キャリまが

ノースキル文系私大卒だった僕が30代で海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できたノウハウを発信!英語・会計資格の勉強法や、その他の雑記を綴るブログです。

「BATIC(国際会計検定)は転職には意味が無い」は本当か?実際の経験から書いてみた

f:id:herpes_carrier:20150801105432j:plain

BATICとは、Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationの略で、東京商工会議所が主催している検定試験です。

 BATIC(国際会計検定)® | 出題範囲・認定基準

試験の内容は、英語での会計処理(英文簿記)や、IFRSをメインとした国際的な会計基準の理解度を測るものとなっています。

また試験は、合格or不合格ではなく、TOEICのようなスコア制(1000点満点)となっています。取得スコアによって4段階の称号が与えられます。

つまりBATICはざっくり言うと、英語での会計知識を問う試験ということになります。実際に国内の企業では、経理部で毎年受験を励行しているという企業もあるようです。高得点を取れるようになれば、海外の企業の財務諸表も問題なく理解することが出来るようになります。

[目次]

BATIC(国際会計検定)とは?

BATICの難易度は?

BATICの難易度ですが、実際に最高位のControllerレベルを取得した経験から判断すると、簿記1.5級+TOEIC750点といったところです。

会計的な知識は簿記二級には含まれない範囲もあり、また問題は全て英語かつ分量も多いためTOEIC750点以上くらいの英語力は必要になります。


つまりBATICでControllerレベルを取得したという事は、一定の会計知識に加えさらにそれを英語で理解する能力を有しているという証明になります。

 

世間一般におけるBATICの評価とは

僕がBATICでControllerレベルを取得したのは簿記2級に合格した直後、社会人になって5年目のその頃は営業に所属しており、経理は未経験。これから社内で希望を出して経理に異動しようと目論んでいた頃でした。

実務経験の無い自分が異動希望をアピールするために、簿記二級だけでは物足りないと思ったのです。

 

実際、経理部長は僕がBATICでControllerレベルを取得していることに驚き、高く評価してくれました。おかげで自分は経理へ異動することができ、自分の人生において今につながる会計のキャリアがスタートしました。

 

その後2年間、子会社と本社の主計を経験した後、元々の野望だったグローバル企業の経理部門に転職することになります。

 

 

転職活動でのBATICの評価

よく「BATICは知名度が低いので転職には意味が無い」と言われますがそれは本当でしょうか。自分の経験を書きたいと思います。

 

前職で経理に異動して2年後、僕はかねての野望通り「グローバル企業での経理職」をターゲットに転職活動を開始しました。

この時、某大手自動車メーカーや某ゲームハードメーカーなどの選考を受けましたが、いずれも書類は通過し、面接では「おお、BATIC Controller取ったんだね」「うちでも取るように勧めてるよ」などと言われました。

この事から、面接官はBATICがどういう試験か知っていたと思われます。BATICは確かに簿記やUSCPAに比べれば知名度は低いですが、最近では徐々に知名度も上がってきており、経理現場のマネージャークラスであればほぼ知っているはずです。逆に知らない方がどうなの?といった感じです。

 

自分の場合は職務経歴書に英語での業務は未経験である事は正直に書いてますから、それでもグローバル職に応募し、面接に呼ばれ面接も通過したという事は「こいつは未経験だけど英語で経理ができる一定の知識はある」という評価を受けたという事だと思います。

つまり「BATICは知名度が無いから意味が無い」とは、一概には言えないということです。

 

結局自分は、大手企業グループのグローバル経理職として転職することになりました。

しかし!その会社の面接官、のちに自分の上司になった人はBATICを知りませんでした笑。彼は典型的な親会社からの天下りで、経理のマネージャーでありながら全く経理の経験が無かったのです。

総勘定元帳って何だっけ?」と言われた事は今でも覚えています。

こういう特殊なケース以外であればBATICは経理担当者には十分評価されると思います。

 

BATICは未経験からグローバル経理職に転職するのには最適

このようにBATICが転職活動において一定の評価をされることを書いてきましたが、やはりUSCPAには劣ります。難易度も知名度も全然違いますし、やはりBATICとUSCPAではUSCPAの方が断然評価は高いでしょう。それは間違いありません。

 

しかしそれでも自分はあえてBATICをオススメしたいのです。

BATICは確かにUSCPAに比べ評価は落ちますが、メリットもあります。

それは圧倒的にコストが安い事です。

 

USCPAは範囲も広く、また受験資格も厳格です。まず試験を受けるには渡米する必要がありますし、そもそも出願するためにはアメリカの大学の単位が必要になります。

アメリカの大学の単位が無い日本人は、アメリカの大学と提携している予備校などの授業を受講して単位認定してもらうのが一般的なやり方のようです。

 

このようにUSCPAは受けるだけでかなりの費用と時間がかかります。一方BATICは受験資格はありませんし(Subject2を受けるにはSubject1のスコアが320点以上必要)、受験料もSubject1が5,400円・Subject2が7,990円(まとめて受けると10,150円)と、USCPAとは比較にならない程リーズナブルです。

 

自分のように、経理経験はあるが英語での実務経験は無い、という人がグローバル職に応募するには、英語での会計知識をアピールするには非常にコストパフォーマンスが良い資格だと思います。

 

実際BATICは実務にめちゃくちゃ役立った

しかもBATICの内容は国際会計の実務に確実に役立ちます!

これは間違いありません。

 

僕は転職後、これまでやったことのない海外子会社の連結決算報告の取りまとめや、海外支店の監査・納税対応などを経験しましたが、簿記二級だけの知識では到底対応できるものではなく、BATICで勉強した知識がダイレクトに役に立ちまくりました。もしBATICの知識がなかったらと思うと結構ぞっとします。

 

何かの業務を英語でやるには当然ですがその分野に特有の英語表現を知っている必要があります。

その意味でBATICでSubject2までやっていれば、会計実務の英語は一通り網羅でき、英文の監査済み報告書なども問題無く読めるようになります。

 

 

 

自分と同じように未経験からグローバル経理職への転職を狙っている人には、BATICは絶対オススメします。

>>BATIC難易度・試験対策はこちら!!<<

>>僕が30歳を過ぎて海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できた理由はこちら!!<<

 

スポンサーリンク