キャリまが

ノースキル文系私大卒だった僕が30代で海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できたノウハウを発信!英語・会計資格の勉強法や、その他の雑記を綴るブログです。

ついに完全独立型ワイヤレスイヤホンを買った

タイトルの通りです。ついに買いました。

f:id:herpes_carrier:20180109070017j:image

 

ワイヤレスイヤホン

ちなみにこれまでもワイヤレスイヤホンは使っていましたが、左右がケーブルで繋がっているタイプでした。

 

 


 

このタイプ、スマホとつながっているタイプに比べればかなり快適でしたが、カナル式?というんでしょうか。

耳栓のように密閉するタイプを初めて使ったのでケーブルが服や体にこすれて発生するノイズ(ゴソゴソ音)がかなり気になりました。

 

また、一年経たないうちにバッテリーが通勤片道もたないようになり、断線して右だけ聞こえなくなりました。

 

線があるから断線するのだ!ということで、ついに完全独立型のイヤホンを買いました。

 

完全独立型イヤホン

完全独立型といえばアップルのAirPodsがポピュラーですが、イヤホンに1万円以上出す気にはなれないので、Amazonで探してこちらを購入。

約5千円くらいでした。

 

 

 

 

f:id:herpes_carrier:20180109065040j:image

f:id:herpes_carrier:20180109065046j:image

 

本体は表面がタッチセンサーになっており、ボタンが無くとてもシンプル。

※本体表面のマークは購入時に付いているシールです。簡単に剥がせます。

 

表面をタッチ(長押し)で電源オンです。

ちなみに独立型なので左右別々にオンにする必要があります。

(片方だけで使うことも可能)


最初にペアリングしてしまえば、電源オンとほぼ同時にスマホなどのデバイスと繋がります。

 

他にも、

  • (左右どちらでも)ワンタッチで再生・一時停止
  • 2秒タッチで曲送り
  • さらに長押しで電源オフ

と、シンプルな操作体系です。

 

電話の受信もできます。

f:id:herpes_carrier:20180109065528j:image

 

また、ケースが充電バッテリーとなっており、ケースに戻すと本体が充電可能です。ケースからの充電はオフにもできます。

 

感想

いやー、かなり快適ですね。

ケーブルが全く無いだけでこうも違うものかと。

前に使ってたタイプで気になっていた服と擦れるノイズが全く無いのが良いです。

あれ、自分はすごく気になっていたのですが、カナル式使ってる人ってあれがデフォなんですかね?

気になる人は即座に完全独立型にすべきだと思いました。

 

音質

音質は、はっきり言って「普通」ですね。

特別いいとも悪いとも言えません。

 

低音は割とドスが効いてますが、高音もボヤけた感じがします。これがイヤな人には結構イヤかも知れません。

 

僕はほぼ英語のリスニングがメインなのと、通勤電車で聴くのにそもそも音質は求めないので全く気になりませんが。

 

完全独立型イヤホンは無くしやすい?

完全独立型だと「無くすかも」と思ってましたが、イヤーフックがいい感じに耳殻にフィットしてくれるので、着けている分には落として無くすことは無さそうです。
ただ、暗がりで着け外しするときは手元が狂って落っことす危険はありそうなので注意が必要です。

 

遅延

一点だけ。

自分の使い方ではほとんど気になりませんが、動画を見ながらだと結構の遅延があることに気づきます。

 

人が喋ってる口の動きと比べたらほとんど気にならないと思いますが、キータッチ音をONにしてみると、結構な遅延があることがわかります。

イメージだとだいたい0.3秒くらい遅れて感じます。

音ゲーとかやる人には致命的なレベルかも知れません。

 

体感ですので人それぞれだと思いますが、全く気にならないレベルとは言えません。

 

当たり前ですが普通に音楽を聴いてる分には全く関係無い話です。

 

総評

これまで普通のイヤホンから、左右が繋がってる非独立型ワイヤレスイヤホン、今回の完全独立型イヤホンと買い換えてきました。

 

普通のイヤホンから非独立型に移行した時も革命的に便利に感じましたが、それと同じくらい今回、非独立型から完全独立型に変えたことによるメリットの大きさを感じます。

同じワイヤレスでも快適さがこうも違うものかと。

 

もう普通のイヤホンの煩わしさには戻れません。

 

 

スポンサーリンク