キャリまが

ノースキル文系私大卒だった僕が30代で海外経験ゼロから英語を使う仕事に転職できたノウハウを発信!英語・会計資格の勉強法や、その他の雑記を綴るブログです。

タリーズで「コーヒー抜き」を注文してみたら出来た話

f:id:herpes_carrier:20171113151604j:plain

 僕はコーヒーが飲めない

 先日、昼休みに無性に「冷たくて甘い物」が飲みたくなり、会社の近くのタリーズに行きました。

 

しかし実は自分はコーヒーが飲めません。味が嫌いとかではなく、飲むとお腹にガスが溜まってしまうのです。

 

スタバは世界中で人気

 余談ですが、先月出張で海外に行きました。アメリカとシンガポールとインドネシアです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、スタバはどこにでもあります。そして人気。

仕事の合間に休憩となると連れ立って毎回スタバに行っていました。

コーヒーの飲めない自分はその度に抹茶オレを注文していました。

 

「日本人だからやっぱグリーンティー飲むんだね」と思われていたかもしれません。別にいいけど。

 

タリーズで「コーヒー抜き」を注文してみた

 話は戻って、この日はどうしても「冷たくて甘い物」が飲みたかったのです。

そこでタリーズの店員さんに「コーヒーが入ってない飲み物ってありますか?」と尋ねました。

 タリーズまで来て「コーヒーが入ってない飲み物ありますか?」なんて聞いている時点でなんかもう自分で可笑しくなってしまったのだけど、店員さんはフルーツ系のジュースなどをお勧めしてくれました。

 

違う。

 

確かに自分は「冷たくて甘い物」を欲しているけど、そういうのじゃないんですよ。

もっとこう、クリームとかチョコとかキャラメルとか、そういう甘さを求めていたのです。

 

 ちなみにタリーズには「キャラメルチョコスワークル」というドリンクメニューがあります。

スワークルはいわゆるスタバで言う所の「フラペチーノ」に当たるもので、氷を砕いたアイスシェイク状のドリンクの上にクリームがトッピングされています。

 

これが飲みたい。

 

そう思った私はまた店員さんに尋ねました。

私「このキャラメルチョコスワークルというのもコーヒーは入ってるんですか?」

店員「入ってますね」

私「(・・・だよね。でも飲みたい。ここはもう午後はお腹のガスと共存するか。)えーと・・・」

 

止むを得ずお腹にガスを溜めながら午後の仕事をすると決断した次の瞬間、店員さんの発した言葉に耳を疑いました。

 

店員「でもコーヒー抜きもできますよ」

私「えっ?」

 

なんと、タリーズで、その看板商品とも言えるコーヒー系ドリンクのコーヒーを抜いてもらえるなんて!

全く想定外の事態でしたが、即お願いしました。

そしてカウンター内に響き渡る「キャラメルチョコスワークル、コーヒー抜きで」の声

店員さんは皆平然と対応していたので、以外と珍しくないのかも知れません。

 

タリーズで「コーヒー抜き」は注文できる

しかし良いことを知りました。これからも「冷たくて甘い物」が飲みたくなったら堂々とコーヒー抜きでお願いしようと思います。

 

今度スタバでも出来るか試してみよう。

スポンサーリンク