キャリまが

ノースキル文系私大卒だった僕が30代で海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できたノウハウを発信!英語・会計資格の勉強法や、その他の雑記を綴るブログです。

はてなブログ内で記事データを引っ越しする方法

こんにちは、ヘルペスもちです。

先日、はてなブログ内でメインのこのブログから、もう1つ立ち上げたサブのブログに記事を移管したのですが、思ったより拍子抜けするほど方簡単にできたので、その方法を紹介したいと思います。

というのも、最近順調にブログを更新していたのですが、ちょっと記事のカテゴリが雑多になってきたなーと思っていたのです。

もともとのこのブログのカラーと合わない記事も増えてきたので、そういう記事は別ブログを立ち上げて移管しようと思った次第です。

やってみたらかなり簡単でした。やはりはてなブログは使いやすいですね。

それでは早速。

はてなブログ内で記事データを移管する方法

その1、元のブログの記事データをエクスポート

まずは元のブログから記事データをエクスポートします。
ダッシュボードで「設定」から「詳細設定」をクリックします。

f:id:herpes_carrier:20171030204510p:image

 

次に下の方にある、「記事のバックアップと製本サービス」をクリックします。

f:id:herpes_carrier:20171030204631p:image

 

「”ブログ名”をエクスポート」をクリックし、”エクスポートが完了しました”と表示されたら、「ダウンロードする」をクリックします。

f:id:herpes_carrier:20171030204556p:image

 

こうして、指定されたフォルダに「www.(ブログのドメイン).txt」というテキストファイルが生成されました。

この機能はバックアップ機能なので、もしもの時のためにも、たまにこうしてバックアップをとっておくといいかもしれません。

その2、別ブログにインポート

続いて、新しく立ち上げたブログの管理画面に移り、インポートをクリックします。

そこで先ほどエクスポートしたバックアップファイルを選択して実行します(恥ずかしいので新ブログ名は伏せています)。

 f:id:herpes_carrier:20171030210551p:image

続いてインポートするブログデータの形式を選択します。

「Movable Type形式」と「WordPress形式」から選択できます。Movable Type形式ってなんのことか解らなかったのですが、WordPressでないことは確かなので、こっちを選択しました。

次に「ファイルを選択」をクリックし、先ほど出力したテキストデータを選択し、「文字コード選択へ進む」をクリックします。

f:id:herpes_carrier:20171030204643p:image

次に、「utf-8」「euc-jp」「shift-jis」の中から、サンプルが文字化けせずに正しく表示されているコードを選択し、最後に「インポートする」をクリックします。

f:id:herpes_carrier:20171030204717p:image

インポートが開始されました。

f:id:herpes_carrier:20171030204727j:image

記事数にもよりますが、自分の場合約130記事で、5分ほどかかってインポートが完了しました。

これで、新しいブログに元々のブログの記事が丸ごと移管できました。

画像などもそのまま移管されています。

注意点

現時点では全記事を丸ごとでしか移管出来ず、選んで移管することはできません。
いらない記事はあとから削除しましょう。

また、移管した記事はすべて公開状態となります(公開日データも引き継がれてしまう)ので、下書きに戻したい場合は、これも1つ1つやる必要があります。

以上、はてなブログ内で記事データを移管する方法でした。

 

それでは。

スポンサーリンク