キャリまが!

上げろうだつ!30代の元ノースキル文系私大卒サラリーマンが英語、会計、キャリア、子育てについて綴るブログ

ノート難民だった私がA5方眼リングノートをオススメする8つの理由

 

「ノート難民」とは

「ノート難民」と言われて、「自分のことだ」と思った人もいるのではないでしょうか。

かく言う僕も、記憶力の悪さをカバーするためノートの取り方について昔からいろいろ試行錯誤しており、今まで何種類もノートを取っ替え引っ換えしてきました。
これがいわゆる「ノート難民」というやつです。

 

  

そして最近ついに、あるノートに出会いました。

 

それがこちら。

オキナ Project Paper(プロジェクトペーパー)

 

 

Project Paperの方眼A5リングノートです。

このノートを使ってみて「A5方眼ノートが最高である」と言う結論にたどり着いたので、今日はその理由について書きたいと思います。

 

理由その1:かさばらない

ノートは大きな面に大きな文字で書いた方が良いと言われることがあり、A4やB5が主流だと思います。自分もこれまでそうでした。

ですがA4やB5に比べ、A5サイズはコンパクトで、社内で持ち歩くにも、カバンに入れておくにしてもかさばらず、取り回しが非常に楽なのです。

 

また、PCデスクの上で使うとき、場所を取りません。

f:id:herpes_carrier:20160413222259j:image

このようにキーボードの前に収まります。写真は横位置で使った場合ですが、大抵の場合は縦位置で使ってもキーボードの前に収まります。

 

またリングノートで片面だけを使うことにより、机の上がすっきりし、マウスを使う際などのストレスが無くなります。

 

理由その2:小さく書いた方が早い

当然ながら、大きいノートよりも小さいノートに書く方が、同じ情報量を書くときには小さく書く必要があります。

よく「大きく書いた方が記憶に残る」と言われることがありますが、自分は経験上このやり方は自分には合っていないと感じました。

一番大きな理由は、文字を書くとき、小さく書くよりも大きく書いた方が当然時間がかかるからです。

小さく書いた方が早くたくさんの情報を書けます。メモをとったりアイディアを書き出すとき、やっぱり短時間で多くのことを書けた方が効率的です。

 

理由その3:1ページ1トピックに丁度いいサイズ

使ってみてわかったのですが、A5サイズは非常に丁度良いサイズなのです。

例えば打ち合わせのメモを取るとき、A4やB5だと新しいページに新しいトピックを書き始めると、結構余ったりしませんか?結局それだけのサイズの1ページを使い切るトピックってあまり無いんですよね。

そんな時、余白から全く別のトピックを書き始めるのって、なんだか気持ち悪い気がしていたのは私だけでしょうか。

その点、A5サイズは丁度良いです。もし1ページに収まり切らなければ次のページに行きますが、要は丁度いい単位に区切られているので、必然的に「1つのページに1つのトピック」という使い方になるのです。

 

理由その4:思い切って捨てられるサイズ

たとえば打ち合わせなどで「さあメモとるぞ」と思って新しいページを開き、タイトルと日付と、あと少し議論の内容を書き込んだら、予想外に中身が無いまま終わってしまったなんてこと、ありませんか?

そんな時もA5サイズなら思い切りよく次のページに行けます。

 

理由その5:めくりやすい

自分の経験上、ノートって意外と見返さないんですよね。でもそれってめくりにくいから見返さないんだという事に気がつきました。
A4、B5サイズは1ページに書かれている情報が少なく余白ばかりだったとしても、その大きさゆえに1枚1枚めくるのには結構手間取ります。
その点A5サイズは無造作に何枚もめくるに楽です。

使ってみてわかったのですが、サイズが小さい分当然書く枚数は多くなりますが、近日中の内容を何度もめくり返す習慣を付けることで記憶が定着しやすくなります。

 

理由その6:検索性が高い

また先ほど、1ページ1トピックで使うと書きましたが、そう使っていると検索性が非常に高くなります。

ページを一目見た瞬間そのページに書かれているトピックが何か解るからです。

決まった位置にそのページに書かれている内容を「タグ付け」のように書き込んでおくとより検索性が高まるかもしれません。

 

理由その7:ミシン目で切り取れる

これも大きなメリットです。

ミシン目で綺麗に切り取れるので、人に渡したり、またスキャナーでまとめてデータ化する時などに便利です。また、書き損じたページを捨てるのも楽です。

紙が丈夫なので、使っているうちにミシン目で破れてきてしまったり、なんてこともありません。

 

理由その8:方眼のメリット

もう何年も罫線のノートを使ってきましたが、小学校ぶりくらいに方眼ノートを使ってみてその便利さに驚いています。

方眼は罫線に比べ圧倒的に自由です。縦にも横にも使えますし、図表を書く時にも便利です。

自分はよく読んだ本の内容について整理する時、自分なり表を作って理解し覚える習慣がありますが、そんな時にも方眼は役立ちます。

 

 

 

 

と、ここまで書いてきたのですが、実は最近オキナのProject Paperよりも素晴らしいノートに出会いました。
それがこちらです!

 

コクヨ ソフトリング

 

 


このノート、一見すると普通のA5リングノートで、紙の質感、薄い方眼である点や、ミシン目で切り取れる点はProject Paperとほぼ違いはありません。

f:id:herpes_carrier:20170920081631j:image 

 

しかし!

このコクヨのソフトリングにはこれまでのリングノートの常識を覆す決定的な特徴があります。

リングノートのメリットといえばやはり半分に折りたたんで使える省スペース性だと思うのですが、その性能はこれまで「ペンを持つ手にリングが当たって邪魔」という欠点を持っていました。

これに対しコクヨソフトリングは、商品名の通りリングが柔らかいプラスチックで出来ています。

 f:id:herpes_carrier:20170920081729j:image

f:id:herpes_carrier:20170920081732j:image

このためペンを持つ手にリングが当たっても全く痛くありません。

これによりリングノート特有の「ペンを持つ手にリングが当たって邪魔」問題を劇的に改善しているのです。

 

リングを柔らかい素材にする、という原始的な改善ではありますが、その効果はホンモノです!
これだけで本当にストレスが無くなります。

これからしばらくはこのコクヨソフトリング を使っていくことになりそうです。

 

いかがでしたでしょうか。

かさばらないノートが欲しいという悩みを抱えている方には、A5方眼リングノートは特にオススメです。

ぜひ一度試してみてください。

 

 

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?