛ることが出来るのです!

f:id:herpes_carrier:20180512164443j:image

 

縛るとき、キャスターが大いに役立ちます。
床に寝かせたダンボールを縛るのって、紐を絞ったままひっくり返したりするのが結構大変なんですよね。それが面倒で週1の回収日を逃したり…。

その点このストッカーならキャスターでクルクルと回転させながら簡単に縛ることができます。

 

このストッカーがあることで、

Amazonが届く

ダンボールを開いてストッカーへ

週に一度の回収日に縛って廃棄

という流れが非常にラクになりました。

 

これまではダンボールが部屋の中で場所を取っていたり、縛るのが億劫で毎週捨てられずに溜まったりしていましたが、そんな悩みを一気に解決してくれました。

 

早まってダンボール回収業をローンチしなくて良かったです。

と、いうわけでAmazonの段ボールにお悩みのことをぜひいちどお試しください!

 

 

 

スポンサーリンク